いつのまにかできたんだよ

ピアノが上手になるためには、
どうしても、
 根気よく何度も繰り返し練習をする
ということが必要になってきます。

最初のうちはそれほど難しくなく
数回練習すれば弾けていたとしても
教本が進んでどんどん難しくなっていくと
 なかなか弾けないな・・・
 こんなにたくさん弾いているのに弾けないな…

ということが出てくるのです。

こういう時期、少し苦しくなってしまうこともあると思います。
でもそれは、ひとつ山を乗り越えようとしているからこそ。
そこでがんばると、その先にはまた
少し平和で楽しい日々が待っているかもしれませんね

   

今年の5月から入会されたMちゃん
お姉ちゃんといっしょに元気に通ってくれています。
まだ大きな壁…というほどの壁にぶつかってはいませんが
ちょっと間違えやすいな・・・というところはあったりします。

そんなときは、
 ここが難しくてこうなっちゃう
そんな風に私に報告してくれます。
これはとても大切なことですね。
自分がどういう風に間違ってしまうかわかっている、
そのことが上手になるための第一歩ですから♪

先日、ハロウィーンの曲をレッスンをしようとしたとき、
20171015ななこ
 先生、あのね
 ここ、歌うのが難しかったんだけどね
 たくさんやってたら、いつのまにかできたんだよ


こんな風に報告してくれました!!

たくさんやったらできるようになった

このことに自ら気付いたというのは素晴らしいですね

 そうだね。
 たくさんひくと、上手になるね。
 今度からむずかしいなぁって思ったら
 そこだけたっくさん弾いてごらん?


 うんっ!!

「たくさん弾いたらできるようになる」
大人からしたら当然のことですけど、
子供に元々その意識があるわけではありません。
それを実感として得たとき、子供はひとまわり大きくなると思っています。

Mちゃん、これからもどんどん上手になるのを楽しみにしているね


教室のホームページはこちらです → ピアノ教室クレッシェーレHP

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

卒業後のピアノとの関わり


秋の爽やかな空に癒される日々ですね。
最近木々や空の写真を撮るのがお気に入りです。
20171009自然


先日、教室の卒業生がワンレッスンを受けに来てくれました。
自分の好きな曲を自分のペースで練習して
ときどき、
聴いて~
という感じで、顔を見せにきてくれるのです


この日は、音楽クラブで弾く曲や
いろいろ弾いているポピュラーの曲を持って
ニコニコと来てくれました。

お母様からは
 最近は勉強中や、
やらなくてはならない事がある時に
 「ちょっとピアノ弾いてくる」
 「10分だけピアノ弾いてから…」
 などと言って、そのまま戻ってきません
 好きな曲をあれこれ弾くのが楽しくてしょうがないみたいですよ。
 嬉しい限りです。

とメールをいただきました。

辞めてからも好きな曲を弾いて
それが、気分転換になっているだなんて
本当に嬉しいことです

学校の伴奏の曲や
練習しているポピュラーの曲を
聴かせてもらいました。
レッスン継続中は弾いたことがなかった
フラットた~くさんついている曲も難なくこなしていてビックリ!
やはり、好き、のエネルギーはすごいですね!

どこか弾きにくいと感じているところはある?
ここがちょっとうまくいかなくて


いくつか弾きやすい指番号などのアドバイスなどをしたり
学校のお話を聞かせてもらったり・・・
とても楽しい時間を過ごすことができました


Mちゃん、またいつでも弾きに来てね
待ってますよ~

教室へのお問合せなどはホームページからどうぞ
ピアノ教室クレッシェーレHP


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

強制リピートマシン!!

子供たちが楽しみにしている22日のハロウィンパーティー
スイーツ作りやゲームもしますが、
ピアノ教室ですから、もちろん演奏もします

春の発表会のソロは基本的にクラシックを弾きますが
ハロウィンはポピュラーもOKとしていますので
ハロウィンの方が少しくだけた感じになります♪
演奏も視奏OKとしており
暗譜する子もいれば、楽譜を見て弾く子もいます。


もう本番が近づいていますので
みなほとんど弾けているのですが
誰にでも、『どうしても苦手なところ』というのがあります。

苦手なところはその部分を繰り返し練習しようねと
いつも指導していますけれど。。。。。


繰り返し練習、苦手なお子さんが多いです。
うまく弾けない所さえつっかえながらでも越えてしまえば
その先はまたうまく弾けますから
ついつい気持ちよく最後まで弾きたくなってしまうんですね。

何を隠そう・・・・・・・
実は私も繰り返し練習、あんまり好きではありません。
だって、さら~って通して弾く方が楽しいですもん(笑)
でもね、大人だし、指導者ですから
繰り返し練習をしないと上手にならないことは百も承知です。

そこで昔から私がやっている方法がこちら。

20171008強制リピート1

20171008強制リピート2

強制リピートマシーン

誰ですか?
うちの生徒たちと同じように
 「それ、ただの付せんじゃ~ん!」
って言ってる人は?

違いますよっ

強制リピートマシーンですよ


ついつい次を弾きたくなってしまうのですから
その先の楽譜を隠してしまえばいいのです。
そうすれば、ここを繰り返し練習するんだった!と思い出しますね。

金曜日にレッスンだった I ちゃん、
 どう?Cのところ、弾けるようになった?
 うん、だいぶ良くなったと思う!これがあったから!
ふふふ。効果を実感してくれてます。


私は練習中の楽譜にいつもこれをくっつけてます。
20171008強制リピート3
いざという時にすぐ使えるように!


どうしてもここがうまくいかない・・・・

そういう時はぜひ試してみてくださいね♪
付せんたった2枚で効果バツグンですよ


体験レッスンのお申込み・お問合せは
教室のホームページからどうぞ → ピアノ教室クレッシェーレHP

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村





『負けず嫌い』を生かそう!


あ、虫の声だ・・・・と気づいて秋を感じた日から
それほど経っていないように思いますが
すっかり虫の声がするのが日常になりました。

公園の木々も早いものは色づき始めています。
20171008紅葉

教室も22日のハロウィンパーティーに向けて
練習やレッスンに熱が入ってきました。


レッスンにやってきた小2のRちゃん。
いつも一生懸命練習してきて、ノリノリで弾いてくれるお子さんです。
そして・・・・よく泣いちゃうお子さんでもあります。
その日は教本を終えた記念写真をニッコニコの笑顔で撮ってから
課題の曲を気持ちよく弾いていたのですが、ちょっと間違えてしまいました。

何回か弾いているうちに・・・・
 ポロリ・・・
涙が出てしまいました。

 くやしいね?どうして間違えちゃうのか考えてみよう?

いっしょに間違えてしまう原因を考えます。
間違えるのには必ず原因があるのです。
一生懸命考えていますが、その間にもポロポロポロポロ涙がこぼれました。
原因を見つけて何回か弾いてみたらちゃんと弾けましたよ
よく頑張りました


お迎えにいらしたお母様にレッスンの様子をお伝えしました。
そして、夜、教本終了の記念写真をお送りしましたところ
お母様からお返事をいただきました。
ご承諾をいただきましたので、一部伏せてご紹介いたしますね。


昨日は写メありがとうございました

久しぶり?にレッスン中泣いたかな(笑)?なんて思い、家に帰ってきて
『あれ?もしや…泣いた?』ときいたところ
『先生の家で弾く時には家で練習をしたテストでしょ?
 でも、そのテストで間違えたから悔しかったんだもん』と。

ほぉーほぉーなるほど!
(学校のテストの点がちょっと残念でも泣かないのに(笑)と心の中で呟いてしまいましたが)
Rさんわかっているじゃなーい。
でも、先生の家では間違えてもいいんだよ〜先生怒らないでしょ?
Rさんがうまくなるように沢山教えてくれるでしょう〜❔と伝えたところ
『そうだけど、やっぱり悔しいもん』
と負けず嫌いのRさんでした(笑)


負けず嫌いのRさんもステキですし
お母様の声のかけ方も素晴らしいですね
そうそう、先生の家ではいくら間違えてもいいんです。
上手になるために来てるんですからね


子供の負けず嫌いは、
気をつけてよくフォローしてあげると
ものすごい長所になります

ただ、気をつけておかないと
そのことが子供自身を苦しめてしまうことも…

『負けず嫌い魂』を発揮した時に
上手に受け止めて導いてあげられるようにしたいですね


レッスンでも
ひとりひとりの性格をしっかり生かせるようなアプローチを
これからもしていきますね


教室のホームページはこちら → ピアノ教室クレッシェーレHP


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


焦らない・・・待つ・・・とその先に?

前の記事で

第1のガマン期

までを書きました。

それまでお家が大事、お母さんが大事だった子供が
外に目を向け、お友達が大事、お友達に合わせることが大事になっていき、
やるべきことも、「めんどくさいからやりたくないな~」という気持ちも芽生えてきたころですね。
その時期に適切な声かけや関わり方をしてくると
その後のピアノ生活がぐんと明るいものになっていきます♪



5~6年生になると本人に少しずつ変化が現れ始めます。

大人から見たらほんの少しずつ…ですけれど
自分で考えて練習するようになったり
譜読みに対して積極的になったり
弾きたい曲が具体的にでてきたりします。
ピアノの技術や楽典のことを言えば、
これまで習ってきたけれど、いまひとつ理解しにくかったことのあれこれが
脳の発達とともにリンクし始めて
「そうか、あれはこういうことなんだな」
という真の理解が進むようになってきます。


今、教室に在籍の5~6年生がまさにこのような状態です。
伴奏に初チャレンジしたり、
コンクールに出てみたり、
急に積極的になっています。

そのように外に出るのが好きではない子たちも
練習への取り組み方がぐんと変わってきました。
お母様が声をかけなくても練習を始め、
練習時間もきちんと確保しているようです。
この部分がうまくいかない、
こういう風に思ったからここまで頑張ってみた、
などなど、自分の現状に対する分析もできており、
心の成長も著しいです。
みんなとても眩しく輝いています



そして中学生。部活も始まり、塾通いを始める子も増えてきます。

ここが第2のガマン期です。

びっくりするくらい練習時間が減ります。
減るというか、出来ない日がたくさん出てきます。
弾ける日だって10分も弾いたら良い方…
こんなに弾かないならもう辞めてしまえば・・・・
お父様お母様がそう思われるのも無理はありません。

ですが、ここで、辞めろと言わずガマンして見守ってあげてほしいのです。

小さい頃からここまでコツコツと築き上げてきたもの…
途中で辞めてしまう人がたくさんいることを考えれば
誰にでも得られる技術ではないことは明らかです。
お子さんが頑張ってきたからこそ、
お家の方が応援してきたこそ、
特別に得られた技術なのです。

小学生の頃に一生懸命時間を作ってがんばって
ある程度まで弾けるようになったのに
中学生で辞めてしまってあっという間に弾けなくなり
大人になってやりたくてもまた1からやり直し…という人がどれだけ多いか!!

月に数千円の月謝を払い続けることなんかより
ここで辞めてしまってピアノの技術を手放すほうが何倍も何倍ももったいないです。

どんなに細~くでもいいから
練習していなくてもいいから
月に2回でもいいから
通い続けて手放さないでほしいのです。


中学生で続けているともうひとついいことがあります。
それは、思春期の難しい時期に話を聴いてくれる大人がいること。
学校の先生でもない、両親でもない、
第3の大人、しかも小さい頃から見守り続けている大人が。

実際、嬉しいことがあれば生き生きと私に報告してくれますし
悩み事も吐き出していきます。
悩み事はとにかく聴いて、そしてちょっと質問をしてみるだけですが
 (コーチングの手法ですね)
頭の中が整理され、客観視できるようになり、
自分なりの方向性を見つけてくれているようです。
勉強に部活に先輩後輩の上下関係に…両親との衝突も。
そんな時に、その、どことも関係ない大人がいるというのは
難しいお年頃の子供たちにとってとてもいいことだと思っています。



ピアノのレッスンを続けさせるということは
親にとっては根気が必要で、我慢の連続だと思います。
でも、それをやりぬいた先に残るものは
一生の財産となるものです。
ピアノの技術にしても、心の栄養にしても。

ぜひ、長く長くピアノを弾き続けてほしいと思っています。



教室のホームページはこちら → 教室のホームページ

お申込み・お問合せはこちら → お申込み・お問合せ


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪