スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲルギエフ、圧巻


今日は所沢のミューズにコンサートを聴きに行ってきました。
ミューズ

ワルター・ゲルギエフ指揮
マリインスキー歌劇場管弦楽団
演目は
  グリーグ  : 組曲「ホルベアの時代から」
  ブラームス : 交響曲第2番
  ベルリオーズ: 幻想交響曲

ロシアもの、なし


中学、高校とコントラバスを弾いていた私が、
大学時代、1年だけオケに所属していた時に定演で演奏したのが『幻想交響曲』。
それ以来すっかりこの曲の虜

それを地元で、しかもゲルギエフで聴けるなんて、もう最高です!!


まず、ホルベア。
弦楽のみの小編成。それはそれは上品で緻密な弦。素晴らしかった!
前奏曲のさ~っと風が吹いてくるような感覚が好きなんだけど
その風がものすご~く、優しかった。
リゴドンはなかなかスリリングだったなぁ。


ブラームスはすごく抑制が効いている感じがした。
ちょっとゲルギエフっぽくない?
でも木管の響きがとても素晴らしかったなぁ。
派手な音じゃなく…なんと言ったらいいか…ものすごく簡単に言っちゃうと落ち着いている。
 スタインウェイじゃなくベーゼンドルファー。
 ヤマハじゃなくシゲルカワイ。
こんな感じ(^_^;)
表現力なくてすんませんm(__)m
今、あの響きが耳に残っているうちにブラームスの曲弾いたら何かが変わる気がする。



そして
休憩後の幻想がもう、圧巻。
そこまでちょっとおとなしめ?だったゲルギエフが本気出したというか。
日本ツアー最後だからイケーッ!って思ったなんてことはないと思うけど
弦も管も
もちろんゲルギエフも
ものすごい迫力で鬼気迫るものが。
けっこうハードなスケジュールだったようなのに
疲れもまったく感じさせない素晴らしい演奏でした。

もちろん拍手鳴りやまず。


アンコールはベルリオーズのラコッツィ行進曲。
これはもう、心の中で爆笑しながら楽しみました。
なんでここまで演奏してきて
これだけのエネルギーある演奏ができるかなぁ。

・・・・というか。

まだ有り余っていたものを
リミッターはずしたとたん
みんな好きなだけ吹いちゃった、弾いちゃった、みたいな。
特に金管、大迫力の演奏でした。


タフだなぁ・・・(笑)


最後の拍手も鳴り止まず。
オケがあらかたひいても一部鳴り止まず。
会場内かなりの人が出口に向かっているのに
また出てきてくれたゲルギエフ。
その後まさかのサイン会。

いいおじさまね♪


最後にウィーンフィルとの『幻想交響曲』CDを買って帰宅しました♪
これはしばらく経って
生演奏の余韻がすっかりなくなってしまってから聴くことにしようっと。




ランキングに参加しています♪
ポチッと押していただけると、とても嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

【トークショーのご案内】調律師さんからピアノのあれこれ、聞いてみませんか?

ピアニスト、ピアノ教室にとって絶対なくてはならない存在、

 調律師さん♪

ふだん調律師さんとお話をされますか?

調律に来てくださった時にいろいろ訊きたいなぁ…ということがあっても
次の訪問先の予定もあるでしょうからおひきとめするのは心苦しいですよね…

でも、毎日毎日、
生まれた場所も 年齢も 育った環境も違うピアノたちと
対話し続けている調律師さんのお話、もっと聞いてみたいと思いませんか?



そんな希望をかなえるステキなトークショーのご案内です♪

主催はピアニストのわたなべよし実さん♪
以下、わたなべよし実さんからのご案内です♪
 (日時等のご案内は下部へ)


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


ピアノ博物館館長、そして、世界で活躍するピアノ技術者

ピアノの生き字引 名取孝浩氏のトークショーです!


使用ピアノは1938年製スタインウェイM-170

ピアノを教えるからにはネタになりそうな
 ピアノに関する真面目な話から、
 歴史の話から、
 響きの話から…
盛りだくさんおもしろ話が聞けること間違いなし!
質問コーナーもあり ますので是非レッスンネタを仕入れに遊びにいらしてくださいね!


名取さんは、
ミュンヘン在住中は、グルダ や、オピッツなどの調律、
日本では山下洋輔 さんや、西村ゆきえさん、大橋トリオさんなど
たくさんの著名アーティストのピアノ調整 をされてます。
また、日本最大のコレクションであった日本ベーゼンのコレクション
(モーツァルトの時 代のピアノとか、スタインウェイのもとになったものとか、ショパンが弾いたかもしれな いプレイエルとか…ピアノ弾きにはたまらな い楽器ばかり!)
28台の歴史的財産であるピアノを手にいれ、博物館もされてます。


この機会に名取さんとお近づきいただき、たくさんのピアノ体験を手にいれてください♪

ちなみに、当日使われるピアノ椅子は
そもそもピアノは日本人の女の子が弾くようなサイズじゃできてないってことで、
そんな私たちも楽な姿勢でピアノが弾けるようにと開発された
特注品のピアノ椅子です!
こちらも見ものですね♪


詳細はこちら
http://dorapianist.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

日時など
ピアノパラダイス2012公式ホームページ
http://dorapianist.blog.fc2.com/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


私も以前、NHKの『熱中人』という番組に出演された時の映像を見せていただいたのですが
古いピアノを生き返らせるのが趣味だそうで
それはもう、嬉しそうに楽しそうにピアノに向かっておられる姿が印象的でした♪

日時 : 10月20日(土)14:30~
場所 :入間市文化創造アトリエAMIGO!(スタジオ棟)
    (武蔵野音大ご出身の方!すぐ近くです。母校訪問がてらいかがですか?)
チケット代金:
    高校生以上 前売2500円、当日2800円
    小中学生  前売・当日共  1500円


チケットの申し込みはこちら(P-paradise)
  メール p.paradise2012♡gmail.com(♡を@に変えてくださいね)
  FAX  042-978-6984




ランキングに参加しています♪励みになりますのでぽちっとよろしくお願いします♪
押していただくとたくさんのピアノの先生方のブログを読むことができます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

横山さんの背中に惚れた♪

ごぶさたしておりました。
ちっともブログを更新していない間にいろいろなことがありました。


その中でもまず、これを書かねば先へ進めまい!(笑)


8月25、26日に大阪の ザ・シンフォニーホールに
『横山幸雄 ショパン・ピアノソロ全166曲リサイタル』
を聴きに行ってきました。

横山さんと言えば、
 1990年のショパン国際コンクールで日本人最年少入賞。
 若き巨匠と言われる、日本を代表するピアニスト。
 2010年に東京でショパン166曲を1日で演奏し
 2011年にはやはり東京で遺作も含むショパン全212曲を18時間かけて演奏。
 ギネス記録になっています。
そして今年、2012年は場所を大阪に移して、2日間かけて再び166曲を演奏されました。


1日を11:00~14:30、16:00~19:30の2ステージに分け
東京よりもゆったりとしたスケジュールでの演奏会。
おおむね、ショパンが作曲した年代順に演奏されました。


演奏の素晴らしさは書くまでもありません。
特に『24の前奏曲』『スケルツォ3番』『舟歌』『幻想ポロネーズ』が素晴らしく、印象に残っています。

これだけの曲を弾いていればどんどん疲れがたまり集中力を保つのが難しくなると思いますが
横山さんはむしろ後半になるにつれどんどん集中力が高まっていくように見え、驚きでした。
やはり日本を代表するピアニストは違いますね。



それから、だいたい1時間ほどで休憩に入るのですが
休憩後は必ず衣装をチェンジして出ていらっしゃいました!!

これがまた、おしゃれさんで
いいもの着ていらっしゃいますね~!!

1日目第1回目のステージでは私は横山さんのやや後方から見る席だったのですが
ちょっとくだけてジャケットを着ないでシャツオンリーで演奏された時に

その背中に惚れちゃいました

横山さん、演奏するときの姿勢がとてもいいんです。
きりりとしていて、かつあたたかい感じのその背中!
大変、セクシーでございました

 こらっ。見るところも報告するところもそこじゃないでしょっ




演奏会は非常に長い時間に渡りましたが
横山さんの演奏がとても聴きやすかったのと、やはりオールショパンだからなのだと思いますが
あまり疲れずに聴くことが出来ました。


来年もまた、これやってくださるかしら…
2日に分ければまだまだ余裕ありそうな感じでしたから
また来年に期待したいと思います!
もしまたあるようなら、行ったことない方はぜひ!おススメです。




ランキングに参加しています♪励みになりますのでぽちっとよろしくお願いします♪
押していただくとたくさんのピアノの先生方のブログを読むことができます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。