指導者が弾くこと学ぶことの大切さ


私がピアノ指導を始めたのは
約20年ほど前だったかと思います。
大学では中高の音楽の先生になるための学部で学び
卒業後は細々と演奏活動も続けながらIT企業で働き…
おっと、これを書くと長くなりますので
私がピアノの先生になるまでの経緯を知りたい方は
過去のこちらの記事からどうぞ。     
真っすぐだけじゃつまらない(1)

指導者になってまず最初に思ったのは
「教え方がわからない」
たくさんの本を買い、楽譜を買って研究し…
試行錯誤の連続だったあのころ。

いつしか自分の教え方のスタイルも確立し
新しい本の研究は進めつつも
自信を持って指導ができるようになり…

でも、すぐに限界は来るのですね。
次々にやってくる生徒はみなそれぞれの個性があり
心と体の成長はそれぞれ違います。
指の動き方も性格も全然違います。

さらに、時代による変化もあります。
最近ブログに書いた、指先の器用さもそう。
繰り返し練習に耐える根性も減りつつあります。
お家で練習できる時間が大幅に減ってきています。

このような状況で、
いま目の前にいる生徒に指導するには
たくさんの引き出しと、想像力、創造力が必要でした。

そのために、私が続けていること。

 ・自分も弾き続けてレッスンに通うこと
 ・セミナーなどで他の先生の指導を勉強すること
 ・各種教本の研究を続けること
 ・音楽だけでなく子供の発達や心理などについても
  書籍などで広く学ぶこと

忙しい中でのこれらのことはなかなか進まないことも多いのですが
これをし続けないと、必ず指導に行き詰ることが出てくると思うのです。
指導者になったからこそ、自分の学びが大切。
たくさんの生徒さんに出会えば出会うほどその思いは強くなります。



最近、自分のレッスンに行き
セミナーで指導について学ぶことができました。
そのことについてもまた記事にしたいと思います。




今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


教室のホームページはこちらです

すっかりご無沙汰してしまいました

4月に発表会のブログを書いてから…
すっかりご無沙汰しておりました。

その間、
第3回教本シンポジウム
3回シンポジウム

生徒が参加させていただいた風(いぶき)コンサートのサポート

るんるんピアノコンサート
るんるんコンサート


ピティナ飯能ステップの準備・当日運営

コンクールステージスタッフのお仕事

(プライベートですが)娘の部活合宿のサポート

などなど、まあ賑やかなスケジュールで過ごしておりました。

他の方のブログ記事にリンクさせていただいて
報告した形にするという、このなんとも怠惰なブログ、
いったいどうなんでしょう?(笑)


教室の方は、
卒業された方あり、
新たにコンクールチャレンジした方あり、
受験目指して忙しい中頑張っている子あり……
生徒それぞれに、自分なりのピアノとの向き合い方を模索しながら
頑張ってくれています。

私自身は
もともとキャパぎりぎりだったところに
娘の部活での母親としての役割がちょっぴり増え、
完全にキャパオーバー…
ブログを書く時間がなかなか取れず…
お盆期間をはさんで怒涛の11日間を過ごし、
今日は久しぶりのオフで気が抜けているところです(笑)
まぁたまにはこんな日があってもいいですね。


でものんびりするのは今日だけ!
9月にはこちらが控えていますので準備にとりかかります。
シンポジウム ピアノ指導者のための保護者対応 
9月14日(木) 10時から カワイ横浜プラージュにて
シンポジウム打合せ




忙しい日々のなかで生徒さんたちとのレッスンが私の元気の源になっています。
疲れているな…と思っても
レッスンを始めるとだんだん元気になっていくという…(笑)
今は夏休みでちょっぴり焼けた元気なお顔を見るのが楽しいです。

生徒さんたちとの楽しいレッスン…
また少しずつ書いていけたらと思います。


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

教室のホームページはこちらです


練習だけでは育たない力


素晴らしい晴れのクリスマスイブ!
我が家から美しい富士山が見えています。
今日、明日はコンクールのステージサポートのお仕事に行ってきます。みなさん、力を発揮できますように!



さて、きのうは娘の剣道大会に車出し係で遠く、茨城の竜ケ崎まで行ってきました。

稽古、筋トレ…そして合宿など…
毎日ヘトヘトになって、先生に怒られながらも必死にくらいついて頑張っている部員の様子を見聞きしてきました。
さらに(私は剣道のことが全く分からないのですが)この1年でみなとても上達した…ということもいろんな方から聞いていました。

1回戦は勝ちましたが、2回戦で当たったのが強豪校で、残念ながらそこまでとなりました。
持てる力を最大限生発揮できたかというと…悔しい気持ちが残る試合だったようです。

終わった後に選手のお母さま方のお話を伺っていましたら…
 本来の力を発揮しきれていなかったこと 
 やはり緊張してしまっていること
 会場の雰囲気にのまれないように、場数をふまないといけないこと
 そのためにも遠征や練成会への参加などを増やさないといけないこと
こういうことがわかりました。




ピアノを教えていると、こういうお話を伺いながらついついピアノのレッスンのことに置き換えて考えてしまいます。
そして、これはピアノの練習と本番の関係とまったく同じだな…と思いました。

ピアノも、いくら練習で上手に弾けていても、
本番で緊張してしまってミスをしたり、
思うように表現しきれなかったりすることがよくあります。
これを克服するにはどうするか…
これはもう、場数を踏んで慣れていくしかありません。
人前で弾く機会をとにかくたくさん作って、
緊張する自分をコントロールできる力=本番力 を養うのです。

これは家でどんなにたくさん練習しても育たない力です。
人前で弾いて、たくさん失敗しながら得られる力だと思います。
ですから、ピアノを習っている方は
発表会はもちろん、ピティナのステップやコンクールなど
たくさんのステージを経験してほしいと思います。

私の教室では、近隣の先生方とのグループ、詩音の会で
1年に3回ほど本番前のリハーサル会をしています。
ここに参加されている生徒さんたち、
着実に本番力が育ってきています。

これからも、たくさんの生徒さんに
さまざまなステージにチャレンジしてほしいと願っています!


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪