強制リピートマシン!!

子供たちが楽しみにしている22日のハロウィンパーティー
スイーツ作りやゲームもしますが、
ピアノ教室ですから、もちろん演奏もします

春の発表会のソロは基本的にクラシックを弾きますが
ハロウィンはポピュラーもOKとしていますので
ハロウィンの方が少しくだけた感じになります♪
演奏も視奏OKとしており
暗譜する子もいれば、楽譜を見て弾く子もいます。


もう本番が近づいていますので
みなほとんど弾けているのですが
誰にでも、『どうしても苦手なところ』というのがあります。

苦手なところはその部分を繰り返し練習しようねと
いつも指導していますけれど。。。。。


繰り返し練習、苦手なお子さんが多いです。
うまく弾けない所さえつっかえながらでも越えてしまえば
その先はまたうまく弾けますから
ついつい気持ちよく最後まで弾きたくなってしまうんですね。

何を隠そう・・・・・・・
実は私も繰り返し練習、あんまり好きではありません。
だって、さら~って通して弾く方が楽しいですもん(笑)
でもね、大人だし、指導者ですから
繰り返し練習をしないと上手にならないことは百も承知です。

そこで昔から私がやっている方法がこちら。

20171008強制リピート1

20171008強制リピート2

強制リピートマシーン

誰ですか?
うちの生徒たちと同じように
 「それ、ただの付せんじゃ~ん!」
って言ってる人は?

違いますよっ

強制リピートマシーンですよ


ついつい次を弾きたくなってしまうのですから
その先の楽譜を隠してしまえばいいのです。
そうすれば、ここを繰り返し練習するんだった!と思い出しますね。

金曜日にレッスンだった I ちゃん、
 どう?Cのところ、弾けるようになった?
 うん、だいぶ良くなったと思う!これがあったから!
ふふふ。効果を実感してくれてます。


私は練習中の楽譜にいつもこれをくっつけてます。
20171008強制リピート3
いざという時にすぐ使えるように!


どうしてもここがうまくいかない・・・・

そういう時はぜひ試してみてくださいね♪
付せんたった2枚で効果バツグンですよ


体験レッスンのお申込み・お問合せは
教室のホームページからどうぞ → ピアノ教室クレッシェーレHP

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村





焦らない・・・待つ・・・とその先に?

前の記事で

第1のガマン期

までを書きました。

それまでお家が大事、お母さんが大事だった子供が
外に目を向け、お友達が大事、お友達に合わせることが大事になっていき、
やるべきことも、「めんどくさいからやりたくないな~」という気持ちも芽生えてきたころですね。
その時期に適切な声かけや関わり方をしてくると
その後のピアノ生活がぐんと明るいものになっていきます♪



5~6年生になると本人に少しずつ変化が現れ始めます。

大人から見たらほんの少しずつ…ですけれど
自分で考えて練習するようになったり
譜読みに対して積極的になったり
弾きたい曲が具体的にでてきたりします。
ピアノの技術や楽典のことを言えば、
これまで習ってきたけれど、いまひとつ理解しにくかったことのあれこれが
脳の発達とともにリンクし始めて
「そうか、あれはこういうことなんだな」
という真の理解が進むようになってきます。


今、教室に在籍の5~6年生がまさにこのような状態です。
伴奏に初チャレンジしたり、
コンクールに出てみたり、
急に積極的になっています。

そのように外に出るのが好きではない子たちも
練習への取り組み方がぐんと変わってきました。
お母様が声をかけなくても練習を始め、
練習時間もきちんと確保しているようです。
この部分がうまくいかない、
こういう風に思ったからここまで頑張ってみた、
などなど、自分の現状に対する分析もできており、
心の成長も著しいです。
みんなとても眩しく輝いています



そして中学生。部活も始まり、塾通いを始める子も増えてきます。

ここが第2のガマン期です。

びっくりするくらい練習時間が減ります。
減るというか、出来ない日がたくさん出てきます。
弾ける日だって10分も弾いたら良い方…
こんなに弾かないならもう辞めてしまえば・・・・
お父様お母様がそう思われるのも無理はありません。

ですが、ここで、辞めろと言わずガマンして見守ってあげてほしいのです。

小さい頃からここまでコツコツと築き上げてきたもの…
途中で辞めてしまう人がたくさんいることを考えれば
誰にでも得られる技術ではないことは明らかです。
お子さんが頑張ってきたからこそ、
お家の方が応援してきたこそ、
特別に得られた技術なのです。

小学生の頃に一生懸命時間を作ってがんばって
ある程度まで弾けるようになったのに
中学生で辞めてしまってあっという間に弾けなくなり
大人になってやりたくてもまた1からやり直し…という人がどれだけ多いか!!

月に数千円の月謝を払い続けることなんかより
ここで辞めてしまってピアノの技術を手放すほうが何倍も何倍ももったいないです。

どんなに細~くでもいいから
練習していなくてもいいから
月に2回でもいいから
通い続けて手放さないでほしいのです。


中学生で続けているともうひとついいことがあります。
それは、思春期の難しい時期に話を聴いてくれる大人がいること。
学校の先生でもない、両親でもない、
第3の大人、しかも小さい頃から見守り続けている大人が。

実際、嬉しいことがあれば生き生きと私に報告してくれますし
悩み事も吐き出していきます。
悩み事はとにかく聴いて、そしてちょっと質問をしてみるだけですが
 (コーチングの手法ですね)
頭の中が整理され、客観視できるようになり、
自分なりの方向性を見つけてくれているようです。
勉強に部活に先輩後輩の上下関係に…両親との衝突も。
そんな時に、その、どことも関係ない大人がいるというのは
難しいお年頃の子供たちにとってとてもいいことだと思っています。



ピアノのレッスンを続けさせるということは
親にとっては根気が必要で、我慢の連続だと思います。
でも、それをやりぬいた先に残るものは
一生の財産となるものです。
ピアノの技術にしても、心の栄養にしても。

ぜひ、長く長くピアノを弾き続けてほしいと思っています。



教室のホームページはこちら → 教室のホームページ

お申込み・お問合せはこちら → お申込み・お問合せ


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

焦らない・・・・・待つの。

・・・え~っと、ブルゾンちえみさん、けっこう好きです

そう、焦っちゃダメなんです。ガマンして、待つんです。

何を・・・・?って、子供の成長を です。


子供の成長には個人差が多いことは誰もが分かっていることです。
でもいざ自分の子供のこととなると
他の子と比べてしまって焦ったり
なかなか出来るようにならないことが不安になったり
冷静にはとらえられなくなりますね。

さらに、成長というのは
大人から見て好ましい方向に一直線に進んでいくわけではなくて
反抗期だったり、さぼることを覚えたり…
親の心をぐわんぐわんとかき混ぜてくれるようなことがたくさんあります。



幼児のころ、「お母さん、お母さん」といつもくっついていて
ピアノの練習も言われたことを素直にやってくれて・・・

1~2年生はだいぶ一人でできることが増えるけれど
それでもやっぱりお母さん大好きで
なんだかんだ一緒にピアノに向かう時間もいい時間で…

ところが3~4年生になってくると活動範囲が広くなって
お母さんよりもお友達との遊びが楽しくなってきて
一時的にピアノへの関心が薄れてしまったり、
メンドクサイという感情が生まれてきて
練習をすることを渋るようになったりもします。
「ちゃんと練習しないんです」というお母さまのお悩みが増えてくるのがこの時期。
ご相談を受けると、「ああ、成長してきたな・・・」と思います。

ここでまず第1のガマン期です。

焦らずにしっかりと子供の生活を組み立てなおしていきます。
遊びの時間を少し増やしてピアノの時間が少し減るかもしれませんね。
もしかしたら寝る時間を30分後ろにずらすこともあるかもしれません。

親の言うことをきかせてその通りにさせる という時期から
どうしたらいいのか一緒に考えてその実行をサポートする という時期になります。

これは、ただ親の言うことをきかせることよりもずっとずっと手間がかかりますから、本当に大変な時期だと思います。
でもここでこれができると、子供は自分の考えが尊重されることの喜びを知り、その後の練習や取り組みに変化が現れてきます。

やる気がなさそうに見えるかもしれません。
一時的に教本の進みが遅くなるかもしれません。

でもここでぐっとガマンして焦らず応援していただけたらなと思います。
ここを乗り越えた先に何があるのか・・・・・??



長くなりましたので、続きは次の記事に書きますね。




教室のホームページはこちらです → ピアノ教室クレッシェーレHP

教室へのお問合せはこちらです → お申込み・お問合せはこちら

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪