FC2ブログ

指導者の必須能力


指導者に求められる力というのは
いろいろあると思います。
それについては8月1日の記事に少し書きました → こちら

それらに加えて
もしかしたらこれがいちばん大切なのではないかしら?
という能力があります。

 できないこと・苦手なことを認める力

できること、できないことには個人差があります。
誰でも頭ではわかっているはずですが
こと【自分の得意分野】については
それを忘れてしまう傾向があります。

ピアノの先生というのは
ピアノがよくできるから先生になれているわけです。
ですから、ことピアノに関しては
【できない】ことを理解するのが難しいんです。
   (私も若いころはそうでした…)

 なぜ同じところで間違えるの?
 練習すればできるはずなのになぜ練習しないの?
 どうして毎日練習できないの?

でも、できないものはできないんです。
どんなにがんばっても苦手なこともあるんです!

   私だって…長いこと生きてるのに…
   いまだに時間の計算がとっても苦手!
   指折り数えて一生懸命考えた結果
   やっぱり間違えた…なんてことは日常茶飯事!
 


できないことにフォーカスしてしまうと
先生も生徒もどんどん苦しくなりますね。

できないもんはできない!と認めることができたら
気が楽になりますね。


苦しい と 気が楽。
どちらが練習していて楽しいでしょう。
そして、どちらがより前向きな気持ちになれるでしょう。

できないことをまずは認め
その上で前向きな気持ちになれたら
苦手なことでも少しがんばってみようかな?
という気持ちが育つかもしれませんね♪



♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

教室のホームページはこちらです

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村




さぼってしまいました


私の教室ではオリジナルのレッスンノートを使っています。

20190715レッスンノート 
(この写真は今回の記事とは関係ありません)

宿題の記録を書いてきてもらうノートですが
練習できなかった日にはその理由も書いてきてもらっています。
ただおさぼりしたのか
何らかの理由があって練習できなかったのか
それによって私からの声かけが違うからです。

♪♪♪♪♪

先日のレッスンで高学年の生徒さんのノートに
「さぼってしまいました」
と書いてありました。
正直に書けていること、素晴らしいですね。

小さいお子さんでしたら、
疲れちゃったのかな?見たいテレビがあったのかな?
などとコミュニケーションを取って
「次はがんばってみよう」と終わりますが
この生徒さんは高学年。
そろそろさぼってしまった場合の
前後のことを考えられるようになってほしい年齢です。

「この時、どうしてさぼっちゃったんだろう?」
「う~ん…わかんない」
「今度はね、さぼっちゃったときはどうしてだろう?って考えてその理由を書いてみて」
「うん、わかった」

誰でもさぼりたくなることはあります。
さぼってしまうことが即『良くないこと』ではありません。
ただ、その時に心身がどういう状態でそうなったのかを
知ろうとすることは大切です。

「なぜならね、
 もしプールのあとは疲れてさぼりたくなるなぁってわかったら
 あらかじめ前日にプールの日の分もがんばれるでしょう?
 見たいテレビがあるとどうしてもその時に見たいって思うなら
 それも前日にがんばっておけばいいよね。
 なんだかよくわからないけどやる気でなかったなら
 次の日にその分取り戻せばいいね。
 そういうことができるようになってほしいの」

中学生になる前に
自分の心身の状態を把握する術を知り
それに合わせたコントロールができるようになっておくと
忙しくなっても必要なことをこなすことができます。
だから、今のうちにその方法を練習しておく。

ピアノ教室ではあるけれど
ピアノレッスンを通して、心の育ち も応援しています。

♪♪♪♪♪

私のオリジナルレッスンノートについて
音楽の友社から出版されている『ムジカノーヴァ』の
8月号から連載することになりました。
7月20日発売です。
ご覧いただけましたら嬉しいです。
ムジカノーヴァ2019年8月号

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

教室のホームページはこちらです

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



生徒の目の前で演奏すること

先日のレッスンで
♯(シャープ)という記号についてお勉強した生徒さん。

その流れで黒鍵の話になり。
生徒 「『黒鍵のエチュード』ってのがあるよね?」
先生 「うん、あるよ(*'▽')メロディーが全部黒鍵なんだよ」
生徒 「え?ほんと?」

子供が興味を示した時が最高の学びの時間です。
というわけで、黒鍵のエチュードを弾いてあげました。

生徒 「ほんとだ!ずっと黒鍵!」
私   「そうだよ、ショパンさん、面白いね♪」
生徒 「ショパンだったら『英雄ポロネーズ』が好き」

それなら…と、今度は英雄ポロネーズを弾いてあげました。

生徒 「ピアノってこんなに大きな音がするんだ!
     心臓にすごいどーんってした!
     鍵盤いっぱい使ってた!
     私もこんな風に弾けるようになるのかな。」
私  「がんばって練習して弾けるようにしたいね」
生徒 「うん!!」

レッスンで生徒の目の前で弾いて音や響きを感じてもらう。
これは本当に大切なことです。

指導者が弾かなければ、弾けなければ
この大切な時間は作れません。
だから、私は「自分が弾き続ける」ことにこだわっています。

めったにコンサートに行かれない生徒さんたちに
生の演奏を聴かせてあげたい。
目の前で弾いて音の振動を感じてもらいたい。
この経験をするのとしないのとでは
演奏の質に大きな差が出てきますから。

いつまでも生徒さんの前で弾ける先生であるために
これからもがんばっていきます♪

【コンサートのご案内】
7月19日(金)18:30~
るんるんピアノ連弾コンサート
入間市、文化創造アトリエアミーゴにて
イベント前夜祭的なコンサートのためなんと特別に無料!
 (ご予約いただかないと入れない場合があります)

イベントの詳細、ご予約等は以下をご覧ください。

●イベント詳細はこちら → Pパラダイス

●ラインでご予約 → 

●メールでご予約 → p.paradise2012☆gmail.com(☆を@に変えてください)



♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

教室のホームページはこちらです

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪