スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おススメ楽譜!練習不足のレッスンでも素敵に役立つ♪

今年の始め。
発表会の選曲用にと、1冊の楽譜を手にしました


三枝隆:ピアノ連弾 「1音のファンタジー」三枝隆:ピアノ連弾 「1音のファンタジー」
(2012/01/20)
三枝 隆

商品詳細を見る



どの曲もプリモがたった1音で出来ているので
習いたてのまだちゃんと弾けない子でも楽しめる。
しかも、セコンドは一人で弾いても美しくて楽しめる。


こんな感じで紹介されていましたので、
まだグーや一本指で弾いている生徒さんの発表会用にと購入したのです。

到着した楽譜を弾いてみたら……本当に美しい…セコンドがとても素敵です
私、かなりツボです。ところが・・・・
発表会で弾かせたいと思っていた幼児さんにとっては1曲1曲が長い・・・・
ちょっと弾き通す集中力はなさそうです。


素敵なのに惜しいけれど、今年の発表会では使うのを見送りました
その後しばらく楽譜棚でおやすみしていたのですが・・・・



最近、レッスンで使ってみて、
聴く耳や感じる心を育てるのにとても役立ちそう 
だということに気づきました。



ある中学生の生徒さん。
学校と部活と塾で忙しく、その上ここのところ体調不良もあり
「今週ほとんど弾けなかったんです…」という状態でレッスンに来ました。
少しだけ練習した曲のレッスンをしたところで突如ひらめきました。

「そうだ!1音のファンタジーやろう!」

   練習していないからって、レッスンで譜読みだけしたり
   ソルフェージュだけするなんて、もったいない!!
   これまでもこういう時は初見連弾をしてアンサンブルの楽しみを
   味わってもらっていました。


モーツァルトのソナタを弾けるレベルの生徒さんだけど、
今回はあえて1音だけを弾いてもらうよ

最初、「え?不思議。ドだけ?
と戸惑っていた生徒さんも、
セコンドの流れに乗って気持ち良さそうに弾いています。

  私が深く呼吸をすれば合わせて呼吸する。
  私が繊細な音を出せば柔らかい音で応えようとする。
  私が緊張した音を出せばいっしょに緊張する。
  ふっとゆるめれば緊張を解くのがわかる。


全身で私の弾くセコンドの音を聴いて
私の呼吸を感じているのが伝わってきます。


ふだん難しい曲を弾いていると、どうしても指を動かす方に意識がいってしまいがちですが本当に身につけてほしいのは、音楽を楽しむ力。
  それは音を聴くことだったり、弾き手の呼吸を感じることだったり
  和声の変化を感じることだったり・・・・書き出したらきりがありませんね。

そういうところをもう一度見直したいな、
あるいは、そういうところがちょっと弱いな、
という生徒さんに使ったら、とてもいいと思います


(先生は練習がそれなりに大変ですが(^_^;))

とても素敵な曲がたくさんですのでぜひ弾いてみてください
おススメです♪



ランキングに参加しています♪励みになりますのでぽちっとよろしくお願いします♪
押していただくとたくさんのピアノの先生方のブログを読むことができます♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。