スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キックボードを遠くに進めるように弾いてみよう


ピアノを教える教師にとって
どのように言えばより伝わるか
ということはとても大切なことです。
いくら自分自身がすばらしいテクニックと感性の持ち主でも
それを相手に伝わるように言葉にできなければ
レッスンはうまく機能しません。

教える相手が子供の場合には
よりその【言葉のテクニック】を求められるだろうと思います。

・・・・・・なんて言うとちょっと大げさですが
要するに、子供にわかりやすい例えで伝えられるかどうか、
そこにかかっていると思います。



ラーニングトゥプレイから、『こもりうた』を練習している生徒。

こもりうた楽譜


曲の冒頭、P(ピアノ=弱く)で始まっていることを意識して
とてもきれいな音を出しました。
でも、ちょっと惜しかったのは
右手も左手も同じ音量、同じ音色。
・・・・・・うむ。

 くん、最初きれいな音が出たね。
 でも左右がまったく同じに聞こえたよ

 え?あ、そうか右がメロディーだから強くだ

すぐにまったく同じではいけないことに気付いて弾きなおします。
音が出たときのバランスは少し良くなりました。

でもそれだけでは物足りない。
曲の出だしって本当に大切です。

 いまの音はきれいだったね。
 もう少し考えてみてほしいんだけど、
 最初の音ってそれぞれ何拍分の音符?

 右は3拍、左は1拍
 …だね。右は3拍分音が進んで
 次のミの音につなげていかないといけないね?
 ちょっと考えてみて?
 キックボードでちょっと進みたい時と遠くまで進みたい時、
 足の蹴り方は同じ?

 いや、遠くまで行きたい時はこうやってグッと蹴るけど
 ちょっとの時はサッと
(実演してくれました(^^♪)
 だよね。3拍分進むには1拍の時と違うエネルギーが必要だよね。
 そんな時ただ音を強く弾こうとするだけでいいのかなぁ?

 あ、なんか、ぐ~んっていう感じで弾いた方がいいかなぁ?
 うん、先生はそう思うけど、どう?
 やってみる!

音色の深浅を言葉ではうまく表現できませんが
最初に弾いたときとは全く違う
温かくよく響く音で弾けました。


彼の場合はこの例えで伝わりましたが
これが誰にでも伝わるわけではありません。
 ボールを遠くに投げる時と近くに投げる時、とか
 遠くにいる人を呼ぶときと近くにいる人を呼ぶ時、とか
 砂場の砂をたくさんすくう時とちょっとすくう時、とか
子供の生活の中にある状況から
その子が実感として分かるものを探し出して伝え、

 わかった!!

と目が輝いたとき、

 よっしゃ~!

と心の中でガッツポーズするワタクシなのです




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

クレシェンドを自然にできない生徒には

楽譜には音符以外にもたくさんの記号が書かれています。

音楽の速さを表わす記号
音の強さを表わす記号
音の切り方・つなげ方を表わす記号
などなど…

小さいお子さんでも、
 フォルテ(強く)・ ピアノ(弱く)
などは分かりやすいですし、(質はともかく)強く弾いたり弱く弾いたりすることはできます。

意外と難しいのが、クレシェンド(だんだん強く)です。

だんだん強くしたいために、
どんどん手を固めていって叩くように弾いてしまったり
手首を上下させて強く弾こうとしたりして
結果として、ヒステリックな雰囲気のクレシェンドになってしまいます。

そんな時に私が伝えるのが

 ふうせんを膨らませるよ

という言葉です。

 胸の前で両手で小さな風船を作ってみようね
 それをね、ゆっくり息を吸いながらふくらませてみよう


横に並んで一緒にやってみます。
この一緒にやってみるのがポイントです。
ゆっくりと滑らかに膨らませていくのと
その時に息を止めずにゆっくり呼吸しているのを
すぐ横に並ぶことで生徒に感じ取ってもらいます。

そして実際に弾いてもらう時は
最初は横で私が音楽に合わせて上の動作をやってあげます。
そうすると…あら不思議。
あれほど力任せにクレシェンドしていたのが
滑らかな自然なふくらみに!!

 だんだん弱くしたい時はね
 ふくらんだ風船をゆっくり息をはきながらしぼませていくよ
 急にしぼませちゃぁだめよ~、ゆっくりね


きれいに自然におさまっていきます・・・

わかりやすいイメージを伝えてあげて
それがその子にはまった時
子供って本当に急に変化しますね!




”だんだん強く”
日本語としてわかりやすい言葉ではありますが
それだけですとクレシェンドの表現は難しいですね。
音を強くしていくということは、そこに、
音楽が広がっていく、成長していく、ふくらんでいく、などの
さまざまなイメージが隠されています。

ゆくゆくはそれらを感じ取れるようになってほしいですが
小さいうちは、まず、ただ手や指だけで強くしていくのではない、
音楽的な弾き方を学んでほしいなと思っています。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

3Dってわかりやすくて便利な言葉ですね♪

『レッスンでどれくらい弾けたら合格とするのか』
これはピアノの先生が集まるとよく話題に上ります。

その生徒さんの年齢や能力によりますし、先生それぞれの考えもあるので、明確なラインを弾くことはできませんね。
先生が個々のケースを考えながら、その都度判断していくことになります。
私も、こうと決めた明確なラインはありません。それこそケースバイケース。 でも、これだけは必ず伝えたい、考えてもらいたい、ということはあります。

ひとつは、曲の始まり方、終わり方
何も考えずにさっと弾き始めてしまった時はやり直してもらいます。
その曲のイメージを頭に描き、テンポや拍子をを確認して、しっかり準備をして弾くことが大切。
そして、『終わりらしく』弾くこともとても大切。
ぱんっと弾ききることもあるし、落ち着いていくように終わることもありますが、聴いている人が、あれ?終わったの??…と、終わりを納得できないような弾き方ではよくないな、と思います。


もうひとつは、立体感
いちばん簡単なところでは、メロディーと伴奏のバランスです。
これは小さいお子さんには難しいこともありますが、
気をつけて弾くんだよ、と伝えておくことが大切だと思います。
 メロディーが聞こえるかな?
 メロディーの音をず~っとお耳で追いかけながら、弾いてごらん?

こう声をかけるだけで、ずいぶん変わるものです。

もう少し大きいお子さんになると、
メロディと伴奏…という簡単なことだけではなく、
ポリフォニー的になってきてさらに複雑になります。
そんな時、以前は
 ここ、どの声部がいちばん強いのかな?弱いのかな…?
などと訊いていました…が。
自分でそう言いつつも、この言い方はちょっと嫌だな…とずっと思っていました。強い弱いなんていう簡単な感じじゃなく…なんというかもっと…こう…

そんな時、最近、便利に使える?言葉を見つけました。
ある時ふと口をついて出たのですが
お子さんにはとてもわかりやすかったようです。
 3D映画みたいにしようよ。前に飛び出してくるのはどこ?
 今のだとみんな飛び出してきちゃたよ?


今のお子さんは映画やゲームなので3Dを体験したことがある子が大半なので、瞬時にあの立体的な感覚がよみがえるようです。
ああ!なるほど!という顔をして、取り組んでくれるようになりました。
あの臨場感も一緒に思い出すようで、音が生き生きしてくるようなこともあります
 飛び出してくるのだって、どこまで飛び出してくるのかいろいろよね
 背景だって、白黒になっちゃうわけじゃなくって、いろんな色でしょう?


3Dって便利な言葉ですね♪


大切なことはどんどん伝えていきたい。
そのためにも、子供たちにわかりやすい、イメージしやすい言葉がけをしていけたらと思っています





   新規生徒さん、募集中です♡
   詳しくは教室のホームページにて♪
   教室のホームページはこちらです


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


 

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。