スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の発表会の選曲は…


発表会のブログ、今回は選曲について書こうと思います。
(係の仕事についての記事はこちら → ☆☆☆

発表会は、生徒たちが輝く場であってほしいと思っています。
ですから、基本的には『うまくいくように』という方向で考えます。
それを選曲に当てはめると

 成功体験となるように、難しすぎず、易しすぎず
 いつもより少し多めの負荷で、かつ成長の望める曲を

ということになります。

もちろん、生徒によって性格や能力、環境が違いますから
全ての生徒にこれを当てはめていたわけではありませんが
基本の考えはここにあります。

それを今年はあえて打ち破って、
かなりの生徒に『実力のかなり上をいく難しい曲』を提案してみました。
なぜなら、最近やる気が増して頑張れる生徒が増えてきたからです。

子供には、『頑張れるとき』と『頑張れないとき』があります。
頑張れる時には大人が思っている以上の力を発揮します。
それを逃す手はないと思うのです。
(逆に『頑張れない時』はそっと静かに現状維持が大事です)

難しい曲を渡すというのは、指導者にとってもリスクのあることですが
きっとこの子たちは頑張れる、と信じていました。


当日の演奏は本当に素晴らしかったです。
 一緒に何度も部分練習したところ
 一緒に表現について考えたところ
 自分で物語を考えてイメージを膨らませていたところ
自分の曲として、
この曲をお客様に伝えたいという強い思いが溢れる
演奏ばかりだったと思います。


休憩時間になると
わんさわんさと生徒が寄ってきて
口々にいろんなことを言いました。

 せんせ~い!間違えちゃったよ~
 せんせ~い!あそこ失敗しちゃった~

でも、私はそれに自信を持って答えました。
いいのいいの!
そんなの全然気にならないよ!!
心が伝わるとてもいい演奏だったよ!!

20180417発表会集合写真

係りの仕事もきちんとこなし
すてきな演奏もできて・・・・・
うちの生徒たちはなんて素晴らしいんだ~~~!!!
と10分に1回は心の中で叫んでいました(笑)

もちろん!
私もがんばりましたよ♪
ブラームスの間奏曲 作品118-2を弾きました。
20180417発表会講師演奏


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


教室のホームページはこちらです


スポンサーサイト

みんなで作り上げた発表会

2018年4月15日(日)、
ピアノ教室クレッシェーレ第12回発表会
スプリングコンサートが
無事に終了しました。
20180417プログラム

予想された春の嵐もどこかへ!
暑くなく、寒くなく、エアコンのない会場にとっては最高のお天気

20170417アミーゴ外観



今回の発表会は私はほとんど何もせず、
ステージに向かう生徒を送り出し、
演奏を終えた生徒を迎える、
そのことだけに集中できました。
なぜなら、係の生徒たちや保護者の皆様、スタッフが
お願いしてあったことをすべてテキパキとこなしてくださったからです。


会場設営は大きい生徒たちとその保護者の方々が協力してくださって
予定よりもずいぶん早く終えることができました。

午前中のリハーサルはリハーサル係の生徒たちがテキパキと進めてくれて
私は演奏へのアドバイスに集中できました。

壁面装飾は、得意なお母さまがアイディアを出してくださって
装飾係の生徒たちと協力してとても素敵に飾ってくれました。
20180417発表会壁面

受付の設置は受付係の生徒たちがきちんとしてくれて
プログラムの落丁チェックもしてくれたのでとても安心でした。

本番の進行は司会係が責任を持って務めてくれて
時間が遅れることもなく上手に進めてくれました。


生徒たちに係の仕事をしてもらうようになって数年。
小さかった生徒たちはお兄さんお姉さんたちの働きに憧れを抱き
その生徒たちが大きくなって係の仕事をするようになり…
それをまた憧れの目で見つめる小さい子たち…
その循環が出来てきたのだな…と思います。

そしてそれをそっと見守りサポートしてくださる大人たち。
私の「子供にできることはなるべく子供にさせたい」という思いを
きちんと汲み取ってくださり、口出ししすぎず上手に見守ってくださいます。


みなさんが一体となって発表会を作り上げることができ、
とても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさんに大きい声で自慢したいです。

 うちの生徒たち、とってもステキなんだよ~!!
 保護者さんたちも、最高なんだよ~!!
 スタッフも、これ以上ないくらいすごいんだよ~!!




当日、応援に来てくださった先生方がブログを書いてくださいました。

知子先生のメロディの流れる日々

横浜市白楽・妙蓮寺~くすのせピアノ教室~

奥村先生、楠瀬先生、ありがとうございました!!



演奏のことについては、また別の記事で書いてみようと思います♪



今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


教室のホームページはこちらです

褒めると認める、そして叱る

【褒める】 と 【認める】 の違いを意識したことがありますか?

【褒める】というのは行動の結果に対しての
評価を伝えることです。
「100点を取れるなんて、すごいね!」
「今の演奏、とっても上手だったよ!」
「金賞取ったなんて、すごいね!!」


それに対して【認める】というのは
好ましい事実を事実として伝えたり
その人のとった行動自体を承認したりすることです。
「あなたが頑張ってきたことが実ったのね」
「自分で目標を立ててがんばれたのね」
「よく考えて取り組むことができたね」


レッスンや子育てにおいて褒めることも大切ですが、
いつも褒めてばかりで育てていたらどうでしょうか?
常に他人の評価を気にするようになったり
【褒められること】が行動のモチベーションになってしまったりします。
そうなると、【褒められないこと】=【価値のない事】
という間違った認識が出来てしまうことになりかねません。

そうではなく、
がんばったこと、自分でできたこと、など、
行動そのものを認めてあげること、
そちらを大切にしていきたいなと思っています。
そうすることで、自分の行動、判断に自信が持てるようになり
物事にチャレンジすることに対して前向きになれます。
今風に言うなら、
 自己肯定感アップ
ということに繋がっていくんですね♪


そして、【叱る】時には、
好ましくなかった行動をピンポイントで伝えることが大切です。
感情にまかせて言葉を繰り出すと
【怒る】になってしまい、相手に伝わることはありません。
「この部分のこれが、よくなかったね」 (次はどうしたらいいと思う?)
「今のこの言葉がよくないね」 (どういう言葉にしたらいいと思う?)

叱った後は、どうすればよかったと思う?と
一緒に考えてあげるといいと思います。
それをすることで、叱られたことを前向きにとらえて
次からは気をつけようと思えるようになりますね♪


【褒める、認める、叱る】
これをきちんと使い分けてレッスンをするようにしています。
ピアノだけでなく、心も育てていくレッスンを
いつも心がけています。



今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


教室のホームページはこちらです

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。