スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛練習中…


毎年4月の教室発表会では私もソロで演奏しています

音大ピアノ科を出たわけではありませんし
大学卒業後に大きなブランクもありましたので
決して満足いく演奏が毎回できるわけではありません。

でも、
生徒たちに「練習がんばれ!」と言っている以上
私も先生としてその時その時の本気を見せたいという気持ちや
ふだんコンサートはもちろんクラシック音楽自体を聴く機会が少ない生徒には
1年に1回でも自分の弾いているレベルではないクラシック曲を聴いてもらいたいという思いもあります。
(もちろんプロ演奏家のコンサートに行っていただくのがいちばんいいのですが)



昨年は リストの『オーベルマンの谷』(リスト記念イヤーだったから)
一昨年はショパンの『バラード1番』(ショパン記念イヤーだったから)
 ちなみにこの年はシューマンの記念イヤーでもあったので『パピヨン』を別のステージで。
その前はメンデルスゾーンの『厳格なる変奏曲』(メンデルスゾーン記念イヤーだったから)

なんて安易な選曲


小さい子が多い発表会なのにけっこうヘビーなもの弾いてます
寝ててもいいんです。
先生って、なんかスゴイの弾いてたな~ってどっか心の片隅に残ってくれれば。


さて、今年。
今年はドビュッシーの記念イヤー。
そして、フランスものは私があまり手を付けずに来た分野でもあります。

これはこの機会にドビュッシーを勉強するしかないでしょう…ということで

年末にまずラヴェルの『ソナチネ』でちょっとフランスものにご挨拶したあと
年明けから『ピアノのために』に取り組んでいます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが『ピアノのために』は3曲から成っています。
3曲、全部弾きます。
なんて無謀な
でもどれもこれも素敵な曲だから選べなかったんですもん。


発表会は4月下旬なのでそのつもりで練習していたのですが
3月上旬に急遽、師匠のアメリカ時代の恩師が来日、レッスンしていただけることになり
今、モーレツに焦っています。

なぜなら、一番の難曲、トッカータが残っているからです

先週金曜日のレッスンで2曲はまずまずの評価をいただいたので
次のレッスンまでトッカータを猛特訓です。

…正直、めげそう


でもね。
生徒たちも発表会に向けて頑張るしね。
3月頭、レッスンでちゃんと弾ければその後発表会まではずいぶんラクになるはず!
今がふんばり時と心得て、がんばろうと思います

東北応援楽団


ブログアップが遅くなってしまいましたが
11日土曜日に入間市産業文化センターにて
入間市民音楽祭『ミュージックパラダイス』が開催されました

副題として『東北応援楽団~1人1人ができることを考えよう~』とあるように
ステージに出演する団体・個人はさまざまな形で東北支援に関係されている方々。



私が指導に行っているミュージックベルアンサンブルリベルタは
昨年に引き続きステージ前に行われる楽器体験コーナーに参加してきました
小さいお子さんからご高齢の方まで
ミュージックベルをやってみたい方にその場で1曲演奏してもらいます。

ほとんどの方はこの楽器に触れるのが初めて。
「テレビでは見たことあるけどねぇ」 「いくらくらいするの?」
などなど、興味津々です

『キラキラ星』『ふるさと』から好きな方を選んでいただき演奏。
楽譜が読めない方でもできるように準備してあるのでとっても簡単!!

最初は「出来るかしら…」と心配されている方も
実際に演奏してみると「これなら簡単にできるわね~」「なるほど~」と明るい笑顔に
楽しくなっちゃって何回も何回も来てくれるお子さんもいました。

音楽ってやはりいいですね。
この体験を機に何か音楽に関わってくれたらいいなぁ…と思いました。




その後のステージは混声合唱や和太鼓、民謡など多彩な出し物で楽しめました。

各々の演奏の合間に
支援に行った自衛隊の方、ボランティアとして行った高校生、
被災地から避難されてきて、入間市でラーメン店を開いている方のお話などがあり
埼玉に住んでいては知ることのできない現地の様子を知ることができました。

ステージ最後には会場のみなさんで『上を向いて歩こう』を合唱。
中学校の吹奏楽部と共に私たちベルも
”東北応援楽団”としてステージに乗せていただいて一緒に演奏しました。
(と言っても私は監督で、客席で見守っていましたが




震災からもうすぐ1年。
ここ埼玉での日々の生活は震災前とほとんど変わりません。


でも
被災地の時間は私たち非被災地ほど早く動いていないのですよね。


いろいろなことを感じ、考えるきっかけとなったいいイベントでした。
このイベントに参加させていただけて、幸せでした。



来年はぜひステージで演奏を!
というありがたいお言葉もいただいたので、また1年頑張っていこうと思っています




ロビーで販売されていた扇子を買いました。相馬野馬追です。ちょっとしぶい?
相馬野馬追扇子

下の子のたくましさ!

12月に入会された年少さん2人と年中さん1人。
最初もじもじちゃんだったりだんまりちゃんだったりした彼女たちも
少~しずつレッスンに慣れてきて・・・・

だんだん元気になってきましたイヒヒ

レッスンで私が言うことがきっと最初は宇宙語に聞こえたと思うのですが
今ではずいぶん早く理解できるようになってきています。
たった2か月なのにこの年頃の成長の早さに圧倒されます。
子どもって本当にスゴイ


今、3人とも鍵盤の理解や音の高低の認識などのほかに
丸子あかね先生のリズムの本を使ってリズムの練習を始めています。

四分音符はくろぼうちゃん♪
二分音符はしろぼうちゃん♪ 
そんな風に親しみのわくネーミングで音符ちゃんたちと仲良しになっていきます。

3人ともリズムの時間は特に楽しそう

 たん たん たん たん たーあん たーあん! 
 たーあん たん たん たーあん たん たん!

大きい声で大きい動きの両手うちで練習します。


レッスンでこれが始まると・・・黙っていられないヒトたちが

それは、レッスンに一緒についてきている妹ちゃんたち。

   (年少さんのお二人にはお母さんにレッスン付き添いをお願いしているため
    妹さんも一緒にレッスン室に入っているのです)

体を動かし大きい声でわかりやすいリズムを打っているので楽しいのでしょうね。
一生懸命真似をして、となりで嬉しそうに たんたん 言っています。
りょうてうちのやり方だって慣れたものです。
聞けば、家での練習でも真似しているみたいで…

他にもお姉ちゃんが新しいことを習っていれば
お姉ちゃんよりも真剣かも!?という目でじーっと観察。
お姉ちゃんが使い終わったお手玉や玉ひもをいじって研究キラーン


こうやって下の子たちはお姉ちゃんのやっているのをじーっと見て
なんでも要領よくこなしていくのですよね。


レッスンしつつ下の子の反応をちらりちらりと観察しては癒され楽しむ日々です

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。