ご家庭のサポート

ピアノを習い始めるのは幼稚園児~小学校1年生くらいが一般的だと思います。
最近では3歳から入会できる、としている教室が多くなってきましたね。

さて、この3歳~小学校1年生。
スムーズにレッスンが進むでしょうか?


いえいえ、けっこう大変です


だってまだ生まれて数年。
心も体も発達はまだまだこれから。
そんな子たちがすらすら何の問題もなくレッスンが進むわけがありませんよね。


よくあるのは・・・・・

  ねむい 
  もう、来るなり目が違います

それから

  妙にハイテンション
  幼稚園や学校での楽しいノリのまま来ちゃうパターンですね♪
  そんな日はまずおしりが落ち着きません。
  立っていたい!座りたくない! → 立ってできることからレッスンします♪


内容の方では

  音名など覚えることがなかなか覚えられない。
  これはもう、仕方ないことです。
  大人から見たら簡単なことでも子どもにとってはエベレストより高いハードルかも。
  2年生が一生懸命九九を覚えるように、とにかくひたすら繰り返して覚えるしかありません。
  これにはご家庭の協力がどうしても必要!!



こうして大変なことを書き出していけばキリがないのですが
こういうこと全部ひっくるめて
子どもって可愛いなぁ、子どもに教えるのって面白いなぁ…と思える歳になっています




こういったことに対処していくにはどうしてもご家庭の協力が必要です。
お迎えにいらしたご家族に、
 「眠そうでしたよ。毎日この時間は眠そうですか?リズムを見てあげてくださいね」
 「ここは大事なので、時間をかけてもいいからしっかり覚えていきましょうね。応援してあげてください」
などとお話しています。


今週、それに対してお母さま方がしっかり対処してくださっているのがわかり
とてもありがたく、嬉しい気持ちになりました。


♪♪♪♪♪♪♪


私の教室では音名は英語音名(ABC)とイタリア語音名(ラシド)を同時に教えていきますが
お母さまがお家で工夫して、それを覚えやすいような教材を作って練習してくださっていたのです!

   お母さんが協力してくれる。
   お母さんが自分のしてることに感心を持ってくれている。

これが子どもにとってどれだけ嬉しいことか!
私があれこれするよりも100倍も成果が上がると思うのですよ~!!
きっとぐんぐん伸びていきますね♪楽しみです。



そして、もうおひとり。
先週レッスンで眠そうで…もう、かわいそうすぎて笑っちゃうくらい眠そうで…
それをお母さまにお話ししておきました。

そして、今週。
なんだか、とっても元気そう!
「今日は元気そうだね~。なんかいいことでもあった?」と聞いてしまったほど。
レッスンもこれまでになくさくさくっと進みました。
お迎えにいらしたお母さまにそうお話すると
「今日はためしに昼寝させてから来てみたんです。今度からそうしてみます」と。
お母さん、ナイスですっ



子どもにとってピアノレッスンが有意義になるように。
ゆっくりゆっくりでもいいから前に進めるように。

私が努力するのは当然のことですが、やはり1週間に1回だけのレッスンではカバーしきれないことも多いです。
それをこうしてご家庭に協力していただき、力を合わせてやっていけたらレッスンはさらにいいものになっていきますね♪

協力的なお母さま方に感謝しつつ、本日もまたレッスン頑張ります♪

努力の人からのプレゼント

きのう、とても嬉しいメールをいただきました。

生徒のお母さまで、昨年までご自身もピアノレッスンを受けていらした方です。
お嬢さんのレッスンのことでメールで連絡を取ったのですが、その返信に、

「今、昔弾いた『亡き王女のためのパヴァーヌ』を弾いていました♪
 最近CMで流れてて、弾きたくなりました。
 こんなこと出来るのは、本当、先生のおかげですよ


わぁ~ステキ

CMで流れているお気に入りの曲を弾いて楽しむ。
なんてぜいたくな大人の時間なんでしょう。




お嬢さんが習い始めたピアノにご自身も魅せられ、
まったくの初心者、それこそ、「ドレミファソ~」から習い始めた彼女。
大人になってから何か新しいことを始める、というだけでもかなりハードル高いと思いますが、
それがまたピアノとは・・・・相当なハードルですよね。


小さい子どもを持つ主婦にとっては時間はいくらあっても足りないもの。
自分の趣味の練習のために毎日時間を作るというのは相当難しいことです。

そんな中、毎日仕事や家事をこなし、子どもが寝静まってからの夜中にサイレントピアノで練習していらしたそうです。
24時とか、25時とか・・・・
考えられません・・・私がぐーすか寝ているような時間です


これだけの努力家ですから、めきめき上達し、
なんと5年目の発表会ではショパンのワルツをアレンジ無しの原曲で弾きました。
大人の初心者でここまでとは・・・・

すごい





彼女は「先生のおかげ」と言ってくださいましたが、そうじゃありません。

彼女自身の努力の賜物です。
そりゃ、私もちょびっとはお手伝いさせていただきましたが
そもそも練習していなければ、私としてもどうすることもできません。

  上手になりたい。
  もっと素敵に弾きたい。
  こんなんじゃ、まだダメ。

常に上を目指して努力し続けた彼女。
今は、また別の目標に向かって頑張るためにピアノはお休みしています。



それでもこうして、ちょっとした折にピアノを弾いて楽しんでくれている。
生活の中にあるピアノ、音楽。

そんな話を聞くと、
ちょびっとでもお手伝いできてよかったと、ジーンとしてしまうのでした。
疲れた夜に最高のプレゼント。

ありがとう


あーーーーーーーーー
うれしいよぉーーーーーーーー

一緒に喜んでくださる方、ぽちっとお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

くつろぎの時間

生徒さんに旅行のお土産にといただいた紅茶。
バニラの香りがほわ~っと立ちのぼって幸せな気分になります。

久保紅茶
コアラちゃんが温泉につかっているみたい~。
いつもはノンシュガーなんだけど
久しぶりにミルクと砂糖を入れてミルクティにしました♪


いっしょに食べたのは神戸限定カントリーマアム♪
これも生徒さんからの頂き物。
ありがとうございますm(__)m

優雅なおやつタイム~。




そして、ピアノ部屋で練習しようと部屋に入ると迎えてくれるのがこれ。
渓子かえる
生徒さんがフェルトを一生懸命縫って作ってくれたカエル。
発表会が終わった後のレッスンでプレゼントしてくれました!!
カワイイでしょ?

    私、カエルのピクルスというぬいぐるみが好きでいくつかレッスン室に置いてあったり
    シールやハンコもカエルのを集めていたりするので
    すっかり
    「せんせーはカエルが好き」
    と定着しちゃったみたいです(^_^;)




週の後半、ちょっと体調を崩してしんどかったので
この週末は最低限のことだけして
生徒さんからいただいたパワーを感じながらのんびり過ごしています・・・・


元気になって、
また火曜日からのレッスン頑張ろう!


おっと、その前に。
月曜日は教材研究会の日でした。
そっちも頑張るのだ♪


プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪