スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の動きに心と耳を寄り添わせて…


私は小さい頃から”指を動かす”ことが好きでした。
それはオトナになってから気づいたことです。
子どもの頃は、
表現力がない、もっと歌って!
とよく言われていましたけど
歌って!って言われても、いったいどうすればいいのさ?
って思っていました



今、教室に昔の私にそっくりな生徒さんがいます。
フォルテ、ピアノ、クレシェンド、リット・・・・
わかってはいるんだけれど、
本人としてはやっているつもりなんだけれど、
それが演奏として出てきません。


彼女は昨年思い切ってコンクールにチャレンジし
他の子どもたちの演奏を見聞きしたことで
自分の表現力の未熟さに自分で気づきました。
人の演奏を聴くことが大好きな彼女だからこそ自分で気づいたのです。

それからの彼女は、もっと表現しようという意欲にあふれていました。
明らかにそれまでとは違う。
レッスンに向かう姿勢も違います。
練習してくる内容もとても濃くなりました。
 まだちょっと甘いけどね(^_^;)


先日のレッスンで
速めの3拍子の曲を3拍子らしいいいノリで上手に弾きました。
強弱も、それなりについていました。

・・・でも、足りないな・・・どうしてだろう。
それはたぶん

耳と心が音の動きに寄り添っていないから


彼女は頭で一生懸命考えています。
だから3拍子はきちんと表現できました。
だけど、右手の流れるようなラインは残念ながら流れませんでした。


 3拍子らしさがしっかり出せるようになったね
 この調子!
 ちょっと右手を弾いてみようか?


まるで誰かが弾いているのを見ているかのようにさらっと弾いてしまいます。

 
 最初のシドレミって…そう、上がってるよね?
 こういうちょっと嬉しそうな雰囲気のときに

 ふ~ん、そうなんだ、じゃ、ちょっとクレシェンドしとくね
 って簡単に言われたらきっと寂しいよね。

 いっしょに嬉しさを感じるみたいに
 この音が上がっていく喜びに心を寄り添わせてみようよ。
 そしてその音をよく聴いてみたらどうかな? 

 嬉しいよね~、そうだよね~、うんうん、わかるよ!って。
 

うん、うん、と一生懸命聞いていた彼女。
シドレミだけ弾いてみました。
 
おおおっ

明らかにさっきと違う。

 次は一気に下りてくるね。
 音の動きに心を寄り添わせて…聴いて…



すごい!


できるね、できるじゃん!
ちょっと感動しちゃいました♪
さっきまで流れなかったメロディが
ウソのようにキラキラすらすらと流れていきます。


これまでの彼女の弾き方に比べて
ものすごく集中力を使いますから
すぐに全部できるようになるわけではないと思いますが
ふだんからいつも、
頭だけじゃなく心も耳もよ~く使って練習したら
きっともっと上手になっていくと思います。


作曲家が書いてくれた素敵な音楽。
音の動きを味わいながら、寄り添いながら演奏したら
きっと素敵な演奏になりますよね。

私ももっと小さい頃に
このことに気づいていたかったなぁ!!!
その反省を込めて
生徒さんたちにはしっかり伝えていこうと思っています





今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

楽をして結果を手に入れよう


5月の教室新学期スタートから約2カ月。

やろうと思っていていまだ実行できていないこと、
けっこうがんばっていること、
さまざまです。

生徒のみなさんはどうかな
そういえば、通学合宿とか硬筆とかわんぱく相撲とか他の習い事とか
いろんないろんな頑張ったこと、を教えてもらったっけ。
みんなそれぞれによく頑張っていてえらいなぁと思っています




では、ピアノの練習はどうでしょうか?
レッスンノートの記録を見ていると、
おおむねよく練習できていると思います

でも、ちょっと気になることが。
それは、
大きい生徒さんたちの練習の効率が悪いな…ということ。

おおむね4年生くらいまでは
具体的な練習の方法と回数を書いてそれをこなしてきてもらっていますが
それより上の生徒さんには
練習方法は書きますが、回数は「自分が必要だと思う回数やっておいで」と言うことが多いです。

これはこの先中学生になった時のことを考え、
自分で計画を立てる練習をしてもらおうと思うからです。


練習の回数を見てみると・・・

右手2回 左手2回・・・とかの練習が数日あり…
あっという間に両手になって・・・・?

レッスンで弾いてもらうと・・・・・・ん?


 ちょっと片手ずつ弾いてみようか?

あらあらあら・・・・
片手ずつもまだちゃんと弾けてないわねぇ


こんなことが増えてきました。
年齢が上がってある程度弾けるようになるとつい油断しちゃうんですよね。
いきなり両手でも弾けるような気がする、って。
うまく弾けないところもそのうち弾けるようになる、って。


 ねぇねぇ?うまくいかないときはどうするんだっけ?
 部分練習する

わかってるんですよね、わかってるのに、やらない。
これは自ら、大変な道を選んでいます。

いきなり両手で弾きはじめて
あっちこっち間違えて
指も行き当たりばったりになっちゃって
だからいつまでも弾けるようにならなくて・・・

指を直したり
音を直したり

そんなことをしながら曲が仕上がるまでにいったいどれだけ時間がかかるでしょうか
そんな大変なの、嫌じゃない?


なるべく楽して弾けるようになろうよ
楽をして結果を手に入れる、最高じゃん!



片手ずつの練習、両手で弾くより楽だよね?
指が足りなくなってどうしよう?って思わなくても
指番号書いてくれてるんだから守ったら楽だよね?
弾けないところを弾けるようにするために
最初から最後まで通して弾くの、めんどくさいよね?
弾けないところだけ部分練習するほうが楽だよね?


みんな、もっと
楽して結果を手に入れようよ~~!!

楽をするって悪いことじゃない。
楽をするためには頭を使わないといけないんだ。


どうやったら楽になるかなぁって。
どうやったら少ない練習で効果出るかなぁって。

これを考えられるようになると
ピアノだけじゃなくて勉強にも生きていくのにも絶対役に立つ。

だからみんなもっと考えて練習しよう!


・・・・・ということを言い続けているのですが、
効果は果たしていかに!?



子どもを育てるためには
とにかく言い続ける、大人があきらめないことが大事だと思っていますので
絶対にあきらめませんよ~~~!
みんな、覚悟!




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

合格の基準は?

レッスンの中で生徒さんが嬉しそうにする瞬間。
それは、曲が弾けて合格のマルや花マルをもらった時

合格した曲の数だけ好きなシールをゲットできるので

 合格するかな?しないかな?

というのは生徒さんにとって一大事です(笑)



さて、この合格の基準~どの程度弾けたら合格なのか?

これは研究会などでもたびたび投げかけられる質問ですし
お母さまからも質問を受けることがあります。
先生によっても基準はそれぞれあるかと思います。


明快な答えがあればいいのですけれど残念ながらそう簡単ではありません。
なぜなら生徒さんはひとりひとり個性が違いますし
同じ生徒さんでも先週と今週では変わることもあるからです。


例えば、
譜読みが苦手でなかなか出来なかった生徒さんが
やっと読めるようになって初めて自分の力で1曲弾きとおした!
でも指の形はぺったんこ。

私はこういう状況の生徒さんに、この曲で、指の形を直させることはしません。だってこの生徒さんはきっと自分で読んで弾いたことで喜びいっぱいだから!
できた~\(^o^)/って思ってるに違いないから。
この曲くらい、その喜びにひたらせてあげてもいいですよねぇ!(笑)

でもこの生徒さんがもう少し譜読みに慣れてきたら
指がぺったんこのままでは合格にせずにもう1週間取り組んでもらいます。


教師は、その生徒さんにその曲でなにを出来るようになってほしいかというビジョンを持っています。最低限そのポイントが習得できれば、他が多少荒削りでも合格として、教本を先に進めることを選択することもあるのです。


このようにその時の生徒さんの状態によって
同じ生徒さんでも合格とする基準は変わっていきます。

ですからマルがついた、つかないということに一喜一憂せずに

 もう一度ってことは、もっと上手になるのね!

ととらえていただけたらいいなと思っています




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。