スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうこ先生のサマコン~子供を信じる力~


さて。またまたぐぐ~んと日にちは飛びまして
今度は8月11日のお話です♪

益子祥子先生の教室のサマーコンサートに行ってきました。
昨年に引き続き2回目です♪

しょうこ先生のブログはこちら → しょうこ先生の日々。

ソロデビューのステージ
ピアノソロのステージ
トーンチャイムにファミリーコーナー
研究発表(さまざまな楽器について)
プロパーカッショニストの伊勢友一さんをお招きしての素敵なステージ!
そして
お話組曲「みいちゃんとおばあちゃんピアノ」


1時から始まり、6時半までという長丁場でしたが
生徒さんの一生懸命な姿と、心のこもった演奏のおかげで
時間の長さを感じませんでした。
 (座りっぱなしでちょっと腰が痛くなり、歳は感じました



しょうこ先生のサマコンの素晴らしいところは、
当日、オモテに先生があまり出ていらっしゃらないこと。
もちろん、生徒さんと一緒に演奏する時などは出ていらっしゃいますが。

受付も、司会も、
ステージのセッティングも(重いもの以外は)
みんな、生徒さん(と保護者さん)が分担してこなしています。
 

そして、そのクオリティも抜群です。


受付の言葉もとてもていねいで笑顔。
司会は笑顔で、大きく聴き取りやすい声で話してくれる。
ステージセッティングの子も素早い動きでささっと。


これ、本当に素晴らしいです!




子どもに仕事をまかせるというのはとても大変なことです。

子どもは、与えられた仕事をきちんとこなすことができますが、
それは大人がきちんと準備してあげるからこそ。

準備と言っても、その時だけなんとか頑張ってもすぐ出来るほど甘くはありません。
生徒の成長を常に考えて、数年単位で少しずつ少しずつ、成長を促し、準備するのです。


大人がすべき準備をしたら、あとは子どもを信じてまかせる。
信じてまかせるにはそこまでに信頼関係が出来上がっていることが大事だと思います。


先生を信じてついていけば大丈夫!

生徒を信じて任せて大丈夫!


お互いにそう思えるからこそ、子どもたちは安心して一生懸命仕事に取組み、キラキラと立派に仕事をこなすのだと思いました。


子どもを信じる…
簡単なように見えてこれほど難しく、奥深いことはないと思っています。

しょうこ先生の、

子どもを信じる力

のすばらしさ、いつか私も追いつきたい!と心から思いました。


しょうこ先生、ありがとうございました。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

むかしむかしの素敵なピアノ展

さて、前の記事と話は前後しますが、
8月1日(木)、仕事がお休みだったので
ヤマハ銀座店で開かれている

むかしむかしの素敵なピアノ展

に行ってきました♪

会期初日。
平日とはいえ、混んでいるだろうなぁ…と思いつつ行ってみたら・・・

あれ?貸切ですか?
チケット通し番号、2番です。
30分ほど、私一人で独占でした。
警備員さん、居心地悪そうでしたねぇ(^_^;)

昔ピアノ全景

1720年のクリストフォリ(レプリカ)
1802年のブロードウッド
1810年のワルター
1820年のスクエアピアノ
1820年のグラーフ
1874年のエラール

以上6台の展示ピアノを穴が開くほど見つめてきました。
グラーフの鍵盤は特に美しかったなぁ・・・
白鍵には貝殻が、黒鍵にはべっ甲が貼ってあるそうですよ~。

グラーフけんばん


13時からはこれら6台のピアノを実際に弾いて音を聴かせてくださるコンサートコーナー。
それぞれの時代の曲を、レクチャー付きで演奏してくださいます。


当たり前のことですが
それぞれに音色も音量もまったく違います。

聴きながらそれぞれの時代、作曲家に思いを馳せました。
ピアノがどんどん進化していく時代。
進化したピアノにどれだけ期待を込めながら作曲したでしょう。
新しい機能にどれだけワクワクしたことでしょう。
これらの音からどんな影響を受けて作曲したのでしょう・・・・・

今は、
ベートーヴェンもショパンもドビュッシーも、
みーんな同じ現代ピアノで演奏しますが、
それでも
これらの時代に本当に響いていた音を知ることで
さらに演奏のイメージが湧いてきますね。



会場には当時のピアノアクション模型も展示してありました。
これは実際に触ることが出来るので面白いですよ♪

昔ピアノアクション模型


夏休み期間中は親子で楽しめるクイズラリーなどもあります。
そうそう、クイズラリーで全問正解すると
このむかしむかしの素敵なピアノ展の入場券をプレゼントしていただけますよ。

ぜひ行ってみてくださいね。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

ベーテンピアノコンクールにて


夏休みも中盤を超え、
今週末くらいまでが帰省からのUターンラッシュピークでしょうか。
私も短い夏休みに入ったところです


夏休み…
私にも3人の子がおりますので
ふだんいいかげんになっている母親業に少し重きを置いてみたり
ふだんなかなかまとまった練習時間が取れませんので
一気にたくさんの曲を譜読みしていたり

ちょっといつもとは違う時間の過ごし方をしています


その中に大きなイベントもたくさんありました。
少しずつ書き進めますね。


まずはじめに、
8月頭のベーテンピアノコンクール予選から♪
当教室からは未就学児部門でAちゃんが初参加しました

今年の春まで教室最年少だったAちゃん。

発表会でも、リハーサル会でも、いつも演奏順は1番でした。

そうしたらなんと!
コンクールでの演奏順も1番

 え~!また いちばん~

でもね。
Aちゃん、おじぎもとても上手、舞台での振る舞いもとても堂々としているので
1番バッターにぴったり!!
きっと大丈夫よ!

練習を一生懸命がんばって…そして当日。


待ち時間はやはり緊張していたのか、わりと無口…


そして、私と一緒に舞台袖に入ってからは

 ドキドキする~ぅ・・・・

と、ちょっと心配顔。


と、ところがっ!


いよいよ始まりのアナウンスが入り、
舞台がパ~~ッっと明るくなった、その時!


 わあ~~!楽しみ~~!
 
と、満面の笑みになったんです!


これには私も驚きました。
弾き終わった後に 楽しかった~! という子はたくさんいるのですが
弾く前に 楽しみ!と言った子は初めてです

こ、これは大物だ・・・・


演奏は、堂々として本当に立派なものでした。

見事に予選通過!
Aちゃん、おめでとう




次のレッスンでさっそく本選の曲を渡して予習をすると
もう、一心不乱に譜読みして弾き続けます。

予選できちんと自分のがんばりの結果が出たことで
自信がついたかな
Aちゃんがとってもまぶしく見えました♪


本選までは期間が短いので心配していましたが
これならきっと、大丈夫!


また次も頑張れるように応援していこうと思います。

皆さまもどうぞ、Aちゃんを応援してあげてくださいね♪
  下の虹色ボタンをぽちっと!
 ↓ よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。