スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイレッスン~シューベルトさんこんにちは♪~


木曜日、教室はお休みの日。
久しぶりにマイレッスンに行きました。

まずはバッハ、平均律から。
師匠の下について、インヴェンションからやり直してきましたが
最初の頃はなかなかバッハらしくなりませんでした。
これでもかっというくらいダメなところがあって…
音の聴き方、出し方、考え方…一歩一歩ていねいにご指導いただいてきました。

あれから数年。
今回はなんと、「うん、よく弾けてますよ!」と言っていただき
あまりダメ出しもなく、なんと1回のレッスンでするっと合格をいただけました
やっと、これまでのことが実を結び始めた??
いえいえ、油断は禁物。
よく聴いて、よく考えて…次の曲もまた丁寧に取り組まなければ!と気合を入れています。


次にシューベルトのソナタ。
シューベルトは即興曲と楽興の時しか弾いたことがなくソナタは初めてでした。
シューベルトらしい美しいメロディなのですが…
  ・・・ん?・・・んん?
  こ、これはどこに向かいたいの?
  え、あれ?ここでそう来る?

なんだかつかみどころがないというか…
曲もいまひとつ流れていかない状態で途方にくれました。

 先生、なんだかよくわからないんです。
 そうかもしれませんね…でもまずは、弾いてみましょうか!

ということで、1,2楽章まで。

ここからがミラクル!
いくつかのアドバイスをいただき、師匠のリードに従って弾いてみたら…

 ・・・あら?なんだか、楽しいよ?
 ああ!そうなの!そういうこと!?
 ほっほ~!そう行きたかったわけね、ほ~!


もやに包まれて目の前が見えなかったのに
そのもやがふわ~っと晴れていく感じがしました。

演奏後、師匠が笑顔でおっしゃいました。
 めんどくさい人よね~?シューベルトって。
 私はそこがね、好きなんです。
 この曲が好きならシューベルト弾けると思いますよ。
 これが嫌いなら、やめておいた方がいいかも!


なるほど~。
私はちょっと仲良くなれそうな気がしていますよ、シューベルトさん
どうぞよろしく


そして、最後。
カプースチン、8つの演奏会用エチュードから『前奏曲』。
これ、練習してもしても、1日休むとすぐ弾けなくなっちゃうんです
なんとか通せるくらいまでになってきましたが、まだまだ
6週間後の本番で弾きたいと思っているのですが…間に合うか!?
こんな状態でも、今の私にできることをアドバイスしてくださる師匠。
そして、面白いわ~♪と楽しんで聴いてくださいました。
こんな状態でレッスンなんて申し訳ないな…と思いながら弾いたのに
面白がってくださって、ふっと心が軽く!!
私もこんな空気で生徒さんに接してあげたいと思いました


やっぱりレッスンに行くっていいですね。
自分の見えていない世界が見えてくる。
新しい世界が広がる。
レッスンに通っていなかったら、私きっとシューベルトさんとは
ずっとお友達になれなかった気がします。

また練習が楽しみになってきました



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

しっかり練習でぐんぐん伸びるレッスンノート

レッスンノートについての記事を…と予告してから早10日…
実はこの間に一度書いたのですが、
1時間ほどかけてほとんど書き終えた時にまさかのPCフリーズ
全部消えてしまい、失意のワタクシはそのままPCを閉じたのでした…(笑)


さて。気を取り直して。
私がレッスンノート(のようなもの)を使い始めたのは2011年の秋のことでした。
当時は『練習日記』と呼んでいて、練習したことをフリーで記入する形でした。
その時の様子はこちら → 

そこからあれこれ試行錯誤、2012年度版、2013年度版ときて…
2014年度版制作中…
レッスンノート制作  のんびりラミちゃん
挟み込む日誌にルーズリーフ用の穴をあけながら、表紙をラミネート。
機械?も紙もたくさんなので床に広げて作っています。
もれなく、腰が痛くなります(>_<)

完成~\(^o^)/
2014レッスンノート1  2014レッスンノート3  2014レッスンノート5
いつも大木のようにどっしりと大きな心で、生徒さんたちを見守っていたいなぁ…
という思いを込めた表紙です

中身は少しだけリニューアル。
でも、家で効率のいい練習を、しっかりと、たくさんしてほしいと思っているので
練習方法とその回数を記入していくという基本には変わりありません。
片手練習やリズム練習、ドレミを歌いながらね、とか、
これは大事だから他のよりもたくさん練習しようね…とか。

そして、レッスンでは必ずレッスンノートをチェックしながら進めます。
生徒さんが一生懸命書いてきてくれている、1週間の様子。
ただ書かせて終わりではもったいない!

 ほら、これは毎日10回も弾いているからとても上手になったね
 これは少ししか弾いていないものね? 来週もっと弾けば合格できそうだね
 この日に練習できなかったのね、どうしたの?
 こんなにたくさん弾いたの!?すごいね、かっこいいね!


頑張った時にはしっかりと認めてあげる。
頑張れなかった時はその原因を探し、次週どうしたらいいか一緒に考える。


毎回これをしていることで、
 練習の量と演奏の質に関係がある
 練習をただおさぼりすることを先生は見逃してくれないらしい…

ということを少しずつわかってもらうのです(笑)

それがわかってきた生徒さんたちは1年間でぐんぐん成長しました。
発表会では毎年見に来てくださっている先生に
1年の成長への驚嘆とお褒めの言葉をたくさんいただきました
生徒さんたちが褒めていただけるというのは、本当に嬉しいものですね


生徒さんたち、新しいノートになって、いつもよりもはりきって書いてきてくれています。 
これを今年もきちんと継続できるかどうか。
それは・・・私の声かけにかかっています。
気持ちを引き締めてがんばらなければ


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村






保護者様が答えてくださった『この教室で続けている理由』 ~後編~


さて、後編アップが大変遅くなりました。
ピアノ講師、なかなかの忙しさです(笑)

同じタイトルの前編では、なんとブログ村の注目記事になってしまいまして…
中身のない前振りだけだったのに、申し訳ございませんでした
今度はちゃんと中身ありです(笑)

さて、『この教室で続けている理由』すなわち、
保護者様が価値を感じてくださっているところはどこなのか。
私がふだん心がけていることは、保護者様に伝わっているのか。
そして今後の教室の在り方は・・・・?


いただいた回答を大きくまとめ、いくつかの声を紹介させていただきます。

1.ひとりひとりに合った、丁寧できめ細かい指導
 ・性格や背景の違いなどを考えてひとりひとりに合うレッスンをしてくれている
 ・同じ内容でも子どもの性格の違いに合わせて声のかけ方を変えているのに驚いた
 ・厳しすぎず、待ってくれるからピアノが嫌にならずに続けられる
 ・優しいだけではなくダメなときは厳しくダメとはっきり言ってくれる
 ・出来るまで待って見守ってくれる

   私がいちばん心がけているところ!
   そのためにコーチングも学びましたし、
   子どもの発達段階についての本などでも勉強しています。
   この生徒さんにに”いま”必要なものは何なのか、
   どこまで求めるのか、あるいは求めないのか、常に考えています。
   これが伝わっているというのはとても嬉しいです!



2.ピアノレッスンを通じて人としての成長も促してくれている
 ・レッスンを通してピアノだけではなく人として成長していくために
  必要なことを教えてもらっている
 ・レッスンを通じて子どもの心の育ちにも心を配り大切にしている
 ・細やかな指導、研究熱心な先生のもとで、
  子どもがピアノを通して様々な面まで成長していけると実感したから

   私の発表会プログラムの一番最後には
   「ピアノレッスンを通じて音楽の楽しみを伝え、さらに
    努力することの大切さやがまん強さ
    目標に向かう強い気持ちも育てていきたい・・・
    それが今の私の願いです」
   といつも印刷しています。
   人生のうち最も成長が大きい時期の10年間一緒に過ごすのです。
   人としての成長のお手伝いもできたらどんなに嬉しいか!!



3.確実に上達している
 ・良く指導してもらえて上達した
 ・確実に上達している

   人としての成長はもちろんのこと、
   やはりここはピアノ教室ですから、ピアノも上達してもらいたいです。
   そのためにできること、教材研究や指導法の研究には
   常に取り組んでいこうと思っています。



4.イベントが楽しい・横(生徒同士・保護者同士)のつながりがいい
 ・発表会やクリスマス会での横のつながり、手作り感がとても好き
 ・保護者同士の雰囲気に温かみがある
 ・イベントが楽しい
 ・クリスマス会や発表会が充実していて楽しめる

   どうしても個人個人になりがちなピアノ教室。
   でも、なにか辛い時に(生徒自身も保護者様も)
   一緒に頑張る友達がいたら、乗り越えることができるかもしれない。
   いいことがあった時には一緒に喜び合う友達がいたらきっと100倍嬉しい!
   なのでイベントにはお母さまにも積極的に参加していただき、
   仲良くなってほしいと思っています。
   そして、この保護者様の温かい雰囲気は
   自称後援会長のお母さまが上手に作ってくださっていて
   また、他の皆さまもこころよくご協力くださるからこそ、なのです。
   ありがとうございます。



5.先生が面白い・好き!・人柄に惚れて
 ・レッスンが楽しい、先生が面白い!
 ・練習は面倒な時があるようだけど、先生が面白くてレッスンが楽しい
 ・先生の人柄とレッスン内容がとても好き
 ・ピアノが好き!先生が好き!

   ふっふっふ…
   面白い、と言われるのはかなり嬉しいものです。
   好き!も…もう自分の子はすっかり大きくなり、
   どちらかというと、あまり寄らないでほしい…
   というオーラを醸し出していますので…
   生徒さんみんなが、私の子どものような感じです♪
   いや・・・・孫、かな・・・・(^_^;) 



6.その他
 ・家での練習について悩んでいたが温かい発表会を見て心動いた
 ・コンクール等のサポートが手厚い
 ・6年生まで続ける約束をしたから

   何事にも心をこめて取り組むと
   きちんと伝わるものがあるのだな…と嬉しくなりました。
   6年生までは…と決めている方にも、
   ずっと続けたくなるようなレッスンを提供できたら…と思います。




さて・・・・・
世界中に向けて盛大に自分を褒めてしまいました
もちろん、私が読むこと前提で書いてくださっているわけですから
お世辞がたくさん盛られていることはわかっています。
でも、お世辞を盛るにも、皿がないと盛れません。
私が目指していることは最低限伝わっている・・・
そこは自信を持っていいかな…と思っています。



これからも個人教室の強みを最大限生かして
生徒さんひとりひとりにきちんと向き合っていけるようにしたいと思っています。

そのためにこれまでも、そしてこれからも大活躍しているのが
自作のレッスンノートです。

今年度もまた全員分を作りました。
そのことについては、また次の記事で書こうと思います。



長い記事に最後までお付き合いくださいましてありがとうございましたm(__)m



ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。