スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンでの悔し涙は成長のチャンス


がんばったのに。
がんばっているのに。

・・・うまく弾けない。

こんな時、どんな気持ちになるでしょうか。



きのうのレッスンでも、何度かチャレンジしても同じところでつまづいてしまう生徒がいました。
だんだんお顔が曇り…
そして何度目かを弾き終えたところで涙…

  悔しいね。
  悔しいよね。


うなずきながら泣き続けます。
でも、泣いちゃいけない…と思いながら泣いている様子。

  いいんだよ、泣いても。
  悔しかったらいっぱい泣いたらいいよ。


声をあげてしゃくりあげるほどに泣き出しました。
背中をさすってあげながら少し落ち着くのを待ちます。

  お話、聞ける?
  うん
  がんばったのにできなくて悔しいよね?
  うん
  悔しいけど、そんな時はやっぱりたくさん練習するしかないんだよ
  うん
  できなかったらできるまで諦めないで練習するの。
  何日かかってもいいのよ。

  うん
  それをずっとやっていくとね、ピアノは上手になるんだよ
  うん


できなくて泣いている子に
それを乗り越えるのにはやっぱり練習しかないと伝えること、
厳しいと思われますか?

彼女は悔しくて泣いています。
弾けている自分でいたいのに、それがうまくいかない。
上手に弾きたいと思っているからこそ、涙が出ます。

ならば、上手に弾けるようになるにはどうしたらいいのかをきちんと伝えるのが先生の責任。
その場をおさめるためだけに、耳触りのいい優しい言葉だけをかけたのでは、彼女の悔しいという気持ちは無駄になってしまうと私は思います。泣いている小さい子にあえてこういうことを言うのは私もちょっと苦しいですけれど。

彼女はゆっくり育っていくタイプ。
私は3年とか5年とかのスパンで成長をとらえますから、ここで今日これが弾けなくてもたいした問題ではありません。
でも、悔し涙を流すというタイミングは成長のチャンス、今、この時を大切にしたいのです。

帰り際、お母さまにもお話しました。
お母さまも私と一緒に、決して焦らず、かと言って甘やかすわけでもなく、ゆったりと彼女の成長を見守ってくださっています。
「今週もがんばろうね」とお母さまに声をかけられて、ぴとっとお母さまにくっつきながらうなずいた彼女。

きっと来週、違うお顔を見せてくれると思います。

先生、楽しみに待っているからね





今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

録音すると…衝撃!

台風11号、猛威を振るっていますね。
みなさんがお住いの地域は大丈夫ですか?
災害にわりと強い入間市ですが、きのうは駅前ロータリーが水没したり国道脇が崩れたり…大変なことになっていたようです。


そんな中、私は清瀬に車を走らせていました。
道路はところどころ川のようになっていて、ざばざばざばざば~っと水の中を走るような状態になったりしつつ、なんてことなく無事に到着

日曜日に発表会をする友人との連弾合わせです。
毎年、連弾の相手として呼んでいただいて、もう何年目でしょうか…?
生徒さんたちも顔を覚えてくれて
「よっ!元気だった?」「ふるうちセンセー!」
のように気軽にお話できるようになりました


演奏するのはクラシック1曲とポピュラー2曲。
いつもPrimo(音の高い方)担当の私でしたが、今年はポピュラー2曲をSecond(低い方)担当。
Secondはリズムの刻みが多くてなかなか難しいです。
左手でチョッパーベース、右手でギターのカッティング…というニュアンスを出したいと思い奮闘しますが…さて、どうでしょう?

きのうは最後の練習ということで、二人とも気合いを入れて頑張っていましたが、やはり客観的な耳がない状態で練習していると、???になることもあり…

録音しました。

録音する、というだけで緊張するんですよね。
小心者なので。

録音したからには、もちろん聴きますね♪
自分の演奏を録音したことがある方ならおわかりかと思いますが…自分が思っているのと違う演奏が聞こえてきたりしますよね
そうなることはわかってはいたんですけれども…
それでもやはり、衝撃を受けます

 へ、下手すぎる
 な、なんだこのリズムは!
 あ~…バランスが…
 停滞しているなぁ…



さまざまな問題を発見し、二人で顔を見合わせて苦笑い




う~む。
こ、これはどうしようか…
あーだこーだ修正しつつ、少し開き直りつつ…
ポピュラーは”ノリ”と”冷静な耳”の両立が難しいなぁ、なんて思いつつ…


な、なんとか練習終了。
というか、時間切れ。
…とともに気力体力の限界



でも、午前中の練習よりもう~んと良くなりましたヨ。
当日は楽しく演奏できそうです♪


日曜日、まだ台風が北の方にありそうな予報ですが…
きっと大丈夫!
いい一日になるように、演奏も、お手伝いもがんばります




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

チェルニーではつきにくい力

今日も暑い1日でしたね。
レッスン室に入ってくる生徒たち、みんな赤い顔をして、ちょっとお疲れモード。学校でプールに入った子は、もう、レッスンに来るだけでえらいっ!と思えるほどの疲れっぷり。
夏休み前だから持ち帰る荷物が多くて・・・と
嘆いている生徒もいましたよ(笑)
みんな、お疲れさま


私はと言えば、
相模原まで山本美芽先生のチェルニーのセミナーに行きました。

シリーズ第3回の今日は
 『やさしい20の練習曲』~30番練習曲集の前に~ 成田稔子編
これを題材に、数あるチェルニーの練習曲で学べるテクニック・学べないテクニックについて、参加者も経験談をわいわいがやがやとお話しながら学びました。
(注:美芽先生のセミナーなのに、なんだかみんながしゃべっています


チェルニーと言えば、私が学んできたころは練習曲の王道で
100番練習曲、30番…40番…50番と進んで行くのがふつうでした。
これをこなしていくのは、それなりに大変なことです。
この4冊合わせただけでも220曲もあるのに
それだけやっても学びきれないテクニックがあるなんて…
ちょっと悲しいですね…

例えばオクターブ。それから和音、ポリフォニー…

あら、その先のピアノ人生にとって大切な要素ばかりじゃないですか!

これは、きちんと先を読んで、
早いうちに計画的に補うことをしていかないと
ショパンやリストを弾くようになった時に困ってしまいますね…
困るだけならいいけれど、手を痛めてしまうことも。
実際、私もショパンやリストを弾いた大学時代、
腱鞘炎になってしまったことがありました。
参加の先生方も、多かれ少なかれそういうご経験があったそうです。



今、私はこのチェルニーを何人かの生徒に渡しているわけですが
その”補う”ということがちょっと足りていないのでは?と反省しています。
ポリフォニーは以前から言われていたことでしたから
バロックの曲で補ってきましたが、オクターブや和音は…
手が届かないうちは仕方ないと思っていましたが
その生徒が届く幅、例えば6度でも練習できますものね。


生徒に教材を渡す以上は、
その特性についてきちんとわかっておかないといけません。
導入期の教材についてはかなり研究したつもりですが
チェルニーはそのように考えてみたことがありませんでした。
自分がやってきた記憶が残っているので、
順番通りにやっていくことが当たり前と思っていたのですね。


あぶないあぶない。
ここで気付いて良かったです。

やっぱりいつまでも学ぶこと、大切だなと思いました。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村






プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。