スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯能ステップが終わりました!


タイトルは、いかにも『今日終わりました』風ですが
実は日曜日に飯能ステップが終わってからもう3日(笑)

月曜日はベルサークルとステップの片付けで休息日にできなかったので
火曜日だけは「絶対に絶対に仕事はしない!」と決めてのんびりと…
そして今日は銀座まで行って拍子についてお勉強してきました
明日はステーションでの反省会。
あさっては詩音の会の打合せ。

…あ、あれ?
ステップ後はのんびりするハズ…だったのに…
完全オフは火曜日だけ??(笑)
ま、ピアノの先生の日常なんてこんなもんです。
レッスン以外の、細々した仕事がたくさんあるんですね。




ステップでは、
インカムを付けてステーションスタッフとしての仕事をしながら
生徒たちのお世話をし、自分もトリオで演奏して…
一瞬たりとも気が休まる時間はありませんでした。

でも、
運営2年目でまだ不慣れな私たちを温かく見守ってくださるアドバイザーの先生方と、
たくさんの子供たち、そして大人と最後までにこやかに共演してくださった弦の先生方と、
お忙しい中、当日スタッフとして駆けつけてくださった方々の「できることは何でもやるからね!」という温かい気持ちと、
子供たちのいい笑顔と保護者さんたちの一生懸命なサポートと、
シゲルカワイのすばらしいピアノの音と、
ステーションスタッフとして共に頑張ってきた仲間のチームワーク…

こんなにもたくさんの”温かい心”に囲まれて
ステップを無事終えたこと、幸せな気持ちでいっぱいです。

アドバイザーの先生には、
「こんなに最後までスタッフさんが笑っているところは珍しい」
と言っていただきました。
当日スタッフ含め、みなのチームワークの賜物だと思います。

これからもステーションスタッフ5人で力を合わせて、
来年のステップがさらに良いものになるようにがんばっていきます。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

いよいよ飯能ステップ


今日は9時から20時半まで、
飯能ステップのリハーサルをしていました。

シゲルカワイを運び込んでのステップ。
20160625シゲルトラック
彼はシゲルカワイ専用の空調できっちり管理されたトラックでやってきました。

20160625シゲル搬入
足やペダルをつけてくださっています。
はずれるんですよ、足とかペダルって(笑)

飯能ステップのために運び込んだこのピアノは、
シゲルカワイSK-EXの50号機。
前々回のショパンコンクールで使用された経歴を持っています。
リハーサルで弾いてみましたが、
それはもう素晴らしいピアノで…
ポーランドの空気をまとい、
世界で活躍するピアニストたちが弾いたピアノを
実際に弾くことができる今回の参加者の皆さん…
ちょっと自慢できちゃうかも!?



今日のリハーサルでは
運営のこと、司会原稿のこと、
生徒のお世話、そして自分の演奏と
やることがたくさんありましたが、
どれもこれも、やはりリハーサルをしておいてよかった!と思います。

ただいま、リハーサルで出た問題点を修正した
司会原稿などを作成中です。
リハーサルで確認できたことで
明日はもう少しスムーズにできるのではないかな?と思っています


今日はハイなのか、まだ眠くなりません♪
もうひとがんばり!!

そして明日は、参加者のみなさんに
気持ちよく演奏していただけるように力を尽くします!!



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

その子なりの花が咲くとき


ピアノ指導に対する思いはたくさんあります。

 ピアノが上手になってほしい
 音楽が好きになってほしい
 音楽を楽しんでほしい
 ピアノを通していろんな気持ちが育ってほしい
 情緒豊かな心を持ってほしい
 ・・・・・・

そのために
指導法を研究したり
子供の心理を勉強したり
コミュニケーションの方法を勉強したり…
でもこれは私の勝手な思い。
私が思うレッスンを提供するためにやっていること。



レッスンを受けるのは
さまざまな性格を持ったひとりひとり違う子供たち。
ですから、同じ私という人間が接していても
生徒と私の間に生まれる空気はみな違います。

ひとりひとりが、その子なりの輝きを放つように
その子なりの花を咲かせるようになるには
どう働きかけたらいいのか…
悩みも多いですが
悩んだ分だけ、やってきた分だけ
花開こうとしている生徒を見たときの喜びは大きいのです。



小さいころ、あまり練習が進まず
のんびりのんびり進んできた生徒がいます。
その生徒が、高学年になって急に変わり始めました。
レッスンに向かう様子、家での練習、
すべてに変化が見えてきました。


練習があんまり好きじゃないと言っていた生徒。
最近では空いた時間に
ピアノを弾くのが楽しいんだ…と
話してくれました。
音色や歌い方がぐんと変化してきました。


二人とも、
ゆっくりではありますが
少しずつ自分の花を育ててきたんですね。
なかなか練習が進まない時期がありましたが
そこで大人があきらめることなく
続けてきたからこそ開こうとしている花です。


花開くまでには苦しいこともたくさんあると思います。
でも、そんな時期も含めて
ずっとずっと見守っていきたい…
その子なりの花を咲かせるまで
保護者の方と一緒に見守っていきたい…

最近、そういう思いをさらに強くしています。



さて。
明日は飯能ステップのリハーサル。
そしてあさっては本番です。
年齢さまざま、たくさんのピアニストの
いろんな花を楽しみたいと思っています♪



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。