キックボードを遠くに進めるように弾いてみよう


ピアノを教える教師にとって
どのように言えばより伝わるか
ということはとても大切なことです。
いくら自分自身がすばらしいテクニックと感性の持ち主でも
それを相手に伝わるように言葉にできなければ
レッスンはうまく機能しません。

教える相手が子供の場合には
よりその【言葉のテクニック】を求められるだろうと思います。

・・・・・・なんて言うとちょっと大げさですが
要するに、子供にわかりやすい例えで伝えられるかどうか、
そこにかかっていると思います。



ラーニングトゥプレイから、『こもりうた』を練習している生徒。

こもりうた楽譜


曲の冒頭、P(ピアノ=弱く)で始まっていることを意識して
とてもきれいな音を出しました。
でも、ちょっと惜しかったのは
右手も左手も同じ音量、同じ音色。
・・・・・・うむ。

 くん、最初きれいな音が出たね。
 でも左右がまったく同じに聞こえたよ

 え?あ、そうか右がメロディーだから強くだ

すぐにまったく同じではいけないことに気付いて弾きなおします。
音が出たときのバランスは少し良くなりました。

でもそれだけでは物足りない。
曲の出だしって本当に大切です。

 いまの音はきれいだったね。
 もう少し考えてみてほしいんだけど、
 最初の音ってそれぞれ何拍分の音符?

 右は3拍、左は1拍
 …だね。右は3拍分音が進んで
 次のミの音につなげていかないといけないね?
 ちょっと考えてみて?
 キックボードでちょっと進みたい時と遠くまで進みたい時、
 足の蹴り方は同じ?

 いや、遠くまで行きたい時はこうやってグッと蹴るけど
 ちょっとの時はサッと
(実演してくれました(^^♪)
 だよね。3拍分進むには1拍の時と違うエネルギーが必要だよね。
 そんな時ただ音を強く弾こうとするだけでいいのかなぁ?

 あ、なんか、ぐ~んっていう感じで弾いた方がいいかなぁ?
 うん、先生はそう思うけど、どう?
 やってみる!

音色の深浅を言葉ではうまく表現できませんが
最初に弾いたときとは全く違う
温かくよく響く音で弾けました。


彼の場合はこの例えで伝わりましたが
これが誰にでも伝わるわけではありません。
 ボールを遠くに投げる時と近くに投げる時、とか
 遠くにいる人を呼ぶときと近くにいる人を呼ぶ時、とか
 砂場の砂をたくさんすくう時とちょっとすくう時、とか
子供の生活の中にある状況から
その子が実感として分かるものを探し出して伝え、

 わかった!!

と目が輝いたとき、

 よっしゃ~!

と心の中でガッツポーズするワタクシなのです




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

ステップで弾きました~日記風味

10月2日、日曜日…ステップの朝。

前日はまだ 「明日弾くのか…」と、じと~っ と重い気持ちを持っていました。
ところが、朝起きてみたらいいお天気
「ちょっと今日、いい感じじゃな~い??」
な~んてテンション上がってしまい、
朝のウォーキングまでしちゃいました!
なんてわかりやすい性格なんでしょう(笑)
ステップの朝 


午前中は家事などをして過ごし、
午後になって少しだけ練習。
もっと練習したい気持ちもあったけれど、
当日弾けば弾くほど焦るのもわかっているので
あえて少なめに。


当日は、同じ西武線沿線から参加する
お友達先生たちと電車で待ち合わせ。
会場へ向かう車中、ふだんは
教材の話や指導方法の話など、
《先生》としての話が多いのですが
今回ばかりはその余裕もなく(笑)
お互いに励まし合い、
がんばろうね!今できることをしようね!
と確認し合い、自分を励ましながらの道中でした。



会場はそれほど広くなく、50席ほど。
スタインウェイ様が前にでで~んと。

プログラムをいただいて、受付をして…
刻々と迫る演奏時間に
心臓はもう破裂しそうなイキオイでばっくんばっくんしているわけです。
いやでも…気のせい気のせい…
いつも通りいつも通り…
いま自分にできることをするんだ…


そして、自分の番。
なんだかいろいろ焦っているうちに終わってしまった感じで…(^_^;)
( 詳しくはこちら → 演奏編 )
演奏直後はそれはもう打ちひしがれて…

でも…
私の次の男性が、
本当にこの曲が好きなんだろうなぁ…
という様子で演奏されていて…
それを見ていたら
音楽ってこういうもんじゃないか…と。

もちろん、深く深く学んでいくのは大事なのですが
この曲好き!
という気持ちが溢れているものなんじゃないかな…と。

それに対して私は…
技術的なことばかり気になって
この曲が好きっていう本来の気持ちを忘れていたのかも…

いろいろ考えながら聴いているうちに
小さいことなんて、気にならなくなっちゃいました!

忙しい中練習して、
今日このステージに立てたということに意味はあるはず。
うん、私、がんばったじゃないか!
今日の経験を元にまた頑張ればいい…
ただ、楽しむことは忘れずに…

帰りは妙に清々しい気持ちになって
またまた西武線沿線仲間の先生方と
今度は軽~い足取りと軽~いお口で
たくさんおしゃべりしながら帰って来たのでした♪


そしてその後の練習。
本番効果でしょうか?
なんだかいい感じに出来ています~!


教室のハロウィンイベントと
自分の練習と
そしてもちろん通常レッスンと
家事と…
忙しいけれど、もう少し走り続けま~す!



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

ステップで弾きました~演奏編

10月2日(日)、南新宿ステップで
シューマンの『カーニバル』を演奏してきました。

南新宿ステップ


なかなかうまく弾けなくて苦しんでいたころ
から
少~しだけ光が見えてきたころ
を経て、いざ本番。

正直なところ、
過去の本番で直前にこれだけ不安なことはありませんでした。
10月末を見据えての今なんだから
今できることを精いっぱいやってこよう…
そう考えるようにしてみても
やっぱり封印できない不安と緊張。


でも、どんなに不安でもその時はやってくるんですよね…
あぁ…時間って残酷


座って、ペダルを確認して…呼吸をして…
華々しく最初のフレーズを!!

あ~ピアノくん…君はそう来るか…
    会場内で他の方のを聴いているときと
     全く違う響き方で自分に戻ってきました。

ペダルも…そうか…そうなのか…
    微妙なコントロールがとても難しいです。


ピアノにはいろんなクセがあるので
本当は瞬時にそのクセに対応したいのですが
今回はそれがなかなかできず
ふつう演奏しながら考えたり感じたりしている
 演奏の流れと、細かい部分の表現
に加えて
 このピアノ君と仲良くする方法!!

のようなことをず~っと考えながら弾いている…
というような状況に陥ってしまいました。

緊張していて、しかもまだ完全に手のうちに入っていない曲を
こんな状況では……
結果、音を外したり飛んだり…


でも……でもっっ

自分なりに ここは!この部分は!
  思い入れのある部分はいい感じで弾けたし
うまくいかないなりにもなんとかコントロールできたところもあるし
緊張するとここが落ちるのか…とわかったし
最後まで弾ききる気力と体力が足りていないこともわかったし

収穫はたくさんありました♪
この収穫を得るためにチャレンジしたのですから、
これは素晴らしいことなんですっ!!
 (負け惜しみじゃないよ、断じて 笑)





アドバイザーの先生方からは
とても温かいメッセージと今後の練習に即役立つ
アドバイスをたくさん書いていただきました。
そしてこれまでにいただいたことのない良い評価を!
きっとこれは、フィナーレで玉砕しながらも
最後までなんとか弾ききった私へ
ごほうびをくださったのだと思います(笑)


思った通りの演奏…というわけにはいきませんでしたが、
それでも、「出てよかった!弾いてよかった!」と
清々しい気持ちになり、
がんばった自分をちょっとだけ褒めておきました


次回のブログはステップ番外編です♪



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪