FC2ブログ

わかると楽しい!!


ちょっと想像してみてください。
新しい習い事、ワクワク始めてみたのによくわからない…
これほどつまらないことはないと思いませんか?

誰でも「よくわからないこと」は
急激に興味ややる気を失っていくと思うのです。
(ここで「わかるようになってやる!」って思う人は素晴らしい!)


小学校低学年のMちゃん。
音楽を習っていましたが、そこをやめて移動してこられました。
音楽は大好きだし、歌うことも好きだけれど
音符の読み方はよくわからない…
練習ってどうしたらいいのかよくわからないから
家ではあまりしない…

もったいないですね。
せっかく大好きなのに。
上手になる力を持っているのに。
いま、読譜の仕組みをイチから勉強しなおしています。

ある日。
 「いっぱい覚えることあるよね?大変?」
 「うん、大変だけど、わかるから楽しい!」

嬉しかったですね!
わかることが楽しいと感じてくれている!
その気持ちがやる気につながっています。
1週間に17ページもの自主勉強!
20180727みすず4
20180727みすず3

 「ト音記号の書き方の歌を覚えたから
  ト音記号が上手に書けるようになったんだよ!
  これとこれ上手ってお母さん言ってた!」
ふふふ。とっても嬉しそう!
せんのじゅもんを覚えてからは音符読みも少しずつはやくなってきました。

『わかること』は楽しいです。
楽しければやる気につながっていきますね♪

最近、練習時間がぐ~んと伸びているMちゃん。
これからがますます楽しみですね。
いっしょにがんばりましょうね♪


♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

教室のホームページはこちらです

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


子どもたち憧れの奏法~装飾音符~を素敵に!

ピアノを習う子供たちには
憧れの曲というものがありますね。

いちばん多いのはやはり『エリーゼのために』でしょうか。
あとはモーツァルトの『トルコ行進曲』や
『ノクターン』などショパンの曲全般。
最近はディズニーの曲なども増えてきました。

それと同じように
子どもたちには憧れのテクニック、というものがあります。
それが 装飾音符 です。

なかでも 短前打音 は
子供が弾く曲の中でも比較的早いうちに登場し
なおかつ、なんだか上手になった気分になれる
装飾音符のアイドルのような存在です。



冒頭でちょっと音をひっかけているような感じ。
これが短前打音です。

私も小学生のころ短前打音にときめきました。
初めて弾いたのはバイエルだったでしょうか。
その後このトルコ行進曲を弾いて
なんだか上手になったような気がしてとても嬉しかったのを
今でもよく覚えています。



これを弾くには手がいい状態に脱力されていないとうまくいきません。
変な力が入っていると、小さくひっかけるようにならず
とっても存在感のある装飾音になってしまうのです。
そうならないように、こんな声かけをしています。

  「装飾って何か知ってる?」
  「わかんない~」
  「飾りのことだよ。飾りだからあまり目立ちすぎては素敵じゃないの。
   もし○○ちゃんの髪のリボンが
   (手を大きく広げながら)こ~んなに大きかったら
   ちっとも素敵じゃなくなっちゃうでしょう?」
  「あははは~!それ、変!!」
  「だよね~、そうならないように弾こうね」

       

脱力は今日明日の練習でできるようになるものではありません。
力を込めて弾くクセがついてしまってからでは直すのが大変ですから
導入期からの指導が大切です。

教室では、教材の中での指導はもちろん
大きなお手玉を使って脱力の感覚を得てもらうような
楽しいアプローチもしています。
ピアノに向かうだけではない、
あの手この手のアプローチもピアノレッスンでは大切な時間です

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

教室のホームページはこちらです

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



生徒たちの様子と私の強み


今年の夏は異常な暑さですね。
言うまいと思ってもつい最初に口をついて出るのは

 暑いね~

上気したお顔でやってくる生徒たちのために
レッスン前から廊下までエアコンの風が届くようにして
少しでも涼しくお迎えしようとしています。
入ってきた時の「涼しい~」という
ホッとしたお顔がかわいいですね。

♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

春~夏にかけて
生徒たちはそれぞれのペースで頑張っています。

・中学生になって時間の使い方を工夫している子
・塾に行くようになって忙しい中なんとか続けようと頑張っている子
・コンクールに向けてひたむきに頑張る子
・少しでも教本を進めようとたくさん練習する子
・初めてのピアノレッスンにワクワクする子

ピアノとの関わり方はひとりひとり違います。
それぞれのピアノへの関わり方に寄り添った指導ができる、
それが私の強み。


さらに、子どもの性格っていろいろですね。

・の~んびりした子
・好奇心いっぱいで落ち着かない子
・なかなかおしゃべりが止まらない子…etc.

どんなお子さんでも受け止めて
続けていけるようにサポートする。
これも私の強みです。


いろんなタイプのお子さんと関われるって楽しいんですよ。
毎日毎日、いろんな発見があるんです。

さ~て…
今日のレッスンではどんな発見があるかな…


♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪    ♪♪♪♪♪

今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


教室のホームページはこちらです

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪