金八先生みたいな装飾音!?

きのうレッスンに来た生徒さん。

ソナチネの2番(クーラウOp.20-2)を弾いています。
コロコロと表情が変わって楽しいけど、弾くにはちょっと弾きにくいかな。

でも一生懸命練習してありました。


少し直した方がいいところなどをレッスンしながらさしかかった55、56小節目。
 (楽譜をお持ちの方はどうぞご覧ください
p(ピアノ)の領域で出てくる軽やかな sf(スフォルツアンド)の複前打音。

ここのsfがいまひとつ生かされていないのでちょっとアドバイスのために弾いて見せたところ・・・・



「くっくっくっく・・・・・うひゃ、うひゃひゃひゃひゃ・・・うはははひ~・・・」


突然おなかを抱えて笑い出した生徒さん。

え?えええ?どうしたの?


「だって・・・くっくっく・・・今の・・・くくく・・・金八先生みたいなんだもん。ぎゃはは!」


き、金八先生!?


素早く、タララッて弾く感じが、
金八先生が話す時によくやる 

 「耳に髪をかけながら首をふって髪をぶんっってやるところ」

の雰囲気なんですって。
わかりますか?
モノマネとかだと必ずロングヘアのかつらかぶってやってますよね。
あれです。


え~!?

と一瞬思ったんですが・・・・・


う・・た、たしかにそうかもしれない・・・・


二人でひとしきり大笑いして。



さらに展開部冒頭の和声が次々変化しているところは

「ちょうちょみたい。どっちに飛ぶんだかさっぱりわかんないんだもん」

だそうで、子どもの発想の面白さに感心しちゃいました。




これからソナチネ2番を指導するたびに、私、これ思い出すんだろうなぁ・・・
で、ひとりで「くぅ~っ」てなって
「先生、変~」とかって言われるんだろうなぁ・・・


励みになります♪ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪