「ありがとうございました」の意味

あいさつって、大事ですよね。

うちの教室でも、
  こんにちはから始まって
  月謝袋を渡す時の よろしくお願いします
  レッスンが終わった後の ありがとうございました
など、必要な場面では必ずあいさつすることを教えています。

そんなこと、当たり前すぎて・・・
特に考えることもなくこれまで自然にそうしてきたんです。




火曜日、こんなことがありました。

小学校1年生の生徒さんが、
レッスン後にいつも通り 「ありがとうございました」 と言ってから

「あ、先生、ちょっと待って、やり直し・・・・えっと・・・・

 先生、ピアノの練習を教えてくれて、ありがとうございました!! 

と言い直したのです。


おおお~
なんだかじわじわと感動。
そうよね、ピアノのレッスンをしたことに対しての、ごあいさつなんだ。



何に対して「ありがとう」と言っているのか。
それがわかっている子はきっと、レッスンという場・時間をおろそかにしないんじゃないかな。


ただなにげなく「ごあいさつしようね」って教えていたけれど、
 
 どうしてあいさつするのか、

という意味もいっしょに教えていかないとなぁ、と思った出来事でした。




ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになります。頑張ります。
押した先ではたくさんのピアノの先生のブログを読むことができます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪