スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清々しいあいさつに想う…伝え続けることの大切さ

先週くらいから、クリスマス会の楽譜を少しずつ渡しています。
今年のクリスマス会のテーマは『アンサンブル!連弾!』。

連弾は、知っている曲でもアレンジによって全く雰囲気が変わるので
渡す時には出来る限り聴かせてあげたいと思っています。

でも簡単な楽譜なら適当に音を省きながらひとりで弾いてあげられるけど
ばっちり4手使うような曲はやっぱり無理がある

・・・というわけで、便利に使われているのが家にいる中学生の娘1号です


先週、ある生徒さんのレッスンで、やはり娘に相方を頼んだ時のこと。
娘がレッスン室に入ってくると 「よろしくお願いします

聴いている間はキラキラした顔で「すご~い!すご~い!と嬉しそう。

演奏を終えて娘が引っ込もうとすると  「ありがとうございました

おおおっ!!
こんなに清々しいあいさつ
久しぶりに聞いたぞ!


素晴らしいですね!
自然に出てくる明るく元気で清々しい、そして心のこもったあいさつ。

ちょくちょく引っぱり出されて、時にはめんどくさそうにしていた娘も
「すっごい嬉しかった~\(^o^)/
 ってかさ、あんなにちゃんとあいさつできるってすごい!
 私があれくらいのときなんて絶対もじもじちゃんだったし!」
と現代っ子なりの表現で驚き、喜んでおりました。



今週、その生徒さんに、
  娘が喜んでいたこと
  きちんとあいさつが出来て素晴らしいと思った

ということを伝えました。

彼女は照れくさそうに笑いながら
 「だって、ちゃんと言わないとお母さんにすっごいおこられるもん」

 「わはははは。そうね。お母さんだったらみんなそうね。
 でもあなたが素晴らしいのは、お母さんがそこにいなくても
 心からのあいさつができるということよ。
 厳しく言ってくれたお母さんに感謝だね!」


 「うん


あいさつというのは習慣ですよね。
子どもにきちんとした習慣をつけさせるには

大人があきらめることなく根気よく伝え続けなければいけない
のだと思います。 

  何回言ってもできないからもういいや
  もう小学生なんだから言わなくても自分でできるだろう
  中学生なんだからあんまり言ってもねぇ…

と伝えることをやめてしまったら、その時点でストップしてしまうことがほとんどです。

くつをそろえる習慣、あいさつする習慣、
歯磨きする習慣、そして、練習や勉強をする習慣。

「いったいいつまで言い続ければいいの~…?気が遠くなる…」
とお思いですか?(笑)


・・・・では、これでちょっと勇気が出るかな?
私、高校生の息子にいまだに
「靴をそろえなさい!」と言い続けています(げんなり)
いいかげん言われないでもやれ~~!!





母親業もぼちぼち頑張る私に愛の手を~
ぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。