スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らないで。でもあきらめないで、怠けないで。子どもの自信のために。

今、私の教室では導入期の生徒さんがたくさんいます。


自分の指にいうことをきかせる練習中だったり
  3!
  あれ?それは4だよ?

音の並びを覚えているところだったり
  Aからステップで下がると?
  う~ん・・・・・F!じゃなくてB!じゃなくて・・・・G!
  はい、3つ言ったよ?ホントはどれ?

5線の音をフラッシュカードで練習していたり
  ラ!じゃなくてファ!
  ざんね~ん、どっちもぶぶ~っ  
  えっ?ド?ミ?ソ?  
  教えてあげな~い。ぎゅーっと考えてごらん

口では言えるリズムが手では打てなかったり
  たーたか うた たかたー たん!
  OK!口はあってる!あとは手に命令しよう
  うん!手!がんばれ!


生徒さんによって苦手なことはさまざまです。
得意なことはもちろんどんどんレベルアップして自信をつけてもらうのですけど
じゃぁ、苦手なことはほったらかしでいいかと言うとそうはいきませんよね。



というわけで、今、

指番号の練習を、ものすごーく頑張ろうね、とか
五線の音をしっかり読めるように頑張ろうね、という子たちが何人もいます。


レッスンではもちろん、お母さまのご協力をいただいて、お家の練習でも一生懸命取り組んでもらっています


でも、小さい子ですし、そもそも苦手なところを克服しようとしているのですから
本人ももちろん、それをサポートするお母さまも時に苦しくなってしまうことがあると思いますモウダメ…


やはり自分の子どもの「できないところ」にばかり目が向いて焦ってしまいますよね。
その気持ちはとてもよくわかります。私も経験しましたから・・・



でも、敢えて。お母さまには

焦らないで、でも諦めないで、怠けないで

とお伝えしています。

じっくり取り組んで見守っていればいつか出来るようになるはずのことも
途中であきらめてしまっては当然出来るようになりません。
継続していれば少しずつでも必ず上達すると信じて
あきらめず、そして怠けずに取り組んでほしいのです。


苦労して苦労して出来るようになった時の子どもの顔…
とてもいい顔をします

その時にその子の中に生まれる自信

それは頑張ったからこそ得られる宝物だと思います。


たくさんの宝物を自分の(そして陰のお母さまの)努力で得て、それを大きく育てていく。


私はピアノレッスンを通じてそのお手伝いができたらいいなと思っています。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです。ありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。