スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいことを言いました

2013年のはじまりと共にスタートした発表会準備。
実は、中学生と小6生だけは冬休み前に曲を渡していました。


今日レッスンした生徒さん。
もうすぐコンクールを控えているので練習の中心はそちらでしたが
同時に発表会の曲も一生懸命練習してくれている様子です。


 じゃぁ、コンクール終わったら発表会の曲を中心にしてね
 
 はい!
 あの~、先生? 発表会の曲、両手で弾いてもいいですか?
 片手でまだ全部は弾けないんですけど、弾けるようになったところから
 順番に両手にしてもいいですか



   (発表会の曲は片手ずつていねいにしっかり弾きこむことで
    いろいろ気付いてほしいことがあったので
    「まだ両手にしないで片手ずつばっちりにしてきてね」と言ってありました。)


うむ。
気持ちはとてもよくわかります。
新しい曲、早く両手で弾いてみたいですよね

それに、この生徒さん、自分なりに練習の手順を考えています。
出来るようになったところから順番に、と。
この意欲、とても素晴らしいですね



でも・・・・・ちょっと私には思うところがありました。

 う~ん・・・それは・・・・・・・わかった、やってみていいよ。
 その意欲はとても素晴らしい!!
 
 でもね、ひとつ条件がある。
 先生が”片手ずつきちんと出来てから”って言ったのはどうしてだと思う?
 その意味をよく考えながら両手の練習をしてね?
 片手ずつの練習で、何が出来なきゃいけないのか。 
 どう練習したら、どう弾いたらいいかよ~く考えてほしい。
 ただなんとなく両手にしてくるんだったら、両手練習ダメ。



両手やってみたいなぁ~センセ、いい
っていうキラキラしていた顔が、あっという間に困惑した表情に・・・


ごめんね、楽しい気分を壊しちゃって。

でもね、もう”小さい子”じゃないんだ。

ただただ、やってみたいな~♪っていう気持ちだけで気軽にやるだけではなくて
じっくりよく考えて地道に取り組むっていうことも覚えてほしかったのです。



 あ、はい。わかりました。  


と言って、この生徒さんは帰っていきました。


彼女にとってはとても厳しい、そして難しいことを言いました。
頑張ってほしいな。



夢を見る、希望を持つことは大事。

そして、それと同じくらい
足元をしっかり見ながら一歩一歩進むことも大事。

私は、そう思っています。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
虹色のボタンをポチッと押して応援していただけると嬉しいです。
ありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村





関連記事

No title

先生のブログは、いつも素晴らしいな~。
厳しい(難しい)ことでも、生徒さん、先生の愛情伝わったと思いますよ(*´∀`*)

ちゃんと、その子の成長において、今何が必要か、見据えてる。
先生がお近くだったら、娘を通わせたいです。

今年もいろいろ学ばせていただきます<m(_ _)m>

ルンルン

ルンルンさん♪

ありがとうございます♪
素晴らしいだなんて・・・・嬉しすぎます(*^_^*)

生徒さんによって成長の仕方はさまざまで、
同じ年齢、同じレッスン歴でも”今”その生徒さんに必要なことって違うのですよね。
無限にある生徒さんの状態にいつでも対応できるように…と思っていますがなかなか難しいですね。

私も日々勉強です。
今年もよろしくお願いします(*^_^*)




> 先生のブログは、いつも素晴らしいな~。
> 厳しい(難しい)ことでも、生徒さん、先生の愛情伝わったと思いますよ(*´∀`*)
>
> ちゃんと、その子の成長において、今何が必要か、見据えてる。
> 先生がお近くだったら、娘を通わせたいです。
>
> 今年もいろいろ学ばせていただきます<m(_ _)m>
>
> ルンルン
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。