スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日記

先週、低学年の生徒さんが練習不足の状態でレッスンに来ました。

ただ、単純な練習不足ということではなく
練習はしているようだけど、中身がともなっていない感じ。
そう、よく考えて練習していなかったので
前回と同じところが同じように出来ないまま。


  出来ないところは何回も部分練習する

これはピアノ練習の基本中の基本です。
口を酸っぱくして言い続けています。
そのための印もつけて、場合によっては付箋をはりつけて回数記録をつけさせたりもします。


でもね・・・・
わかるんです、面倒くさいんですよね、部分練習って
低学年ならなおさら。
だいたいは弾けてるんだもの。
通して弾く方が楽しいに決まってる。

でも、彼女はコンクールを控えています。
コンクールを受けようという人がそういう練習ではいけない。
これまでの経験でわかってても、忘れちゃうんですね。
年齢的にそれは仕方ないこと。


でもここは大事な局面。
かわいそうだけど、久しぶりにお説教をしました(ゴメンネ
そして同時に、練習日記を渡しました。
先生仲間が使ってみて効果が上がったというのを教えていただき
さっそく作っておいたものでした。

   自分がその日に何時から何時までどれだけ練習したか
   練習した内容

これを毎日練習が終わると書き込みます。






そして今週。
その練習日記を見せてくれました。
「がんばったよ!」という誇らしげな顔で

そこにはきちんと
  ○○を50回
  ○○によく気をつけて弾いた
などなどと練習の内容が記されていました パチパチパチ~



演奏してもらうと、それはそれは素晴らしい
別人のようになっています。
「自分で弾いてみてどうだった?」
「ちゃんと練習したからこことかこことか上手に弾けるようになった」
「そうだよね、日記が真っ黒になってるもんね。いっぱい練習頑張ったね」


いい内容の練習をする → ちゃんと弾けるようになる
ということを身をもって知った彼女。
これからはきっと、よく考えて練習してくれると思います。



私の方でひとつ、改善点が見つかりました
フリーで記入するこの日記は低学年にはちょっと難かしかったかな。
最初はとてもていねいに書いていましたが
後半は「部分練習した」「よく考えて弾いた」のようにあまり具体的ではなくなってしまいました。

レッスンで一緒に考えた練習項目に回数や時間を記入していくだけ、という形の
新しい練習日記を作ってみようと思っています。


関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。