鍵盤の理解を楽しく!

春は卒業、入学…
出会いと別れの季節ですね。
去年の今ごろ、ステキな男子生徒くんと引っ越しのためお別れをしました。
そして今年も、かわいい年中生徒さんとやはり引っ越しのためお別れとなりました。

引っ越し先でもピアノを続けたい、というお話だったので
たまたま引っ越し先と同じ市内に住んでいてピアノ教室をしている
私の友達に連絡を取り、新しい先生の段取りをさせていただきました。

どうなるかな(*^_^*)


さて。
その年中さんの最後のレッスンにて

鍵盤の位置というのは考えなくてもわかるように訓練しなければなりません。
この生徒さんはほぼ大丈夫です
鍵盤を指差せば何の音かわかるし、音を言えばその鍵盤をおさえられます。


でも、ホントに大丈夫かいな

いっひっひ。
ちょっといぢわるしちゃおうかな?
(ウソウソ、忘れていないか、時々確認です♪)


そんな時に登場するのが、友達に教えてもらった鍵盤マグネットです♪


 ねぇ~、今日ね、せんせい、変な鍵盤作っちゃったんだ~

鍵盤ボード1

わぁ!!なんだこれは!?
黒鍵が・・・・どこがおかしいか、おわかりになりますね?(笑)

 ねぇねぇ、これおかしいよねぇ?
 うん!だって、黒いのが、全部、あるもん…
 だよねぇ。せんせい、失敗しちゃった!直してくれる?
 いいよ~
 せんせいさ~、ここをね、ドにしたいんだよ~

 じゃ、ここはなしね!!
鍵盤ボード2


うんうん、いい感じ♪

 それから…こうして…う~ん…ここがこうで…それで、それで…

一生懸命考えてちゃんとした黒鍵に!

その後は各けんばんに音を並べていきます。

鍵盤ボード4

英語でもできるけど、今日はドレミでね!

鍵盤ボード3


子どもってホワイトボードやマグネットが好きですよね♪
紙に 「書いて」 って言ってもときめかない時は
マグネットでやってみると喜んでくれることが多いようです

毎度おなじみ
100均のホワイトボードに100均のマグネット。

これならお家でも簡単に作れます♪


鍵盤の理解をもっと楽しく進めたいな~と思っている先生や保護者さん、
ぜひお試しください~




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪