発表会などで子どもに静かにしてもらうコツ

発表会やコンサート、はたまた、何か式典など、
小さいお子さんを連れて行きたいけど、静かにしていられなくて困る
…ということ、ありますよね。

そんなとき、お子さんに静かにしていてもらえる・・・・
・・・・かもしれないちょっとしたコツというか…やり方があります

ただしこれは幼稚園入園以降…くらいかな?
残念ながらそれより小さいお子さんは出口近くに座って、騒いだら出る、しかないかもしれません。あまりお子さんのストレスにならないようにしてあげないとかわいそうですものね。



さて、ではその方法です。
ピアノの発表会だと仮定します。



前日までに「ピアノの音が鳴っている時は絶対にお話しません」と言い聞かせておきます。できれば本番までに「1分間静かにするゲーム」を何回かやっておくといいです。「タイマーがぴぴっと鳴るまでお話しないで我慢よ~!」という具合に楽しく、です♪


当日「音が鳴っている時にお母さんに話しかけてもお返事しません」ときちんと伝えておきます。
そして、本番。
お話してはいけない時にお子さんが話しかけてきたら、お子さまの方をちらりとだけ見て(聞こえているよという合図)指で「し~っ!」というポーズをします。
この時大人は絶対に声を出してはいけません。ひそひそ声でも、です。ここで大人が「静かにしなさい」と“ひそひそと小声で”言ってしまうと“ひそひそ声なら話していいんだ!”という誤ったメッセージがお子さんに伝わってしまいその後もおしゃべりを続ける原因になってしまいます。

・・・・・よく見かけませんか?ひそひそ声で叱っているお母様の声の方が大きくなってしまっている光景・・・・



そして、演奏の合間などに「さっきは何を話したかったの?」と訊いてあげます。これで、演奏の間がまんすればその後聞いてくれる、とお子さんが理解します。


とにかく一番大切なのは、
静かにさせようとして周りの大人が声を発してしまわないということです。
目ヂカラで上手にお子さんに伝えたいですね




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪