スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒自身が成長を感じる時


日々の練習をがんばっている生徒さんは
ペースはそれぞれではありますが必ず成長していきます。

実際のところ、劇的に成長するということはそれほどなく、
じわりじわりと、長いスパンで見てみたら成長しているね、ということがほとんどです。

でもそれって、生徒自身には成長の実感がない場合がほとんどですよね。
それを思い出してもらうために、発表会後に取り組んでもらったのがこちらのシートでした。

これまでの自分とこれからの自分


これに取り組んだことで、自分が成長していることについて気づき、それを口に出して言えるようになった生徒さんたちがいます。
口に出して言えるというのは、それだけ自分に自信がつき、自分自身を認めてあげられている証拠だと思います。



小4の女の子。
前に習っていた教室は耳で聴いて覚えて弾くスタイルだったので譜読みはほとんどゼロからのスタートでした。
それから1年。お母さまと二人三脚でそれはもう一生懸命努力して・・・
先日のレッスンが終わった時、突然こんなことを言いました。

 あのね~、学校の音楽の時間が楽しくなったんだよ!
 音符がわかるようになったから!がんばってよかった~


嬉しくて泣きそうになるのをこらえるのが大変でした。
自分ががんばったことの結果を、成長を、自覚できている。
なんてすばらしいのでしょう



それから、初心者からレッスンを始めて1年の小4の女の子。
自分から進んできちんと練習しています。
発表会前までと今ではまるで別人のように成長しています。

 最近、難しそうな曲でも前よりもすぐ弾けるようになった!
 練習そんなに大変じゃなくなったよ。
 だからもう少し宿題多くてもいい。


なんと頼もしい
実際、以前よりも思った指を瞬時に動かせるようになってきていますし
いろんなことに気をつけながら弾けるようになってきました。



二人とも、自分が努力してきた結果成長したことを自分で感じています。



なにごとにおいても、

成長の実感がある

ということが、続けていく大きなモチベーションになるのではないかなと思います。
これはすっかり大人になった私自身ですらそうです。

成長の実感

多少の困難があっても、くじけそうになっても、そこで頑張れば乗り越えていけるということを体験するということは、ピアノに限らず、その生徒さんの今後の人生においてもとても大きな武器になると思います。


ピアノの先生として、週1回だけ関わる立場ですが
 少しでもこういった体験をしてもらえるように
 いいアプローチができるように

きちんと生徒と向き合っていくという私のスタイル
忘れずにいたいと強く思いました。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。