スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽語を調べて…本当にわかった??

私の教室では、
ブルグミュラー25番練習曲に入るくらいの生徒さんに
音楽用語辞典を購入していただいています。


新しい曲を宿題に出すときには
拍子や調、形式など基本的なことを確認して
では、楽語を調べて練習を始めてね
という流れになっています。


楽語というのはその曲をどのように演奏したらいいのか
楽譜から読み取る際の大きな助けとなるものです。
作曲家からの大切なメッセージですから
まずそれをわかった上で練習を始めることが大切。
それをきちんと自分で調べる癖をつけてもらいたいのです。


と・こ・ろ・が・・・・
どういうわけかこれを面倒くさがる子が多い
楽譜に印をつけて、ここに意味を書いてくるように、と欄を設けて…
それでも

 あ、忘れちゃった

と、そのままやってくる
(忘れるわきゃないんです。
 日々練習している楽譜にでかでかと印がついてるんですから!)


もちろん、ちゃんと調べてくることもあります!

Aさん、grazioso の意味を調べてきました!
”優美な”と書いてあります。
おお~!よく調べてきた、えらい!
…と言いたいところですが、ちょっと待て。

 ねぇねぇ、優美、ってどういう意味?
 ・・・・・

そうです、調べてそこに書いてある日本語を書いたはいいけれど
その、日本語の意味がわからない。

 はい、ざんね~ん!どうやって弾こうと思ったの?
 え、なんとなく。
 はい、”なんとなく”禁止~
   (うちの教室は”べつに””ふつー”もNGワード
 国語辞典に載ってるからね~!


つい先日もBさんが maestoso を”荘厳に”と書いてきました。

 荘厳にってどんな意味?
 ・・・・????
 はい、やりなおし~!

翌週。”壮大な”と書いてあります。

 壮大なって、どんな感じ?
 小さい子に教えてあげるとしたら、どうやって教えてあげようか?

 ・・・・????

これは国語辞典で例文を読んだりするともう少し理解が進むのかな。
自分の言葉で説明出来たら、カンペキですよね♪


今は昔ほど学校で辞書をひくことをしないようなので
わからない言葉をきちんと理解するところまでもっていく、
ということも少しずつ教えていきたいな、と思いました。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。