味見をして美味しい料理にしてからレッスンに来てね

月曜日のこと。
レッスンを終え、レッスン室からリビングへ出ていった私に
食事をしていた娘が言いました。

 ねぇ…この煮物、味が薄いよ~?
 え?そう?いつも通りちゃんとしたつもりなんだけど…
 ごぼうも固いし~
 おかしいなぁ…けっこう煮込んだんだけど…
 味見した?
 ・・・忘れた

・・・・と言ったところで、大笑いしてしまいました。




なぜなら、
直前のレッスンでまさにそんな話をしていたからなんです。



Aさんはかなり細かく表現が指示されている曲を弾いています。
しっかり楽譜を読み込んでおかないと
楽譜が求めていることと違うことをやってしまいそうです。

でも、その日の彼女は細かいことをあまり気にせず
たいへんおおらかに演奏しました

 ねえねえ?ここはクレシェンド書いてあるよ?
 ああ…ほんとだ

 ここペダル踏みかえてって書いてあるよ?
 あ~

ちょこちょこと細かい修正が必要です。


う~む あまり考えて練習しておらぬな・・・・


 ねえAさん?
 いつも言うけどやっぱり楽譜はよぉ~く見ないとよくないと思うのよ?

 あ、はい、見てるつもりなんですけど~

 うん、もっと見るの。
 自分がしていることをひとつひとつしっかり確認しながら。
 そしてね、それを
 自分の耳でよぉ~く聴いて、
 出来ているかなぁって確かめないと。

 つまり料理の味見といっしょ


 ?????
 
 もしお母さんが
 「ごはんよ~。それっぽく作ったけど味はどうだかわかんない~」
 って言ったらどう?


 そ、それはちょっとぉ~…

 だよねぇ。
 でも今日のあなたの演奏はその状態だと思うよ。
 味見してないの。
 「味見してないから味は保証しないけどそれっぽくはできたよ~」って。
 つまり
 「音聴いてないからどう聴こえるかわかんないけどとりあえず弾いたよ~」
 どう?食べたい、聴きたいって思う?


 いやぁ…ちょっと…ありえないですね…うん

 家での練習で
 レシピを見ながら料理するように、楽譜をよ~く見て譜読みして
 それを味見するようにしっかり自分の耳でよ~く聴いて
 何度も何度も味見して
 よし、この味!って自信を持ってレッスンに来ようよ。
 
 自分では気づかない味の修正をするのがレッスンじゃないかなぁ?
 最初から作り方を教えたり
 自信のない味を一から整えなおしたりするのはレッスンじゃないと思うな~。
 そこはあなたなら自分でできるはずだけど?

 

ふむふむ…と話を聞いていたAさん。
ぱっと顔が変わりました。

 来週はちょっと…がんばりますから!
 しっかり、ほんと、まじ、ちゃんとやってきます。


と決意表明。
おおお~!楽しみだ!!

 よしっ。楽しみにしてるからね。
 おいしい料理に仕上げて先生を唸らせてね。








・・・・・というレッスンを終えての冒頭の会話。

はい・・・・私も味見してませんでした。
勘に頼ってなんとなく作りました・・・・
反省します・・・・

ちょっと残念な仕上がりだった煮物…
煮物
しかもどう頑張っても写真がさかさま…


いつもあたたかい応援をありがとうございます。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


関連記事

No title

先生、タイトルのこの言葉、そのまま頂いてもよろしいですか。『まさしく』って感じです!

富永先生♪

ありがとうございます!

どうぞどうぞ、お使いくださいませ。
お役に立てましたら幸いです♪

小さいお子さんには大げさに演技すると喜んでもらえます。

 うっわ~…甘い野菜炒めがでてきたぁ・・・・とか

もう…そうすると、必死で音聴きます(笑)
かわいいです(#^.^#)

No title

ありがとうございます!すごくわかりやすいですよね!

先生の素敵なレッスンでのお手本を、ぜひぜひ見せて頂けたらなあと思います^_^

富永先生♪

ふたたびありがとうございます♪

楽しく、でもしっかり学べるように…と日々奮闘中です。
がんばります(^^)v
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪