スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション力アップのために読みたい本!!

人間は一人として同じ人はいません。
うちの生徒さんたちも
それはそれはみんな個性的

その生徒さんがもともと持っている気質であったり
年齢的なことから来る一時的なことだったり

誰一人同じような生徒さんはいませんし
ひとりの生徒さんだけを見ても、1年前と今日とでは違っています。

その時のその生徒さんの状態に合わせたレッスンをしていくためには
教えるためのスキルだけではなくて
コミュニケーション力が非常に大切だと私は思っています。


今はなんでも「嫌だ~やらない~」と言いたいあまのじゃくちゃんに
 そういうこと言ってはいけません、ちゃんとしなさい
と言ったところで無駄どころか
本当はやりたい気持ちの芽まで摘んでしまいます。

ピアノは好きだけれど練習はあまり…
という生徒さんに、ただやみくもに
 たくさん練習しなさい
と言ったところでなにか変わるでしょうか?


こういうとき、どうしたらいいのか?

数年前にコーチングの講座を受けてから
こういった時の対処の仕方が少しずつ身についてきたと思います。

でもまだまだ悩むこともあり…

そんな時に飛び込んできたニュース♪
私が受講したコーチングクラスの先生である保科陽子コーチが
まさにコミュニケーションに特化した本を出版なさいます。


早くこの手にとって読んでみたいです!



○ピアノの先生の伝え方トレーニング 専用ページ | 保科陽子 近況ご報告 - 楽天ブログ


ピアノの先生の伝え方トレーニング  ~上手なコミュニケーション術~ピアノの先生の伝え方トレーニング ~上手なコミュニケーション術~
(2013/10/27)
保科 陽子

商品詳細を見る



「やる気が見えない」「返事がない」「態度が悪い」「上達が遅い」「保護者のクレーム」……。
ピアノの先生は、生徒や保護者とのコミュニケーションにおいて多くの問題に悩まされています。
この本では、ピアノレッスンでありがちな30のケースを紹介しています。
それぞれのケースでの対応方法を考えイメージすることで、コミュニケーションスキル=伝え方を身につけることができます。
コミュニケーションスキルが身につけば、生徒も自分もみるみる変わっていくのが実感できるはずです。

■第1章 さまざまな生徒への接し方
■第2章 思春期の変化に対応する
■第3章 大人の生徒さんへのレッスン
■第4章 保護者とのコミュニケーション




思春期の変化に対応する、
私は今まさにこれを読みたいです♪

早く出版の日にならないかなぁ!!楽しみです。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。