かわいい本音


11月から少しずつ導入を始めている練習日記(詳しくはこちら→12/2の記事
その後も高学年を中心に少しずつモニターさんを増やしています。

試しているとやはり ”書くことが苦手” なお子さんもいることがわかり
別な形のものも用意して、年明けから本格的に導入する予定です。




練習日記をつけることの効果はその後も出ています。
生徒さんがよく練習できるようになったのはもちろんのこと
私が生徒それぞれの家での練習を把握できるようになり
それをその日のレッスンや翌週の家での練習計画にすぐ反映できるようになったことが大きな収穫です。

他にも 
・これまで「たくさん練習してるのにできないんです」と言っていた生徒本人が
 「もっと練習してると思ってたら意外と少なかった」と気づいた
 (お母さまも一安心)

・生徒が1週間頑張ってきた内容が一目でわかるのでポイントを絞って褒めてあげられる
 (自分が頑張ったことを認めてもらえるので生徒は嬉しい

・逆に練習が少ない週は原因を一緒に探り、翌週の練習計画を相談の上決められる
 (○曜日は忙しくて出来ないみたいだからその分前日に頑張ろう、など)

などなど、たくさんの効果がありました。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

高学年の女の子。年明けにコンクールを控えています。
書いてきた練習日記を見てみたら・・・・・

 え   コンクール曲の練習、こ、これだけ!?

という回数が書いてありました。

「ずいぶん少な目だね どうしたの?」

「え~…(もじもじ)だって…(もじもじ)、なんかさぁ…(もじもじ)
 新しい曲もらうとそっちの曲が楽しくなっちゃってね、そっちばっかりやりたくなっちゃうんだよ~」


あははは。か~わいいですね
これが本音ですよね。その気持ち、すごくよくわかる!
私だってつい、新しい課題から弾いちゃいます。
どれどれ、どんな曲かな?って。

「そうだよね~!その気持ちすごくよくわかるよ。新しい曲って楽しいよね♪」
「え?先生も?」
「うん。
 でもね、もう高学年だからその気持ちをぐっとこらえて
 今はコンクールの曲が大事、って頑張れる歳だと思うの。どう?」
「うん…わかった!」

さて。来週のレッスンではどんな練習日記を持ってきてくれるかな?
楽しみです

関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪