発表会4~本番ソロの部

外の芝生広場や会場内で思い思いにお昼の休憩をとった生徒さんたち。
みんな素敵なピアニストに変身して、いよいよ開演です

一番はリハで泣いて弾かなかったちゃん。
きりりといい顔をしていたので大丈夫…と思いつつも一応訊いてみました。

 ちゃん、先生と手をつないで行く?

 え?なんで??ひとりで行けるから(← 当然でしょ?というお顔)

あははは!それは失礼しました。
ではどうぞ、一人で行ってきてください!
立派にお辞儀をして、イスによじ登り(笑)
しっかりとした声で歌いながら演奏できました
いつも思いますが、子どもって強いですね。



ステージ係さんと司会係さんの活躍で、
私は生徒さんの送り出しに専念することができました。
たった一人でステージに向かっていく、それほど不安なことはありません。
私がきちんと向き合って送り出してあげることで
少しでも不安が解消されるように…と思っています。
ドレスやスーツの着くずれを直して、背中をポンポンっとたたいて

 はい、行っておいで!

この一瞬は思い出すだけでこみ上げるものがあり
言葉にするのはとても難しいのですが…

 頑張ったことや辛かったこと全部ひっくるめて一人一人の歴史を思い出し
 それを一生懸命に応援してくれる保護者さんのお顔を思い出し
 神様、お願いだから力を発揮させてあげてください!という祈る気持ちもあり
 とにかく楽しんで演奏してくれたらいい!という願いもあり
 いい顔をしている生徒さんに見とれて愛おしく思ったり・・・
 そしてなにより、
 立派にステージに向かっていく生徒さんたちを誇らしく思い

もう、いろんな思いがごちゃごちゃです(笑)



小さい生徒さんの一生懸命、精一杯の演奏に
 かわいいなぁ、懐かしい~ と目を細める中学生やその保護者さん。

中堅生徒さんの少し余裕が出てきた演奏に
 あ!私もあれ弾いた!と懐かしそうなお姉さんたち。
 すごい!1年でこんなに上手になったの?頑張ったんだね~と
 感慨深げな保護者さんたち。

そして、中学生たちの名曲の数々…
 わあ!お姉さんたちすごい!
 うちの子もいつかあんな風に弾けるかしらと思いを馳せる保護者さん…


年齢は違っても、一緒に学ぶ仲間たち。
その仲間の演奏に興味を持ち、感じるものがあり…
さっそく発表会後には
お姉さんの曲を音を探りながら弾いてみたり
あれを弾きたい、これを弾きたい、という声も聞こえてきています。

子どもたちに気づきがあり、
今後の学ぶモチベーションアップにも役立ち
見ている大人も楽しくて
私もとても幸せで

発表会って、やっぱりいいなぁとしみじみ思っています。


緊張感に包まれたソロの部が無事終わり。
次の記事では連弾の部について書いてみますね♪




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪