スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに自分で気付かせる

先日の記事(→ )で、レッスンノートに
”お家の練習でがんばったこと”を書いてもらっていることに触れました。


レッスンノートには、もう一つ フリーの記入欄があります。それは
今日のレッスンでがんばること・教えてほしいこと
という欄です。

 トルコ行進曲を合格できるようにがんばる!
 練習曲の左手がころんでしまうので教えてください
 インヴェンションが片手ずつしかできませんでした・・・


などなど、そのレッスンへの意気込みや、
逆に、心配なこと、残念だったことなどを書き込んでもらっています。


先日のレッスンにて。

小2の生徒さんが
 ジングルベルをがんばりました!
と書いてきてくれたものの
 でもここがうまくいかないの、この同じ音いっぱい弾くところ
と心配そうに話してくれました。

 おおお!すばらしいね!!

と言った私を見て生徒さんは目をぱちくり!
うまくいかないって言ったのに褒められるなんて??・・・・ですよね(笑)

でも、自分で1週間練習した結果、
自分がうまく弾けないところ、いつも間違えてしまうところを
わかっているというのはとても素晴らしいことなんです。
自分でわかっていれば、部分練習などで対応することができるようになってきます!

 自分でわかっているって素晴らしいことなんだよ。
 がんばって出来るようにすることができるからね。


がんばったこと・がんばること、の欄があるからこそ気づくこと。
この欄が役に立っている実感があり嬉しかったです。




もうおひとり、小6の生徒さん。
 インヴェンションが片手ずつしかできませんでした…
なるほど…
先週お休みで2週間あったので、両手で弾けるようにまでしてこよう、という宿題でした。

 片手ずつはしっかり練習できたのかな?
 ・・・・う、うん…?んんん…うん。  (わはは。微妙だなぁ!)
 そっか!片手ずつまでしかできなかった、原因って、自分なりにわかる?
 原因?
 うん、どうして両手では弾けなかったんだろう?何か思い当たることある?
 ・・・片手ずつ弾く時、弾けないところも速いテンポで弾いてばっかりだった



できなかった、と言ったことに対し、
それを受け止めた上で、質問する形で本人に考えさせる。
この時間が子どもにとってはとても大切だと思います。
ここで、
ほら!2週間もあったのに、どうしたの?
と詰問してしまってはそこでコミュニケーションはストップしてしまいます。
微妙なお年頃ですしね…




レッスンしていくうえで大切なこと。
それは、いくらレッスン時間が少なくても
他にやりたいことがいっぱいあっても
絶対にないがしろにしてはいけない、
必ず立ち止まって向き合っていかないといけない。



これまでも、そしてこれからも
いつも丁寧に指導していきたいと思います。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。