「もっと弾きやすくするやり方を教えてほしい」


『おうちのれんしゅうでがんばったこと』
『きょうのレッスンでがんばるところ・おしえてほしいところ』
レッスンノートのこの2つの欄が大活躍中です!


先日のレッスンにて。

 ”「○○○○」の右手”の、もっと弾きやすくするやり方を教えてほしい
と書いてきた生徒さんがいました。
曲中でさっと両手を移動しなければいけないところが何回かあり
お家での練習でどうもうまくいかないようでした。

 質問が出るということは、練習をがんばった証拠だね!
 へへへ…今週は個人面談で下校が早かったから塾の日もできた!
 そうなんだ!がんばったね!で?どんな風にうまくいかないか説明できる?
 う~ん…なんか…間違えちゃって弾けない。移動の時に。
 そっか!じゃぁ、弾いてみてくれる?

原因はわかりました。どうやら、
目が間に合っていない
集中力が足りない

ということのようです。

 弾けないっていうか、脳みそと目が間に合っていないだけみたいだよ?
 え?
 自分が弾いている拍より一足先に脳みそと目は進んでおかないと。
 それから、絶対に間違えないで弾くぞ~!という気持ち!


もう一度弾いてもらいながら先を見るタイミングを指示します。
 はい!次見る!
 はい!次!
これをやってあげると、目を先に動かす感覚がだんだんつかめてきます。
最後には自分できちんと、しかも練習してきたテンポより速く弾けるようになりました♪

レッスンノートの質問の下にアドバイスを書き込みました。
 1.脳みそと目をはやく動かす
 2.間違えずに弾きたいという気持ちを強く!→集中力を産み出す!
問題が解決した後なので、アドバイスも素直に受け入れてくれます♪




うまくいかないところを自覚した上でレッスンに臨む。
これが大切なことは何度も書いてきましたが
最近これが生徒さんにも定着しつつあるのがとても嬉しいです。

教室は
わからないところをわかるようにするところ。
できないところをできるようにするところ。

ある程度の年齢以上の生徒さんには
毎回、その日のレッスンでの目的を明確に持って臨めるように
引き続き、根気強く働きかけていこうと思っています。




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


 

関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪