グレンツェン全国大会~今後の指導に生かすポイント~


グレンツェンピアノコンクール、全国大会。
各年齢のお子さんが、全員、同じ曲を演奏します。

うちの生徒さんが出た小3・4コースは
なんと218人ものお子さんが同じ曲を演奏しました。
私は生徒さんの時間に合わせて行きましたので
おおむね40人ほど、そして間に演奏された中学生の演奏も
40人ほど聴かせていただきました。

小3・4の部、中学生の部ごちゃまぜの感想ですが
聴いて、見て、感じたことを手帳にいっぱいメモしてきましたので
その中から、特に今後の指導に生かしていきたいことをいくつか書いてみようと思います。

やはりよい姿勢で身体を安定させて。そうすれば音が違う!
  姿勢が悪い方が多かったように思います。
  首だけがひょこっと前に飛び出していたり猫背だったり…
  腕が解放されず弾きにくいのでは?と思いました。
  姿勢がいい方の演奏は音がのびやかで空間を感じました。
  それから体が動きすぎる方も気になりました。
  中にはそれが原因でのミスタッチ?と思われる方もいらして…

音符だけを追わず休符を感じられるように!
  音符だけが目に入っているような感じを受ける演奏がありました。
  休符の持つ空間を感じたらもっと呼吸もしやすくて
  いい流れができるのではないかな?と思いました。
  休符もきちんと演奏する、という意識を付けたいと思います。

広い空間を意識した音出し
  音はとてもきれいなんだけれど
  ピアノの周りだけに留まってしまって飛んでこない
  という惜しい演奏がたくさんあったように思います。
  大きいホールですみずみまで届く強さの音が必要と思いました。
  ただしそれが叩くような音になっては雑音になってしまいます。
  そのあたりを、狭いレッスン室でどう指導していくか悩みどころです。
  ホールレッスンができればいいですが…なかなか(^^;

伴奏も歌えるように
  全国大会まで上がってくる方たちですから
  フレーズの歌い方などは十分勉強されているように思いましたが
  左手の伴奏も歌えているかどうかで音楽のふくらみが全然違うと思いました。
  たった4分音符3つの並びでもとても魅力的に弾いている方がいました。

自分なりの曲のイメージを持ち積極的に表現しようとすること
  曲のことを自分なりに理解して、ぼくは、私は、こう弾きたいんだ!
  という思いで弾いている方の演奏は
  やはり説得力があるなぁと思います。
  みなさんお上手ですが、やはりあれだけのホールになると
  きちんと曲を自分のものにしているのか、
  言われたとおりに弾いているだけなのか、
  それが、はっきりと伝わってきてしまいますね。
  表面上の演奏だけを整えても人の心には届かない…



他にもごちゃごちゃとメモしてありますが
非常に感覚的なことを書いてあるのでうまく文章に起こせません(^^;


こうしてリストアップしてみると
私もいつも師匠に言われていることがたくさん(^^;
聴くとわかるのですけれどね…自分のこととなると…はっはっは(^^;



あと1カ月ほどでもう、今年度のグレンツェンがスタートします。
今回私が感じたことをきちんと生徒さんに渡していけるよう
さらに充実したレッスンをしていきたいと思っています




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪