面倒くさいの、その先に


レッスンノートの”教えてほしいこと”の欄に
ある曲名を記入してきた生徒さん。

んん?予習もしたし、どうしたのかな?
1週間の練習の様子を見てみると、
最初数日は何回か弾いていますが、ある日を境に1日1回しか弾いていません。

どうした?どこかわからなかった?
うん…あのね、ここ、この音?
A♯を弾きながら楽譜上のA♭を指さしています。

そっか、そこがわかんなかったんだね?
うん・・・・
でも、♭はもう学習していて、これまでに何度も弾いています。

じゃあ、一緒に考えてみようか。まず、この記号はなに?
フラット
フラットってどんな役割だっけ?
低くなる
だよね~、よく覚えてるじゃない。何の音についてる?

ラって鍵盤のどこ?
ここ
じゃあフラットがついたら?
ここ
な~んだ、全部自分でわかったじゃない(笑)
・・・・・・うん、てへ。


この生徒さん、こうして順を追って考えていけばわかるのです。
これまでにフラットのある曲を自分できちんと譜読みしてきたこともあります。

でも、今回は…面倒くさくなってしまったようです。
考えることが面倒くさい・・・・そうですよね、わかります。
考えるということは、エネルギーを使いますから疲れますしね。

でも、面倒くさくてもしっかり考える=わかることで
その思考の回路が習慣付いてきます。
次に同じことを考えるときは、必ず今回より早く答えにたどり着きます。
さらに慣れてきたら、考えずとも瞬時に手が反応するようになるでしょう。
それと同時に、自信もついてきますね!


この後、この生徒さんはその部分を何回か一緒に練習し
片手ずつ弾いてくる宿題だったこの曲を
ゆっくり両手で弾いてみることにチャレンジしました。

できない、と思い込んで練習を進めていなかった曲が
自分で考えてある1点を解決しただけで
自信を持って次のことにチャレンジできました。
大きな一歩ですね。
来週は両手でしっかり弾いてくるよ!とニッコニコでした。


慣れないことは面倒くさいですけれど
そこをぐっとがんばって乗り越えると
その先にはピアノを弾く楽しみが待っています。
ただ楽しいだけでは済まないのがピアノレッスン。
楽しい中にもピリリと厳しさがある。
だからこそ、楽しい!
そう感じてもらえたらな…と思っています。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村





関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪