ベルで音の階段を作りました♪


ピアノレッスンの導入期に教えたいことは山ほどあります。
その中でも、しっかりと教えておきたいのが、音の上がり・下がりです。

1、楽譜上の音符を見て、前の音から上がったか下がったかわかること
2、ドレミファソラシの7音の配列を高低を含めてしっかりと覚えること

これがしっかりできると、その後の譜読みがぐ~んと楽になります。

でも、これがなかなか…
大人には簡単に思えることでも、
小さい子にとっては、音が上がるとか下がるという
”目に見えないこと”は理解しにくいんですね。
そこで、以前から作りたいと思っていたこれを、作りました♪

音階段0

ベルをタッチしながら階段を上がっていくと
♪ドレミファソラシド♪
と鳴るように並べてあります。

 ○くん♪ドレミ~ってやってごらん
 かんた~ん!
 じゃぁ、ミレド~ってやってごらん
 かんた~ん!(と言いながら、ミファソ、を鳴らす…)
 あっれぇ?ミレド~は下がるよ~!
 あ!そっか!じゃぁ、こっち? (正しくミレド~)
 そうそう!

音階段1

 ○ちゃん♪ドレミファソ~ってやってごらん
 こうでしょ、かんたん♪
 じゃぁ、ソから下がってきてごらん
 ソラシド~
 あれえ?階段上がっちゃったよ~
 ソファミレド~
 そうそう、それが下がるだね~

音階段2

音の上がり下がりを視覚的にとらえることで、
早くマスターしてくれるといいなって思っています♡

小さい子のために作ったけれど、大きい子たちが面白がって
床にしゃがみ込んで遊んでいるのがとても可愛かったな。


この階段、牛乳パックで作ってあるのですけれど…
しっかり考えないでいきなりチョキチョキ…と作り始めてしまったものだから
 あれ?切ったはいいけど、どうやってくっつける?
 あれ?この牛乳パック柄はどうやって隠そうかな?
 あ~!曲がってる~!ひ~ん…やり直し…
などなど、夜中に我が子を巻き込んで大騒ぎ・・・・・
結局うまくくっつかなくて、ガムテープでぐるぐる巻きにした上に画用紙を貼るという
と~っても雑な造りではありますが、そのぶん頑丈にできました!
細かいところは見ないで~!という感じではありますが、とにかく完成。
5時間かかって作り上げた力作です
 ・・・そんなにかかるようなもんじゃないはず…工作ニガテ

せっかくがんばって作ったから
ど~んどん活用して
ど~んどん上手になってもらおうと思いま~す!



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事

先生もこのベルお使いなんですね。(^^)牛乳パックで作った階段が上手くいかずボツになりました。( ; ; )先生は、とてもお上手に出来ていらしゃいます。私ももう1度作り変えてみようかなと思います。ありがとうございました。(^^)

長谷場先生♪

先生、コメントをありがとうございます♪

これ、楽器として売っているデスクベルではなく
雑貨屋さんで売っていた子ども用のおもちゃなのです。
なので、デスクベルよりもサイズが小さく、階段も作りやすかったです♪
音程はちょっとイマイチですが…
目的を考えれば、そこまはまぁ目をつぶろうかと(笑)

先生も階段づくりをされたのですね。
牛乳パックで作ってから気づきましたが、
100均で売っている発泡スチロールの角柱を使ったら
もっと簡単にできるかも…と思いました♪
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪