合唱のチカラ


今日は生徒さんたちが通う中学校の合唱祭でした。
わが娘も通っていて、今年はPTA広報委員という立場でもあるので
開会からお昼をはさんで閉会まですべて聴いてきました。


1年生の合唱は、まだ初々しくて恥ずかしそうで…
なんとなくステージに立っていること自体が落ち着かない感じ。
ステージも広く広~く見えました(笑)
変声期の男子くんたちは声を出しにくいかと思いますが
それでも一生懸命歌う姿勢が見えて
微笑ましい(…というとちょっと幼すぎるかしら)
これからこの子たちはどんな風に変わっていくかしら…?
なんて想像したらとても楽しみになってきました。

2年生はさすが!
まず学年全員合唱で、この1年間の成長をまざまざと見せつけます。
中学生って、1年生から2年生の間に心身ともに
ぐぐぐぐぐ~んと大きくなりますよね。
強弱を自在につけたり、バランスに気を付けていたり
いい演奏をしたいという気持ちがしっかり伝わってきます。

3年生になると、
もうビシビシと歌の思いが伝わってきます。
2年生よりも格段に難しい歌を歌っているのに
声量も、表現も、申し分なし。
みなが一生懸命まっすぐな気持ちで歌う姿に心打たれました。


歌声ってやっぱりいいなぁ。
みんなの声が重なって
たくさんの思いが重なり合って
聴く人の元に届けられる声。そして、感動。
広報委員として写真を撮りつつ、何度ウルウル…したことでしょう!!

これぞ合唱のチカラ!!

とっても、と~っても幸せな気持ちになって会場を後にしました。


さて、ここからは自慢だよっ!(笑)

今回、生徒さん2人が伴奏を弾きました。
ひとりは、とてもきれいな音色で合唱と溶け合い、
2年連続の最優秀伴奏者賞をいただきました

もうひとりは、10日前に急きょ学年合唱の『Let It Go』を弾くことに決まりましたが
難しい楽譜をよく短期間で仕上げました。クラスの伴奏と合わせて2曲、とてもよくがんばりました

それから、もうおひとり。
まだかわいらしいおぼっちゃんだった頃に通ってくれていた生徒くん。
スポーツに専念するために低学年のうちに卒業して…7~8年?も経ち
すっかりイケメンくんになっていますが、元生徒、と言っていいですか?(笑)
彼は最優秀指揮者賞をいただきました。
心の底から音楽に寄り添った、とても素晴らしい指揮でした。


明日は私も伴奏のお仕事の日。
中学生の歌声のような、
まっすぐな心で音楽に向き合えたらいいな。


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村






関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪