スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い練習悪い練習

とある曲を、8割がた弾けている状態から
2週間引きずってしまっている生徒さんがいます。

弾けないところが あいかわらず弾けないままだったり
アドバイスしたところがたいして変わらないままだったり…
要するに、2週間、ほとんど変化なしなのです。

レッスンノートを見るとそれなりに回数はこなしているようですが
それだけ弾いているのに見合うだけの成果が出ていません。
回数を弾いているから、本人なりには 練習した!と思っています。
それなのに成果が出ない、これはもったいない状態ですよね。

こういう場合、”流し弾き”をしていることがほとんどです。
ただただ、最初から最後まで弾き通すだけ。
間違えてもそこだけをささっと弾きなおして最後まで。
そして間違えたところを見直すこともなく、また最初から最後まで。
これでは、間違えたところは間違えたまま。
苦手なところは苦手なまま。
あまり良い練習とは言えませんね。

貴重な時間を使って練習するのですから
その日の練習にきちんと目標を持って練習したいですよね。

たとえば、今日はここを完璧にする!と目標を定めたら
そのためには、どうしたらいいか考えます。
 この音が間違えやすいからしるしをつけておこう
 ここでいつも遅くなるからメトロノームを使おう
 全部に指番号を書いておこう
 ここだけたくさん弾き込もう
などなど…
今から弾く1回は、何のために弾くのか?
この1回にきちんと意味を持たせる、そういう練習ができるといいですね。


レッスンで、うまくできないところがあらかじめ分かっている場合には
そこに印をつけて、そこだけを毎日10回以上弾く!などと
レッスンノートに書き込んでいますが、
お家で初めての曲に取り組んでいるときなどは
自分で問題点を見つけて解決できる力を持っているといいなと思います。
小さい子の場合には、お家の方がそのようにアドバイスしていただけるといいですね♪




今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。