心臓が飛び出しちゃいそうです

ピアノを弾く者にとって、ステージ経験はとても大切ですね。
1回のステージ経験はレッスン10回…あるいは20回にも匹敵すると言われています。
とはいえ、教室での発表の機会は今のところ年2回の発表会とクリスマス会のみ。

そこで活用しているのが、コンクールとステップです。
先日、そのステップの説明会に行ってきました。
友人が飯能にステーションを立ち上げ、第1回目のステップを開催するにあたって開いたものです。

ステップについて主にお話してくださったのは、多喜靖美先生。
長年、室内楽のご指導に関わられ、今回のステップでもチェロとピアノの共演をご指導くださいます。

ステップの特長をとても丁寧にわかりやすくお話してくださり、いつも生徒さんへうまく説明できずに困っていた私にとっては大変ありがたかったです。しっかりとメモしてきましたので、これからはきちんと説明できますよ~!

他に多喜先生が長年ステップアドバイザーとして活動してこられて出会った多くの方々のこと、数々の楽しい、そして感動的なエピソードなど…
リトミックで参加した0歳児ちゃん。
70歳を超えて初めてピアノを習い始めてステージに立つ方々。
100歳で出演される方もいらっしゃるそうで、びっくりです!
なかでも特に、室内楽ステップに初めてお嬢様を挑戦させたお母さまのブログ記事をご紹介くださった時には、そのお母さまの思いや、その経験を見守る中での心の動きがひしひしと伝わってきて、涙が止まらなくなってしまいました。
ステップ説明会で泣くとは…思いもしませんでした(笑)

帰宅してすぐに生徒さんたちにメールを送り…
特別企画のチェロとの共演、お話とピアノ、を含め、5人の生徒さんがすでに参加表明!
他にもじっくり検討中の方もいらっしゃいます。
ぜひどんどんチャレンジしてほしいと思っています。


さて。
この日私はとても大きな決断をしてきました。
飯能ステップの特別企画、チェロとの共演、大人の部に参加します。
ずっとやってみたいと思っていたこと、なかなか条件や気持ちが整わずに実現できずにいましたが、今回は探しても探してもそんな言い訳はなにも見当たらない(笑)
ということで、心臓が飛び出しそうなほどドキドキしましたがチャレンジすることにしました。
今もまだ、大丈夫かなぁ…と弱気虫が顔を出しそうですが、もう多喜先生とステーション代表の友人の前で宣言してしまいましたので(笑)、がんばっていい経験にしたいと思います!

多喜先生、お隣に座った奥村先生と♪
多喜先生と

その後の先生方とのランチ会では若竹というレストランでてんぷら盛り合わせ。
ボリュームありすぎて途中で挫折…てんぷら、いったいいくつあったかしら…?
若竹ランチ



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪