幼児にリズム練習をたくさんしてもらうために


私の教室では導入期のリズム指導に
丸子あかね先生のリズムの本を使っています。
みんなだいすき! リズムのほん 1 りんごのペーパークラフトつきみんなだいすき! リズムのほん 1 りんごのペーパークラフトつき
(2010/03/23)
丸子 あかね

商品詳細を見る



以前は、呉あき先生のリズムとソルフェージュを
レッスンに来た時に一緒に練習するというスタイルをとっていましたが
やはり毎日お家で練習してもらう方が定着するようです。
今では、丸子先生の本でお家で練習して定着をはかり、卒業したら、
次はレッスンで呉あき先生の本、というようにしています。


リズムはどんなテンポでも打てるようになってほしいでので、宿題を出す時は、メトロノームの60で2回、100で2回…というようにしています。
でも、ちょっとめんどくさいなぁ、つまんないし…という生徒さんの本音がちらりと垣間見えたりして…(笑)
たしかに、メトロノームを合わせて地味に練習…ではつまらないかもしれません。

そこで、未就学の男子くんのレッスンではこんな風にしてみました。
リズム速さ
(レッドアローというのは、西武線の特急電車の名称です)


リズム打ち2
(今から何が始まるか知っているのでワクワクしている生徒くん♡)

 よ~し、じゃぁ、まず各駅停車からだよ~!
 へ~きだよっ!ちょ~かんたんだよっ!
 1、2、3、4、たんたんたーあん…


 お~~!ばっちり!じゃあ次は~?
 きゅうこう!これもめっちゃかんたん~!
 そう?すごいね!じゃぁいくよ~
 1、2、3、4、たんたんたーあん…

 おおお~!次はレッドアロー!
 1、2、3、4、たんたんたーあん…

 すごい!最後はなんだっけ?
 しんかんせん!!チョーはやい!・・・だいじょうぶかなぁ
            (↑ちょっと弱気がなんともかわいいですね)
 だいじょうぶ!いくよっ!
 1、2、3、4、たんたんたーあん…できた~!!!

リズム打ち1
(お見せできませんが、とっても楽しそうないいお顔です♪)


という調子。
これでもう、4回も練習できました。
(ちなみに、幼児の段階で160のテンポでリズム打ちできる必要はないと考えますが、速い!というだけで楽しいと感じるお年頃なので、お楽しみとして入れています。本当は200でやってみたいんですって!)


同じことを4回も繰り返すのは幼児にとってはなかなか酷ですが
幼児にもわかりやすいものに結び付けてあげるだけで
こんなにも楽しくできるのだな!と、私もあらためて感じています。
これはなにも乗り物でなくても
かめ、いぬ、うま、ちーたー、とかでもいいですよね。
これを一緒に考えるのも面白いです♪


私の教室では幼児も40分レッスンしていますので
いかに楽しめるか、いかに飽きないかというのはとても大切です。
いつもた~くさん、面白い、でも力がつくレッスンメニューを
考えていきたいと思っています♪



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村




関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪