スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スランプを乗り越えた実感って素晴らしい!

はにかむような笑顔でレッスン室に入ってきた高学年の生徒さん。

 せんせ、あの…自分で言うのもなんだか…でも
 あの、これ、力を抜いて弾けるようになってきたと思うんです。
 すごく楽になったんです。


そう言って楽譜を広げました。

強い音の連打が多い曲、発表会の連弾曲です。
肩が上がり、腕を固めて、思い切り弾いていました。
これでは腕を傷めてしまう…というわけで、楽に弾けるようにレッスンしました。
 1週間よ~く気をつけて練習してね。
 油断するとまたもとの弾き方に戻っちゃうからね。

そして・・・・冒頭の報告♪
1週間、きちんと取り組んだのですね!
すごく楽になった、もう痛くならない、と実感できているのが最高です♪



そしてソロの曲。
とてもいい雰囲気で弾けてきています。
 とってもいい感じになってきたね!
 もう心配いらないね。大丈夫よ。この調子で焦らずがんばろうね

 はい! (輝く笑顔をお見せしたいくらい!!!)
 先生?あの…自分で言うのも…あの…えっと…
 これ、ちょっと前までは片手ずつでやっと弾けて
 リハでもまだゆっくりなんとか~だったのに
 両手で弾けて、テンポも速くできるようになったし、あの…えっと…
 きっと、たぶん、大丈夫になってきて…なんか…すごく嬉しくって…



実は彼女、3週間ほど前は大きなスランプの真っただ中にいました。
発表会に選んだ曲の譜読みがめずらしくなかなか進まず……
きちんと練習できるお子さんなので、どこかで立て直してくるかな…?と、しばらく様子を見ていました。
でも…状況は悪くなるばかり。
そろそろ様子見ではダメだな…と動こうとした矢先、
お母さまから、ピアノやめちゃおうかな・・・・とまで言い出したとメールで伺い、すぐに電話でお話をしました。

 つらかったねぇ・・・・・
 ピアノやめちゃおうと思うほどつらかったんだねぇ・・・

 はい・・・・

いろんなことをお話しました。
  誰にでもスランプはあること。
  そういう状態の自分を責める必要はないこと。
  でも…自分で向き合って、自分で乗り越えていくしかないこと。
  ゆっくり、ゆっくり乗り越えればいいのだということ。
  乗り越えられるかもしれない方法は、教えてあげられるということ。
  先生はいつでも全力で応援するということ。
  ゆっくりでいいんだよ、間に合うよ、大丈夫だよ。
  心配いらないよ・・・・・

まじめでたいていのことは上手にこなすお子さんです。
なかなか弾けない…という慣れない状況に焦る彼女に、この時に必要だったのは、安心させてあげることだったんですね。



レッスンが終わり、片づけをしていても彼女のお口は止まりません。

 このまえ、あんまり弾きたくなかった時は、もうピアノやだって思って、
 発表会の曲だけしかホントにひかなくて…
 でも、今、すごく楽しくって、ピアノの練習が終わっても、
 時間があるとピアノのところに行って、いろんな曲・・・・
 妹が好きな歌とか、そういうの弾いてあげたりして、
 とっても楽しくなって・・・・



もう・・・・たまらないです・・・・私は涙が出そうでしたよ・・・
彼女の嬉しそうな顔。
自分のチカラでスランプを乗り越えてきたからこその、この顔、この自信。

そして、彼女の発表会がんばりシート・・・・・
葵やりきった感
まちがえても、成功しても 「やりきった感」 が出ると思う!






今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。