忘れても、もう一度覚えればいいんだよ

ピアノに限らず、なにか新しいことを習得しようとすると
”覚える”
ということが必要になります。

鍵盤の場所を覚える、音の並びを覚える
もうちょっと進めば、
シャープやフラット、速度記号や発想記号・・・・などなど
覚えることはたくさんあります。


もちろんその時その時にきちんと覚えていくことが大切です。
・・・・・が。
忘れちゃいますよね。人間だから、これは仕方がない。
でも、”忘れる”ことはよくないことだ、というのが、
一般的に染みついている感情・考え方ではあります。


ですから、これはなんだっけ? どういう意味だっけ?と質問した時に、
答えられない生徒はピキーンと緊張するんですね。
しまった…という顔をして。


こんな時は生徒に安心してもらえるように声をかけます。

 忘れちゃったりわかんなかったりしたら
 わかりません、忘れちゃった、って言っていいんだよ
 黙ってるのはダメ
 
 人間って忘れちゃうのは仕方ないのよ
 先生だって一生懸命覚えても妖怪ウォッチ忘れちゃう

 だからね、忘れたら、ただ落ち込むんじゃなくて
 あ~忘れちゃったな、また覚えようって思えばいいんだよ


安心して、「忘れちゃった」という生徒。

  ちなみに、忘れちゃったことに対して
  「別にいいじゃ~ん」という開き直りの生徒には
  「こら~!忘れるな~!」って言います(笑)




さて、ここからが大切。

 忘れちゃったね。でも前に習ったね。
 どこで習ったっけ?
 テキストの前の方を探してみようか。


忘れたものを自力で見つけ出して覚えなおす、
これが出来るようになると、今後のお勉強にも役立ちます。
この作業、めんどくさい~と言って嫌がる子が多いので
レッスン内ですることが多いです。


これを、自宅練習でも自分でできるようになるといいのですけれどね♪
ワークなどの宿題がある生徒には声をかけていますが、なかなか…

どう浸透させていくか、これからの課題です





今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
1日1回、虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪