子供の上達のために保護者の方ができること

せっかくピアノを習うのだから上達してほしい…
これは保護者の皆さまの願いですよね。

レッスンと毎日の家での練習で
テクニックを磨いていくのはもちろんですが
やはりステキな演奏するためには
どんな風に弾きたいかな…とイメージを持って弾くことが大切です。

イメージを持つためには
演奏する曲のことを知っておくことが助けになります。
そのために保護者の皆さまが出来ることをご紹介しようと思います。

それは
曲のイメージづくりのために一緒に調べ学習をしてみる
ということです。

先日のステップで
後藤ミカさんの『夕ぐれのひつじ雲』を弾いた生徒がいます。
あるレッスン日、 「ひつじ雲のこと、調べたんだよ!」 と、
調べてまとめたものを見せてくれました。
ひつじ雲1ひつじ雲2ひつじ雲3
 これは青い空だね
 ポコポコしててひつじみたい
 夕暮れになったらどんな感じになるんだろうね
 オレンジになるから、雲も色が変わると思う!
 そういう時って、○○ちゃんはどんな気持ちになるかなぁ?
 う~ん…お家に帰らなきゃ~ってちょっと寂しいかも…
 あ、でも、ご飯だ~って嬉しいかも!
  などなど…
調べてきたものを見ながら、レッスンでもいろんなお話をしました。
目で見て言葉にして、さらに誰かとそのことについてお話をすることで
イメージは大きく大きく広がっていきますね。
曲を奏でながら情景が目に浮かぶのとそうでないのとでは
演奏に大きな差が出ることでしょう。

この生徒はお母さまと図書館に行き、図鑑などで調べたそうです。
図書館は様々な資料が整っていますからぜひ利用したいですね。
CDやDVDなどを借りられるところもありますよ♪


図書館に行く時間はないわ~!というお父さまお母さま、
最近はどこのご家庭にもパソコンかスマートフォンがありますね。
インターネットには参考になる文献や写真、動画などがたくさんあります。

例えば、メヌエットが次の課題に出たら…
『メヌエット』と検索してみると、メヌエットが踊りの音楽であることがわかります。そこで『メヌエット 踊り』と検索してみると実際に踊っている動画が見られます。
それを見た場合と見ない場合、どちらがよりイメージが湧くでしょうか?


お父さんやお母さんと一緒に調べて
一緒に「そうなんだ~!」という体験をすること
その調べたことに関してお家でお話をすること

子供にとってはとても嬉しいことなのです。
一緒に調べたお父さんお母さんも
その後に練習を聴くのが楽しくなりますよね。

忙しい日常だと思いますが、ほんの5分、10分で大丈夫です。
調べたものをまとめよう…なんて思わなくても大丈夫。
調べて、お話をする、それだけでいいので
ぜひ、保護者のみなさまには
子供のイメージ作りのお手伝いをしてほしいと思います。



今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村




関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪