しつこく、しつこく、しつこく…

ピアノを弾くために何より必要な能力、それが譜読みの能力です。
導入レベルではとにかく音符がスラスラと読めること、
それ以上になったら、楽譜の意味することを読み取る力、
レベルに応じてどこまで深く掘り下げるかは違いますが
とにかく、楽譜がきちんと読めないことには
弾くことがつらく、面白くなくなってきます。


譜読みが苦手な子はいます。
その理由は様々ですが、苦手だからと言って、
まぁまぁ…いつかは読めるようになるから…
…と放置しておくことはできませんね。
出来るようになるべきことは、きちんとしていかないといけないのです。

例えば、2年生で習う九九。
もし自分のお子さんがなかなか覚えられなかったら、どうなさいますか?
 まぁ、いつかは言えるようになるだろうし…
 あんまり厳しく教えすぎて算数嫌いになったら困るしね
などとそのまま放置しますか?しませんよね?
なぜ放っておかないかって、それは、
その後の算数の授業で困ることが目に見えているからです。

読譜も同じことですから、
しっかりと読めるようにしておかないといけません。

読譜の練習はとにかく繰り返し、繰り返し…
大人があきらめずにしつこく練習させるしかありません。


音符をなかなか覚えられなかったちゃん。
そのために思うように練習できず、涙することも…
そこで、レッスンでのアプローチの他に、お母さまにも
「毎日1段、音符を書いて読ませてください」
とお願いして五線ノートをお渡ししました。

お母さま、お忙しい中毎日頑張ってくださいました!
しつこく、しつこく、しつこく毎日続けて…
2冊目の真ん中にさしかかった今…
あんなに読むのが嫌で涙していたちょっと前の彼女がウソのよう。
次の宿題の予習でも、これまで習った音はささっと読めてだいたい弾けてしまいます。

お母さまの粘り勝ち♡
諦めなければ、必ず出来るようになりますね♪
とにかく、

 しつこく

これに尽きます。


さ~て。
他にも読譜が嫌いさん、苦手さんはいますよ~。
みなさんにも、がんばってもらいましょう!!


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村



関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪