スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会⑥~がんばりノート編~


ふだんのレッスンでは”ある程度”弾けたところで合格として次へ進みます。
私はこの”ある程度”がわりと厳しい方だと思っていますが、それでも、まだまだ良くしたいところはあるけれど・・・という状態でマルとします。
なぜなら、1曲ずつあまり追求してしまうと教本がちっとも進まなくなってしまうんですね。


でも発表会の曲は違います。
他の教本は進めつつ、発表会の曲だけは2~3か月という時間をかけて、これでもか、これでもかというくらい追求していきます。

ですが・・・・・・
子供は”ある程度”弾けたところで満足してしまいますね。
もう上手になった!!と思うものです。
でもね、本当はもっともっと上に目指すところがあって
そこに到達するにはまだまだまだまだ練習が必要なんだよ・・・・
そんなことを言ったところであまりに抽象的でわかりません。


そこで、今年の発表会に向けて作ったのが
 発表会がんばりノート (←クリックすると詳細が見られます)

この中の、 『こんなにできたの木』 がミソです。
こんなにできた表を参考に作ってみました。

次のレッスンまでにその曲の何を出来るようにしてくるのか。
最初はもちろん右手を弾けるように…というように譜読みのことなのですが
本番が近づくにつれてより深い内容の課題になっていきます。
その課題をクリアすると、好きなシールを選んで貼ることができますから
子供たちも一生懸命になりますね♪
「もう弾けたもーん」とか言っている場合ではありません!!(笑)

私からの細かい提案にだんだん生徒たちも慣れてきて
このノートに課題を書くときには
 先生、ここの強弱をちゃんと音型を意識して弾く、でしょ?
 ここの1の指のどっすん禁止でしょ?
 フレーズをちゃんとひとつのお皿に乗せるんでしょ?
などなどなど・・・・
レッスンの中で私に言われたことを覚えていて
どんどん自分で課題を言うようになりました。
自分で課題を言える、ということは、
もうその時点で、それをクリアするための道を歩み始めているんですよね。
生徒たちがどんどん頼もしくなっていくのを
私はもうおばあちゃんのような気持ちで見守っていましたよ~!!


こうして細部まで追求していった、ひとりひとりの大切な曲。
これだけ大切に育ててきた曲は、
きっと聴いてくださっている皆様の心に届いたのでは、と思います。
私はもう、ずっと感動しっぱなしでした。
最後まできちんと運営しなければ!
その思いだけで、泣かずに頑張れたと思います。


ここまでの道のりが大切よ、当日はお祭りよ
いつもこういい続けていますが、
生徒たちはこの意味がわかってくれているはず。
小さいお子さんでも、感じてくれているはず。
あれだけの練習を積み重ねてきたんですものね♪

その積み重ねが、あのたくさんのシールを貼った
 『こんなにできたの木』 。
今、生徒たちの手元にあって、発表会の感想や今後の抱負などを書きこんでくれているはずです。
私の手元に来たら、写真でご紹介できれば…と思っています♪


今日から新年度のレッスンが始まりました♪
元気なみんなのお顔を見られて、嬉しかったな


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。