教本も生徒も知ることが大切です


すっかりご無沙汰しております。

12月2日(金)は
カワイ横浜 イベントサロン「プラージュ」にて
『第2回ピアノ教本使いこなそう』シンポジウムでした。
第1回目に続いて今回もパネリストとしてお話させていただきました。
fc2blog_20161204203854941.jpg
ナビゲーターは音楽ライターの山本美芽先生。
パネリストとしてご一緒したのはピアニストで指導者の三輪昌代先生。


前回の【どのように教本を選んでいくか】という
考え方のお話からさらに具体的にということで
実際の教本組み合わせの事例についてご説明しました。


  第1回のブログ記事はこちら → 
  ピティナサイトの第1回レポートはこちら → 


私が育ったころと違い、今は多くの導入教本が出ています。
どの教本が良い・悪いということはありませんが
それぞれに個性がありますので
使おうとする教本についてよく分析して知ることはとても大切です。

それと同じように大切なのは生徒を知ることです。
生徒にも年齢・性別・性格などの個性があります。
その個性に応じた教本を選んでいくことで
生徒に必要以上の負担をかけることなく
レッスンを進めることができます。
fc2blog_20161204204846451.jpg



1冊の教本だけでうまく進められることもあるでしょうが
何かを補う必要に迫られることもありますね。
そんな時に場当たり的に何かを始めてしまうのではなく
確たる道筋を描いて組み合わせていかないと
教本迷子になってしまいます。
そうなってしまっては生徒も保護者の方も不安になってしまいます。

そうならないために重要な2つのポイントについて
今回はしっかりとお話できたと思います。


ご参加の先生方が書いてくださったレポートを読ませていただき
その2つをしっかりと受け止めてくださっていたことがわかり
とても嬉しい気持ちになりました。
ご参加の先生方、ありがとうございました。
fc2blog_201612042048068ff.jpg
fc2blog_201612042048473f1.jpg 


このシンポジウムは大変ご好評をいただき、
第3回が開催されることが決まりました。
日程は調整中ですが、春ごろになる見込みです。

また指導者の皆さまのお役に立てるよう
研究を重ねてまいります。


fc2blog_20161204204844e5a.jpg
(終わった~!と解放感いっぱいの私たち)



ブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村




関連記事

No title

先生先日はお会い出来て、参加出来て本当に良かったです。
一つの教本で進めない子が多く、他の取り入れ方もあやふやでしたが、明確になった気がします、すっきりしました。
また参加出来る日だったら伺いたいです!
ありがとうございました(^^♪

ありがとうございます♡

やざわ先生♪

私もお会いできてうれしかったです!!
複数の教本を組み合わせるのってなかなか難しいですよね。
すっきりしていただけてよかったです(^^♪
まだよく知らない教本もありますので
私もまだまだ勉強していかないと…と思っています。

次回またお会いできたら嬉しいな♡
日程が合いますように!!
Secre

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪