スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習だけでは育たない力


素晴らしい晴れのクリスマスイブ!
我が家から美しい富士山が見えています。
今日、明日はコンクールのステージサポートのお仕事に行ってきます。みなさん、力を発揮できますように!



さて、きのうは娘の剣道大会に車出し係で遠く、茨城の竜ケ崎まで行ってきました。

稽古、筋トレ…そして合宿など…
毎日ヘトヘトになって、先生に怒られながらも必死にくらいついて頑張っている部員の様子を見聞きしてきました。
さらに(私は剣道のことが全く分からないのですが)この1年でみなとても上達した…ということもいろんな方から聞いていました。

1回戦は勝ちましたが、2回戦で当たったのが強豪校で、残念ながらそこまでとなりました。
持てる力を最大限生発揮できたかというと…悔しい気持ちが残る試合だったようです。

終わった後に選手のお母さま方のお話を伺っていましたら…
 本来の力を発揮しきれていなかったこと 
 やはり緊張してしまっていること
 会場の雰囲気にのまれないように、場数をふまないといけないこと
 そのためにも遠征や練成会への参加などを増やさないといけないこと
こういうことがわかりました。




ピアノを教えていると、こういうお話を伺いながらついついピアノのレッスンのことに置き換えて考えてしまいます。
そして、これはピアノの練習と本番の関係とまったく同じだな…と思いました。

ピアノも、いくら練習で上手に弾けていても、
本番で緊張してしまってミスをしたり、
思うように表現しきれなかったりすることがよくあります。
これを克服するにはどうするか…
これはもう、場数を踏んで慣れていくしかありません。
人前で弾く機会をとにかくたくさん作って、
緊張する自分をコントロールできる力=本番力 を養うのです。

これは家でどんなにたくさん練習しても育たない力です。
人前で弾いて、たくさん失敗しながら得られる力だと思います。
ですから、ピアノを習っている方は
発表会はもちろん、ピティナのステップやコンクールなど
たくさんのステージを経験してほしいと思います。

私の教室では、近隣の先生方とのグループ、詩音の会で
1年に3回ほど本番前のリハーサル会をしています。
ここに参加されている生徒さんたち、
着実に本番力が育ってきています。

これからも、たくさんの生徒さんに
さまざまなステージにチャレンジしてほしいと願っています!


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。