自分の軸

金曜日は六本木にて
籐拓弘先生のセミナーを受講しました。

ピアノ教室コンサルタントとして
未開の分野でご自分のブランドを確立されてきた先生。
そこには語りつくせないご苦労の数々があったことと思いますが
そのようなことをまったく感じさせない、やわらかいオーラのある先生です。



セミナータイトルは
「ピアノ講師のための自己ブランド構築セミナー」


自己をブランド化するのはそう簡単なことではありません。
まず、自分のぶれない軸がなければどうブランド化するのかの方向性すら決まらない。


では、自分の軸ってなんでしょう?

  自分がやりたいと思うことが軸?
  やりたいと思うことって何?
  やりたいと思うことと自分にできることは同じ?

・・・結局、自分はどんな講師になりたいの!?


実はこの「自分はどうなりたいの!?」というテーマには
数年前にコーチングの勉強をしたときにも取り組みました。
その時に自分の「強み」とは何なのかについて考えたのです。

いくつか「これは私の強みかな・・・?」というものをリストアップしたものの
その時はまだまだ自信が持てませんでしたし
まだ漠然としていて自分の中ではうまくまとまらなかったのです。


そして昨日のセミナー。
自己をブランド化するためのまず最初のステップとして
再び「自己の強みを特定する」というワークに取り組みました。

「自分の強みを1分でとにかくたくさん書いてください」という課題に
10個くらいはすらすらと出たのですが、その後はもう、大変

「ひえ~!これ、ホント
「これは強みというより願望だ
みたいなことも書きつつ、なんとか18個。

こんなに自分を褒めてあげるのは初めてかもしれない

その中でたった一つだけ、一番の強みを選ぶ。
これがいちばん難しかった・・・・


でもこうしてセミナーの中で自分について考えていくうちに
数年前は漠然としていてつかみきれないでいた自分の思いが見えてきました。


私はピアノを教えることを通じて人を育てていきたいのだと思います。
 練習を積み重ねる努力の大切さ
 そのためにがまんも必要であること
 目的に向かうためのプロセスを知る
などなど、ピアノを習うことで学べることってたくさんあると思うのです。

そういうことを伝えていけたら…



これまでも練習日記を書いてもらったり
それを振り返ることで翌週の練習に生かすようにアドバイスしてきましたが
そこをもっともっと活用できるようにします。



クレッシェーレ(成長する)という教室の名に恥じないように
生徒も自分もいっしょに成長できるように・・・

がんばります!!
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪