感じる力

年末にレッスンスタートしたばかりで発表会に出る未就学児さんたち。

バスティンのパーティシリーズで進めているため
まだ曲らしい曲を弾くところまでは辿りついていません。

そこで選んだ曲が丸子あかね先生編著の
ちいさなおんがくかい1の中の曲。

   轟千尋先生が素敵な曲を書いて
   尾田瑞季さんがとてもかわいい(だけではなく素敵な世界観の)絵を描いています。
   音符やリズムを覚えたばかりの子が音楽って楽しい!と感じられる素敵な教材です。


その中の『おつきさまのなみだ』という曲を弾く生徒さん。
連弾で合わせてみると・・・・


なんだか、とっても元気



「とっても元気そうだったね!おつきさま、なにかうれしいことがあったのかな?」

(テキストの絵を指差して)「ううん、違うよ、泣いてるもん」

「ホントだね~、泣いてるね、どうしたんだろうね?」

(ひときわ輝く星を指差して)「あのね、お日様にきらわれちゃったから泣いてるの」

「そうか、これはお日様なのね。きらわれちゃったの・・・・」

「うん」

「○○ちゃん、お友達にきらわれちゃったらどんな気持ち?」

「うーん…悲しい気持ち」(←すごく悲しい顔。泣いてしまいそう…)

「先生も悲しくなってきたよ…二人でいっしょに悲しい気持ちで弾いてみようか?」

「うん・・・・」



まぁ・・・・・
その後に弾いた音の悲しそうなこと・・・・
マーチみたいだったテンポがぐっとスローになってタッチも柔らかく。

自分でふっておきながら驚きました




そういえば彼女は
『マルマルモリモリ』を歌った時も「悲し~くて 泣い~ていた」のところで
本当にとっても悲しそうに歌いながら踊ってくれたのでした。



小さい子どもって大人が思っている以上に感じる力が大きいのですね。

成長するにすれそれらは生活に必要ない部分からそぎ落とされていってしまう。



でも、ピアノレッスンで
感じる力や感情を表現する力に刺激を与え続けてあげたら・・・?

もしかしたらとても豊かな心に育つのかもしれない…


そんな風に思ったレッスンの一コマでした



関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪