練習の工夫

昨年末から生徒に書いてもらっている 「練習日記」。

「たくさん練習したよ~」の ”たくさん”が15分だったり
  (私の”たくさん”のイメージは40分以上)
「今週はけっこう頑張って練習した」の”けっこう頑張った”が4日だけだったり
  (私の”けっこう頑張った”のイメージは毎日30分以上、時々それ以上)

というように、生徒と私の 感覚の差 というものを見つけるのにとても役に立っています。


今後、これをさらに発展させた形を考えていますが、それはまた追々・・・・





土曜日に来た小学校高学年の生徒。
バッハの課題で「少しずつテンポアップしてきてね」と目安のテンポを書いておきました。
すると・・・・

○曜日・・・メトロノーム84 3段目部分練習・・・・
○曜日・・・メトロノーム88 両手○回・・・・
○曜日・・・メトロノーム92 両手○回、3・4段目部分練習右○回・・・・

と、少しずつ少しずつテンポを上げながら練習しています!

これは、日記に書いているからこそ出来ることですよね。
大人なら、その辺のメモに書いておいて…と出来るのですが
小学生くらいだと、そこまでは気が回らないもの。

でも練習日記という、必ず書くものがあれば簡単です。


彼女は練習日記のオモテだけでは書ききれずウラまではみ出すほど
部分練習や片手ずつの練習などよく考えた練習ができています。
これができると上達も早いですよね♪
これからも楽しみです。





そしてもう一人、かわいい工夫をしてきた生徒が

指番号

指番号を間違えて譜読みしちゃったのですね。

  「ココ直したいんだけどつい忘れて間違えちゃうから・・・書いちゃった 

た、たしかに、ここに書いてれば忘れないかもね


 でも…指番号は最初からきをつけよう…ね…



日々、子どもの力に感心し、脱力し、笑わせてもらっています。

・・・ユカイな仕事だ\(^o^)/




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
関連記事
Secre

プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪