ハロウィンパーティーでは4年生がデビューします


台風21号が迫り来る22日(日)、
教室のハロウィンパーティーを行いました。

大雨警報が発令される中どうしようか・・・・と思いましたが、
今回は生徒だけの参加の方はおらず、
みなさん、保護者の方とご一緒…
練習も頑張りましたので、開催することにしました。

教室ハロウィンのプログラムは大きくわけて3部。

 演奏
 ゲーム
 スイーツ作り


今日はそのうち演奏の部について書きますね♪


発表会では基本的にはクラシックを弾いてもらいますが
ハロウィンでは好きな曲をどうぞ…というスタイル。
小さい子を中心にやはりディズニー曲に人気が集まりました。

知っている曲だからすぐ弾けるもん!!
・・・・と子供たちは思うのでしょうけれど、・・・

実は、ポピュラーは教本の曲よりもリズムが難しく、
音も単純ではないので、
とても勉強になる(意味:練習に苦労する)のです

難しいよう~~
と思っても、自分で選んだ曲だし、好きな曲だし…
ということで頑張れてしまうのがいいところですね

みんな頑張って練習した曲を
緊張しつつも頑張って弾いてくれました。
写真は部活が終わってから駆けつけてくれた中学生たち。
20171025ハロウィンりょうや

20171025ハロウィンりお




そして・・・演奏以外にも緊張していた生徒たちが…(笑)
それは、4年生の生徒4人!

ハロウィンでは、毎年4年生が司会をすることになっています。
これは、4月の発表会でお手伝いとして本格デビューするための
プレデビュー?のようなもの。
来年からはこの生徒たちもお手伝いデビューしますよ~
と皆さんに知ってもらうため、
そして、そのための団結力を高めておくためでもあります。


 始まる前に自己紹介してね~
 え!!先生、どうやるの?どうやったらいいの?
 自己紹介だよ?
 だって!え!どうやるの?
 そんなん、学校でも毎年やるでしょ?新しいクラスで。
 その時どうやるの?それを思い出してみんなで考えてみて?



自分たちで考えられるはずのことは考えてもらいます。
何のことはない、任せておけばちゃんと出来るのです。

司会を立派につとめてくれて、
さらに4人のチームワークも最高!
これで発表会のお手伝いもバッチリになりますね、きっと♪
20171025ハロウィン4年生
(わ、わたくし、ウォーリーに仮装してみました


さて。
長くなりますので
ゲームとスイーツ作りについてはまた次の記事に書きますね。


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

発表会ファミリー連弾の盛り上がり

20170403ファミ連弾お便り
これは発表会のお知らせに載せているファミリー連弾参加者募集のお知らせです。

   今年もやります!ファミリー連弾参加者募集!
お母さん!ピアノの練習ってこんな風にするんだ!と知るとお子さんの練習への声かけが変わるかも!?そして、子供ってすごいなぁ!と感心することまちがいなし!
お父さん!子供が「パパ大好き」と言ってくれる今のうちに!!子供と共通の話題を作ってみませんか?
子供と一緒にひとつの目標にむかって努力する体験は、きっと素敵な思い出になります♪ピアノに触れたことがない方でもできるように、経験に応じてアレンジいたします。どうぞ安心してご応募ください!
そして兄弟姉妹のみなさん!いっしょに暮していても、いっしょにひとつの目標に向かう経験は意外と少ないものです。ぜひこの機会にチャレンジしてみませんか?


こんな風にお誘いしています。
これに応えてくださって、今年のファミリー連弾はなんと13組に!
内訳は・・・
お父様 4組
お母様 5組
そしてなんと中1のお兄ちゃん! 1組
兄弟姉妹生徒同士 3組

皆さん、お仕事や家事でお忙しいのに
時間を見つけて少しずつ練習を重ね、
子供に「パパがボロボロです」と言われたり
何度も何度も間違えて子供に付き合ってもらったり…
なんだかいつもと立場逆転!?で頑張ってくださいました。
そして、
「いもーとの発表会なんて行かねーよ」と
言ってもおかしくないお年頃のお兄ちゃんが!
参加表明してくれた時は本当に嬉しかったです


連弾の練習はなかなか大変です。
自分が弾ければそれでいいのではなく、
相手の音を聴いて、呼吸を感じて、
音色もタイミングも合わせていかなければいけませんね。
 ピアノ習ったことない!
 小学生の時にちょっとだけ!
というご家族としっかり合わせるために
生徒たちもよく頑張りました。
ついつい「合わせてあげてしまう」私と連弾するよりも
う~んと勉強になったかもしれませんね!


当日、演奏するご家族は、
それはもう見ていてお気の毒になるほどの緊張で…
それでも、家族とともにピアノに向かっているその姿は
あたたかく、喜びに満ちていて、
見ていてまたまたウルウルしてしまいます。
会場内もとてもあたたかい雰囲気になっていたと感じました。

演奏後は少しだけインタビューしましたが
みなさん、その充実感や感じたことを語ってくださり、
その言葉の数々にまた会場の方々が感じ入る…という…
本当にファミリー連弾の部を続けてよかったなぁとしみじみ感じました。

すでに、来年もやります!と表明してくれたご家族もあり
あらたに、「やってみたい」と表明してくれたお父さまあり…
 (このお父様はお嬢さまを誘ったところ、
  「やだ」と即答されてしまったそうで…
  大丈夫です。
  お母さまからのその報告を受けて
  レッスンでちゃんと生徒を説得し
  来年は父娘連弾がかなうことになりました


「もっと難しいのを弾きたいので早めに楽譜をください」
と、やる気マンマンのお父さまもいらっしゃいましたので
私ものんびりせずにがんばらなければいけませんね!!!!


ファミリー連弾のこの盛り上がりを受けて
ちょっと早いけれど、来年のことを考えてワクワクしている私です


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

発表会で生徒たちが学べること・気づいてほしいこと

発表会で育まれる力はたくさんあると思います。

演奏面での向上はもちろん
自分が好きな曲を選んで伝える力
期日までに決まったことをできるようにする計画性
難しいことでもあきらめずに取り組む気持ち
係の仕事を全うする責任感
演奏会鑑賞のマナー 
     などなど

他にも発表会に向けての日々のレッスンで
それぞれにたくさんの学びがあります。



演奏面での向上のためには練習しかありません。
レッスンでアドバイスを受けて1週間家で練習する時、
自分が選んだ好きな曲であれば
がんばろう!という気持ちになりますね♪

レッスンでは
次までにこれをできるようにしてこようという目標がありますから、
期日までに課題を仕上げるにはどうしたらいいか
考えなければいけません。
練習内容は宿題を出す時に相談して決めますが
それでもうまくいかない、練習が足りない…という時は
朝練の時間を増やしてみたり
練習できなかった日の分を翌日に多めに練習してみたり…
という工夫が生まれるようになります。

発表会では実力よりも少しだけ難しい曲を弾いてもらっていますから
誰でも、《ここがなかなかうまくいかない》という難しいところが出てきます。
それでも発表会でみんなの前で弾く!という機会があればこそ
あきらめずに取り組む気持ちを持って
頑張りぬくことができるのかもしれません。

係の仕事は毎年大きい生徒から小さい生徒に引き継がれていきます。
大きい生徒たちが一生懸命取り組んでいるところを見続けていることで
それがいかに大切な仕事であるかが分かり
そこに憧れを抱くようになります。
だからこそ、自分が係に着く年齢になったときには
係の仕事をがんばるぞ!という責任感が持てるのだと思います。

演奏会鑑賞のマナーは…
手前味噌で申し訳ないのですが…
うちの生徒たちは本当によく出来ていると思います。
もちろんそれは保護者の方々のご協力あればこそです。


いろんな力を得ることができる発表会ですが
ご紹介したようなことはすべて
ご家庭のサポートの上に成り立っています。
練習の時間を作ってくださったり
健康管理をがんばってくださったり
計画の立て方を一緒にかんがえてくださったり…
時に励まし、叱り、褒めて…
あの手この手で発表会に向かう生徒たちの応援をしてくださるのが
それぞれのご家庭なんですね。

発表会で子供たちに気づいてほしいこと。それは
家族が自分を応援してくれているんだ!ということ。
そしてそこへの感謝の気持ち。

小さい子たちにはまだ難しいかもしれません。
でも、いつか、このことに気付いてほしいと思っています。


今日もブログをお読みくださいましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。
虹色のボタンクリックで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


プロフィール

♪ふるるん♪

Author:♪ふるるん♪
埼玉県入間市にあるピアノ教室です。

クレッシェーレ(crescere)は「(人や植物が)成長する」という意味。
ピアノレッスンを通じて生徒さんに大きく成長していってほしいと願っています。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ご訪問ありがとうございます

お問い合わせはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

♪素敵な先生方の記事集♪